クラウドにより新しい知力を有するコンピューティングへ

  はじめまして、日本のマイクロソフトで、技術と開発を担当しております、加治佐です。 Windows 1.0 が、世の中に出荷されたのは1985年11月で、今月で Windows は25歳を迎えます。最新の Windows 7 に至るまで、いろいろな困難や課題もありましたが、おかげさまで、25年という大きな節目を迎えることができました。私自身も、そのうち15年間を開発者として直接携わってきました。これまでさまざまなフィードバックを与えてくださったお客様や、Windowsの価値を高めるために一緒に活動をしていただいた業界のパートナーの皆様の努力の賜物です。本当にありがとうございます。 さて、過去25年のIT業界を振り返ると、凄まじい勢いで技術の変遷が繰り返されてきました。その結果、今日、機能や大きさの違う多様なデバイスやコンピューターが出現し、それらがさまざまな手段で高速なインターネットでつながり、仕事や生活の中で、なくてはならないものとして活用されています。個人的には、目まぐるしい技術の変遷や革新の中に身を置かせてもらいながら、常に変化を楽しむことができ、これ以上の幸運は無いと思っています。そして、現在、クラウドコンピューティングへの大きな変革が起きており、新しいクラウドの時代にふさわしいサービスやソリューションが、続々と登場しています。 産業界だけではなく、学界の研究活動でも、クラウドの活用が進んでいます。先月は、マイクロソフトのクラウドの基盤技術を、国立情報学研究所が推進する情報爆発プロジェクトで活用するための、アカデミック分野での取り組みを発表しました。情報爆発プロジェクトは、人類が創出し爆発的に増大している情報量を、管理・利活用するためのプロジェクトで、日本の情報分野の第一人者とされている大学の先生方が参加されています。このプロジェクトでは、高性能なパソコンから、超高性能のスパコンに加えて、巨大なデータセンターにあるクラウドの膨大な数のコンピューターとも、ハイブリッドでつなげながら、これまでにない規模の研究が可能になります。 クラウドの特徴は、優れた経済性などがありますが、技術的な好奇心をそそるのは、性能や規模に関連してプロセッサの数やデータの規模が、これまでとは違う次元になることにより、不可能が可能になることです。クラウドにつながる様々なセンサーやデバイスなどにも、大きな影響を与え、限界を気にしないでデータを蓄えることが可能になります。クラウドの技術により、不足や限界を前提としていたコンピューティングから、十分な計算能力と十分なデータの質と量の存在を前提とした、新しい知力を有するコンピューティングへの変革が始まります。これからも、何が起こるのか楽しみです。本ブログを通して、マイクロソフトとして、また一人の技術者として、注目すべきテクノロジや取り組みを紹介していければと思います。


Monday Memo:今年の年末商戦とAPEC

  “Monday Memo(マンデーメモ)”と題して、毎週月曜日、コーポレートコミュニケーション部より、直近の全社的なトピックについて本ブログで紹介していきます。   米国では11月4日にKinect(TM) for Xbox 360(R)が発売され、11月8日にはWindows(R) Phone 7が発売されます。グローバル観点でみると、マイクロソフトにとってこのクリスマス・ホリデイシーズンの目玉となる二大新製品がいよいよ米国で発売されることになります。Kinectに関しては、ニューヨークで深夜の発売イベントも実施され、大いに盛り上がったようです(こちらからイベントの模様が見ることができます)。 また、Kinectの米国での発売を記念して、コーポレートバイスプレジデント(CVP)以上の幹部を紹介する本社のWebサイトにおいても、各幹部の顔写真をXbox 360のアバターで紹介するという趣向も開始しました。日本法人社長で本社のCVPも務める樋口のアバターもありますので、お手すきの際に探してみてください。Kinectは、日本での発売も今月20日に控えており、これから様々な販促活動を展開していきますので、ぜひお楽しみに。 さらに日本では、Kinectに加え、この年末商戦において、一般コンシューマーの方々に向けたいくつかの販促キャンペーンを量販店の店頭やオンラインで展開します。Windows 7、Windows Live(R)、Office 2010およびBlueTrack(TM)テクノロジ搭載マウスを活用したキャンペーン「さあ、もっとうれしい1日へ」や、PowerPoint(R) 2010を活用した「動き出す年賀状を作ろう!」キャンペーンです。ぜひキャンペーンサイトを見ていただき、店頭でも当社の最新製品はもちろん、PCメーカー各社のWindows 7 & Office 2010搭載PCをご覧ください。  話題は変わりますが、ここ数日多くの報道も出ているように、今週は横浜でAPEC(アジア太平洋経済協力)の各種会議が開催され、週の後半にはCEOサミットや首脳会議が開催されます。各国の首脳も続々と来日予定で、全世界で大変注目されていますが、当社からもこのAPECの会議に参加する代表として、本社のチーフ リサーチ & ストラテジー オフィサーのクレイグ マンディが来日します。 マンディは、会長のビル ゲイツが自身の財団の活動に軸足を移した2008年7月より当社の最高研究戦略責任者であるとともに、年間通して様々な国を訪問し、ICTを通しての各国の政府機関やアカデミックとの政策や技術面での協力を推進しており、マイクロソフトの「国務長官」のような役割も担っています。さらに、2009年4月には米国のオバマ大統領から科学技術分野の大統領諮問委員に任命されています。 来年のAPEC 2011は、米国が主催国となっており、マンディは米国産業界を代表して、「Chairman, APEC 2011 USA Host Committee」という役割を務めることになっています。マンディの今回のAPECや来日中の活動については、また次週本ブログでも報告したいと思います。


社会インフラを提供しているIT会社としての責任と品質向上を目指します

エンタープライズビジネスを担当している平野です。今後、本ブログを通して、当社のエンタープライズビジネスに関する方針や最新のトピックなどを発信していきたいと思います。 マイクロソフトのイメージと言えばビル ゲイツにはじまってWindows(R)やOffice、またはInternet Explorer(R)といった言葉が最初に思いつく方が多いのではないでしょうか?一方で、エンタープライズビジネス(大企業向けビジネス)が最初に頭に浮かぶ方は少数ではないかと思います。驚かれる方も多いかもしれませんが、実はマイクロソフトの売り上げの大部分は企業のお客様から来ています。もともとマイクロソフトの生い立ちがコンシューマービジネスにあるので、そのイメージが先行しているかもしれません。日本法人においても、私の担当する大手企業ビジネス部門で約500名、コンサルティングや保守サポートを提供するサービス部門で約500名と実に1,000名近い社員が大企業のお客様と向き合っています。(*大企業向け以外にも中堅・中小企業向けで約200名、パブリックセクター向けで約100名体制です。) このエンタープライズビジネスがここ数年で大きな変化を遂げています。かつてはデスクトップビジネスが中心だったのですが、昨今では銀行の勘定系システムやATMの基盤、デジタルメディアの配信システムや、公共機関の運行システムなど人々の毎日の生活に根付いたサービスの情報システム基盤に当社のプラットフォームが使われています。海外に至っては証券取引所のシステムや国防のシステムにまでも深く携わっています。そのためか、最近はお客様との会話の中で「マイクロソフトは水道や電気と同じ社会インフラを提供しているのだからITの会社であっても社会的な責任感を持ってほしい」というご要望の言葉を頂くようになってきました。期待と責任感の両方を強く感じながら日々愚直に頑張ろうとチームに声をかけています。 営業部門ですので、当然お客様にとって最適のソリューションを提案し、お届けすることが役割なのですが、一方で「日本品質を世界に伝える」ことも重要なミッションだと自負しています。お客様にご満足頂くためには、まだまだ改善しなくてはならないことが多々あるのですが、製品品質やサポートに対する改善の継続性に関しては、自部門のみならず米国本社含めて全世界に向けて継続的に発していきたいと思っています。特に今年は「クラウド元年」です。マイクロソフト内でも日本は他国よりもクラウドに対する検証が積極的だと感じます。クラウドは情報産業における新たな社会インフラです。エンタープライズ部門一同、日本品質のクラウドをお客様に満足してお使い頂けるよう日々精進していきたいと思います。 最後に少し宣伝になりますが、企業のお客様に向けた最新のクラウドソリューションや事例などを紹介するイベント「The Microsoft Conference Japan Tour 2010」を11月25日より全国7都市で開催します。私自身もいくつかの会場に足を運ぶ予定です。ぜひご登録、参加いただければと思います。よろしくお願いします。