教育でのICT利活用を通して日本の発展に貢献したい!


はじめまして。
2010年7月に文教ソリューション本部長に就任しましたミシュラ マニッシュです。

私の名前を見て「出身はどこだろう?」と思われた方もいらっしゃると思います。私は、インド出身の日本人で約4年前に日本に帰化しました。日本国籍を取得した際に、私は、日本の発展に貢献していきたいと心に決めました。今、マイクロソフトにおいて、日本の教育分野の発展に向けたお手伝いをさせていただいています。私は社会にとって有益であり、更なる発展に貢献できるとても大切な分野に携わることを光栄に感じています。

私がこれから文教分野において学んでいかなければならない事はたくさんあります。

私は、部門のミッションとして、「日本の学生と教育者の限りない可能性を引き出す」を掲げており、日々の仕事の中で、ミッションを実現していくことを楽しみに感じています。ミッションは、別の言い方をすると、学生や教育者の生産性の向上に向けた目的を理解すること、具体的には大学の抱えるさまざまな課題、教育分野での有効なテクノロジーの使い方、いつでもどこでも学習できる環境の推進、教職員のICTスキルの向上など様々な取り組みがあります。

私が思うに、生産性を向上していくには、教育機関にマイクロソフト製品を販売するだけではなく、教育機関の現状や課題をよく理解して、より良い教育環境を整える為の手段として製品を提供する事が重要だと思います。また、学校や大学などの教育機関は、良い人材を育てる基盤であって、国の経済の成長にも関与してくる存在だと信じています。

教育機関の抱える課題を、ICTの利活用により、最善の方法で解決する事に貢献していくことで、国の生産性や経済の発展に直接的な影響力を持っているのではないかと考えています。

多くの国の学生達は、学ぶ過程においてICTを有効に活用しています。情報をリサーチする際に、本の代わりにネットでの検索、PowerPointを使ってのプレゼンテーションの制作、Wordによるレポート作成、友人や教師へのメールなど活用範囲は広がっています。

ICTを使用した教育について、大変面白い事例をご紹介しましょう。

今年の9月にシンガポールへ出張した際に、ある先生とお話をする機会がありました。その先生は、インスタントメッセンジャーを利用して、いつでも生徒がオンラインで質問ができるニュートンのアバターを制作しました。生徒は、物理の課題に関する質問を教師に直接する代わりに、このニュートンのアバターのチャットを通じて質問を投げかけるようになりました。アバターに寄せられた質問は、「なぜ、リンゴは地面に落ちるのか?」といったものから「あなたの好きな食べ物は何ですか?」といったものまで様々でした。このアバターが登場してから、その学校の物理のテスト結果が昨年に比べて6ポイントも向上したそうで、生徒はこのアバターニュートンから学ぶという経験を楽しんでいます。

アバターが回答できないような質問があった場合には、物理の教師によってデーターベースがアップデートされます。これは、ITを使った教育の素晴らしいケースであると思います。将来このシンガポールの学校から優秀な物理学者が誕生することも想像できますね。


さて、IMDワールドコンペティティブイヤーブック2010において、日本はトップ20から脱落して現在27位となっています。シンガポールは1位、中国は18位、韓国は23位です。この競争の中で、日本は危機的な状況にあるといわなければなりません。過去20年間、景気は停滞しているにも関わらず、私たち日本は、韓国や中国に比べて経済的な緊急対策も、教育分野での改革も十分ではなかったのではないかと思います。

私はあえて「私たち」と呼びます。これは単に政府だけの責任でもないと思うからです。日本の小学校、中学校、高校の児童生徒に注目した場合、平均でたった16%の子どもしか自分用のPCを持っていません。韓国では約40%の生徒が自分のPCを持っています。親が子供たちにPCを与えない理由として、子供が有害なサイトへアクセスすることに対する心配やセキュリティへの不安があげられると思います。しかし、それを考慮したとしても、学校だけでPCを使用している生徒に比べて自宅でもPCを活用している生徒の方がITをより効果的に学習に取り込んでいる傾向があります。

マイクロソフトは全ての子供たちが、最高の教育を受ける権利があると考えます。

しかし、教育改革へのチャレンジは一つの組織だけで解決できるような問題ではありません。公的な機関や民間が協力し合うことが、今一番重要だと受け止めています。
インターネットセキュリティー対策として、弊社はハードウェアとソフトウェアパートナー企業様と協力して、小中高生に特化して作られたStudent PCを提供する予定でいます。Student PCは、特別なセキュリティ機能を搭載していますので、保護者がご心配される有害サイトや広告からお子さんを守ります。次回のブログにて、Student PCについてもっと詳しくお知らせしたいと思います。

私の初めてのブログをお楽しみいただけたでしょうか?今後も、本ブログを通して、文教ソリューション本部の企業市民活動などについても紹介していきたいと思います。

Comments (0)

Skip to main content