スマートデバイス+クラウドによるIT革新を、技術者の皆さんと一緒に!


はじめまして。IT技術者の皆さんへの様々な支援活動および先進プラットフォーム技術の推進を担当しています大場です。

マイクロソフトのクラウド戦略は、信頼性の高いデータセンターで稼働するバックエンドサービスだけでなく、クラウドにつながるスマートデバイス上のユーザーエクスペリエンス、既存IT環境との接続やハイブリッドクラウドを実現する開発環境など、IT部門から開発者、利用者までITに関わる全ての皆さんに大きな価値をお届けする包括的なものです。パブリッククラウドの基盤となる Windows AzureTM Platform は、今年2月の商用利用開始から日本でも多くのお客様で利用頂いており、既に8,000以上のアプリケーションが日本で稼働しています。多くの皆さんがお使いの Windows® 7 搭載PCはクラウドにつながるスマートデバイスとして最も重要であり、Windows 7に実装されているマルチタッチ機能やSilverlightTM、Internet Explorer®などの技術は、今後スレートPCやWindows Phoneなど様々な次世代スマートデバイス上で、圧倒的な使いやすさを実現します。開発者の皆さんにとっても、Visual Studio®など使い慣れた開発ツール、開発言語、デバッグ環境をそのままに、PCやサーバ上だけでなく、クラウドやスマートデバイス上で稼働する次世代アプリケーションを開発して頂くことが可能です。これらの先進技術をIT技術者の皆さんが最大限に活用頂けるよう、MSDN®(開発者向け)および TechNet(ITプロフェッショナル向け)を通じて豊富な技術情報を届けていきます。

クラウドの活用が本格化していく中で、IT技術者の皆さんに求められるものは大きく変化していきます。システムの運用・監視、アプリケーションの配置・展開など、クラウドを活用することで、より効率的な形に進化させることができる部分と、ハイブリッドクラウドの全体設計や次世代デバイスの活用、シームレスな操作性の実現など、新しい視点が求められる部分があります。マイクロソフトは様々な製品およびテクノロジを通じて、既存のIT資産、スキル、ツールなどを最大限活用した形で、クラウドを含めた次世代ITの実現を強力に支援します。

11月25日から開催される Microsoft Conference 2010東京 では、私も2日目の 11月26日に基調講演 を担当させて頂くと同時に、多くのブレイクアウトセッションを通じて最新のビジネスおよび技術情報をお届けする予定です。併設される PDC 10 Japan では10月に米国で開催されたPDC 2010から厳選した更に深い技術セッションを日本語で実施します。今後も様々な形でIT技術者向けの施策を積極的に推進していきますので、多くの皆さんの参加を心からお待ちしています。クラウドとスマートデバイスを活用した、本当に使いやすく、価値の高い次世代ITの実現を、ぜひ皆さんと一緒に進めていきたいです。いろいろな情報を本ブログ通しても発信していきますので、これからもよろしくお願いします。
(あまり仕事のことはつぶやきませんが、Twitterアカウントは akihiroo7 ですので、ぜひお気軽にフォローください。)

Comments (0)

Skip to main content