AI を愛することを学ぶ

Posted by:ラルフ ハウプター (Ralph Haupter) マイクロソフトアジア プレジデント マイクロソフト コーポレートバイスプレジデント   バレンタインデーは、世界中の人々が、中世時代にさかのぼる伝統に沿って、カードや贈り物を交換して、自分が愛する特別な人への感情を表現し、祝福します。 今年の中国のバレンタインデーでは、多くの人がシャオアイス (Xiaoice)という名の少女に愛を告げる可能性が高そうです。シャオアイスは AIチャットボットです。


マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査を公開 ー Digital Civility Index(DCI)において、多くのネットの不適切行為は交友関係より発生することが判明

[2018年2月7日] (本記事はこちらのブログの抄訳をベースにしています) マイクロソフトの最新の調査によると、オンラインリスクの状況は世界レベルで改善しているようです。しかし意外なことに、オンラインでの不適切行為のターゲットになった被害者の多くは、加害者と家族や友人関係であったことがわかりました。


日本マイクロソフト「サイバーセキュリティ月間」での活動について

[2018年2月6日] Posted by:河野 省二 技術統括室 チーフ セキュリティ オフィサー 政府では、重点的かつ効果的にサイバーセキュリティに対する取り組みを推進するため、2 月 1 日から 3 月 18 日までを 「サイバーセキュリティ月間」としています。期間中、政府機関はじめ、産学官民の各機関が、それぞれサイバーセキュリティに関する普及啓発活動を集中的に実施しています。


マイクロソフト第 2 四半期決算: インテリジェントクラウドがイノベーションを支援

[ブログ投稿日:2018年1月31日] ジャドソン アルソフ (Judson Althoff) ワールドワイドコマーシャルビジネス担当 エグゼクティブバイスプレジデント マイクロソフトの第2四半期業績発表で、CEO サティア ナデラは、マイクロソフトのテクノロジを活用したお客様によるデジタルビジネスソリューションの様々な事例を紹介しました。企業向けクラウド収益の年間56パーセントの成長率達成は、広範な地域や業種におけるお客様とパートナーの成功によるものです。


デジタル アイデンティティに向けたパートナーシップ

ペギー ジョンソン (Peggy Johnson) Business Development 担当  エグゼクティブバイスプレジデント 米国、そして、海外において、投票権、ヘルスケア、住居、教育などの基本的権利は法的なアイデンティティの証明と結び付いています。法的証明がなければ権利を享受できません。しかし、世界の6人に1人はそれなしで生活しているのです(その大多数は女性、児童、難民にあたります)。


2018 年は AI の年

[ブログ投稿日:2018年1月3日] Posted by:マイクロソフト アジア プレジデント ラルフ ハウプター (本ポストはハウプターのLinkedIn:https://www.linkedin.com/pulse/welcome-2018-year-ai-ralph-haupter/へ掲載されたものです) 過去の歴史からを振り返ると、真の意味での革新的な変化は、一つのテクノロジのブレークスルーによってではなく、複数の補完しあう要素が同時に発生することによって生じるものだと言えます。


文章から画像を生成するボットを開発

Posted by: ジョン ローチ (John Roach) あなたが「黄色い胴体、黒い羽、短いくちばしの鳥を書いてください。」と言われたら、まず、鳥の輪郭を下描きし、黄色のペンで胴体を塗り、黒のペンで羽を塗って、最後にチェックをしてから、くちばしを短く描き、光の反射の表現を加えるでしょう。そして、鳥がとまっている木の枝も描くでしょう。


Future Computed:AI とその社会における役割

[ブログ更新日:2018年1月17日] ブラッドスミス (Brad Smith)  プレジデント兼最高法務責任者 ハリー シャム (Harry Shum)  Microsoft AI and Research Group 担当 エグゼクティブバイスプレジデント マイクロソフトは新しい電子書籍「Future Computed:AIとその社会における役割」(“The Future Computed: Artificial Intelligence and its role in society”)を公表しました。私たちが前書きを担当し、私たちのチームが執筆に協力しています。


深層学習分野における Preferred Networks との協業の進展について

Posted by:榊原 彰 執行役員 最高技術責任者   マイクロソフトは全世界でAIに関して様々な取り組みを展開しており、日本においても、国内のパートナー企業との連携を進めています。その中でも、今回は昨年発表*したマイクロソフト コーポレーションと株式会社Preferred Networks (PFN)との戦略協業に関する最新の状況をご紹介したいと思います。


破壊が目的:マイクロソフト ラボでのデバイス検証

[ブログ投稿日:2018年1月8日] 住所が伏せられた場所にある窓のない建物で、ハードウェアの特殊なテストが行われています。 数カ月間にわたりノンストップで文字を書くSurface ペン の検証や、Surface デバイスを激しく落下させる「ショックタワー」、長期的な高温、低温、雨、多湿、埃、霧、化学薬品、紫外線などによる影響を検証する過酷なテストなどがここで行われています。