祝! Hyper-V初の本格的な書籍出版。

私たちチームの共通の知人が、Hyper-Vに関するとてもよい書籍を執筆してくれ、昨日(2009年3月6日)より販売が始まりました。これまでお客様から、「Hyper-Vに関するよい書籍はないですか?」と聞かれて、「まずはmicrosoft.comや、TechNetです」としか答えることができませんでしたが、これからは迷わず以下の書籍を推薦します。   「詳細 Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V 仮想化技術活用ガイド」   Hyper-VやSystem Center Virtual Machine Manager 2008を実際に試す手順が詳しく紹介されていたり、microsoft.comやTechNetで役立つ情報へのリファレンスが豊富に掲載されていたり、これからHyper-Vを始める方には最適な書籍です。   上記の書籍は以下のような内容になっています。   第1章  仮想化技術とは何か、そしてその可能性とは何か こちらは目新しい内容はありません。ごく普通の一般論が記述されています。 第2章  サーバー仮想化の実践(初級編) ここで、Hyper-Vを実際にインストールして使い始めるまでの手順が、多くの画面ショットとともに詳しく説明されています。 第3章  サーバー仮想化の実践(上級編) System Center Virtual Machine Manager 2008をインストールして使い始めるまでの手順が紹介されています。 第4章  仮想化されたデータセンターの運用 私たちチームの担当製品であるSystem Center Configuration Manager 2007、System Center Operations Manager 2007、System Center Data Protection Manager 2007を利用した場合、仮想環境をどう運用できるのかが紹介されています。ぜひ、この章に注目してください。 第5章  デスクトップにおける仮想化技術の応用 マイクロソフトのクライアント関連の仮想化技術が紹介されています。ここでも、私たちの担当製品であるMDOP (Microsoft Desktop Optimization…

0

コスト削減時代のセキュリティ対策 ~マイクロソフト純正品で守るWindows環境~

皆様、こんにちは 今回は「コスト削減時代のセキュリティ対策」セミナーのご紹介を致します。 現在、防ぐべき脅威は不況など関係なしに増加し続け、より凶悪化、潜在化しています。つまり、現在はコスト削減を行いつつもセキュリティ対策は強化するという、一見矛盾な要求をされる、非常に難しい時代です。 この両立は非常に難しいですが、セキュリティ対策の導入を段階的に把握し、コスト削減可能なフェーズを理解する事により、両立を実現する方法が見えてきます。ご存じの通り、セキュリティ対策で考えるべきコストは単なる製品の価格だけではなく、ライセンス費用、設計・実装費用、運用・管理費用、サポート費用と様々な費用区分があります。ただ単に製品の価格比較だけで製品選定を行うと、運用・管理費用等の他の費用区分が上がってしまい、TCOで考えた場合に結局コスト高になってしまいます。では、どのような案が考えられるでしょうか?下記に費用区分ごとに代表的なアプローチをいくつか挙げます。 【ライセンス費用区分】OSやアプリケーションの標準機能を使用し、二重投資を防止ライセンスパックによるまとめ買い 【設計・実装費用区分】OSを含む、ソフトウェアの無人展開設定テンプレートの利用 【運用・管理費用区分】運用管理の自動化ナレッジベース利用による運用の効率化 【サポート費用区分】サポートの一元化によるインシデント収束時間の短縮 上記項目をいずれも満たす事ができれば、セキュリティ対策を強化しながらもコスト削減を実現する事ができますが、たとえばライセンス費用区分ですと、Windows Server 2008 や Windows Vista 等のOSに標準で実装されている機能をうまく使用する事により、かなりの部分をカバーする事ができます。 今回のセミナーでは、弊社の純正製品を使っていかに上記項目を満たすか?といった点にフォーカスを当て、セキュリティの強化とコスト削減の両立を実現する方法について詳細に解説致します。 ご興味がある方は、是非とも下記リンクからお申し込みの上、ご参加下さいます様、お願い申し上げます。 お申込みはこちらからhttp://msevents.microsoft.com/CUI/InviteOnly.aspx?EventID=B6-63-03-5A-54-BD-B9-A4-3C-DF-74-A0-19-3D-ED-CD&Culture=ja-JP Y.K

0

祝!SQL Server 2005 Service Pack 3の公開

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて、昨年12月15日にSQL Server 2005 Service Pack 3が公開されています。これで、SQL Server 2005 Reporting ServicesをWindows Server 2008へインストールする手順が大幅に簡略化できます。以前、こちらのBlogで面倒な方法を紹介しましたが、これからは、SP3を適用するだけでOperations Manager 2007 SP1や、Configuration Manager 2007 R2のインストールができるようになります。 Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3 これから、Service Pack 3を適用するのであれば、ついでに以下のCumulative Updateも適用されてはいかがでしょう。 Cumulative update package 1 for SQL Server 2005 Service Pack 3 http://support.microsoft.com/kb/959195/en-us こちらは、昨年12月20日に公開されています。SP3でのシステムテストを実施するのであれば、初めからこちらを適用してテストを実施するのも悪くないと思います。 本年も皆様のお役に立てば幸いです。 T.F

1

SQL Server 2005 Reporting ServicesをWindows Server 2008へインストール、構成する方法

<<<<<2008年12月15日にSQL Server 2005 SP3が公開されました。>>>>> <<<<<<SP3を適用すれば、こちらで紹介している手順は不要です。>>>>>> <<<<<<<<<詳しくは、こちらのBlog記事をご参照ください。>>>>>>>>>   Windows Server 2008上に、Operations Manager 2007 SP1や、Configuration Manager 2007 SP1 / R2をインストールした際に、レポーティング機能が利用できないという経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?これは、Operations Manager や、Configuration Manager側の問題ではなく、SQL Server 2005 Reporting Servicesが、Windows Server 2008上で稼働するように構成されていないことが原因です。   ということで、本日はWindows Server 2008上でSQL Server 2005 Reporting Servicesを稼働するように構成する方法を紹介します。   SQL Server 2005 Reporting Servicesの構成については、以下の2つのURLに記載があります。   1.     How to install and how to configure SQL Server 2005 Reporting Services…

1