Exchange 2007 と SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化

皆さんのExchange 2007 / SharePoint 2007は、今日もセキュアに運用管理されてますかーッ!?はい。ということで、Y.Kの投稿第二弾となる今回は、Exchange 2007 , SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化についてお知らせしたいと思います。 Exchange 2007やSharePoint 2007 を導入し、運用する際に切っても切れない5つの項目があります。それは[サーバー公開]、[ウイルス チェック]、[稼働監視]、[構成管理]、[データバックアップ]です。これらの項目はExchange 2007やSharePoint 2007 の運用を考える際には必要不可欠です。実際に、運用されている方の中には、これらの項目全てではなくとも、検討項目として上記の5つの項目のいずれかは含まれているのではないでしょうか。しかし、実際に導入するとなると、どの製品を使えば良いのか迷われている方も多いと思います。 これらの項目を「マイクロソフト純正製品によるセキュリティと運用管理」という観点で検討すると、ForefrontとSystem Center で全てカバーする事ができます!ご存じの通り、Exchange 2007、SharePoint 2007、Forefront 、System Centerは全てマイクロソフト社の製品です。自社製品は当然ながら自社が最も精通していますので、TCO削減、親和性の高さはもちろん、ワンストップのサポートや専用ナレッジベース等々、ポイントを押さえたセキュリティや運用管理の強化に加え、非常に数多くのメリットがあります!先日、下記のURLに、Forefront及びSystem Center 製品を使用して、Exchange 2007 , SharePoint 2007 を強化する資料がアップされましたので、是非とも一度ご覧ください! 「Microsoft Exchange Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメント「Microsoft Office SharePoint Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメントhttp://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/whitepaper.mspx(双方ともにXPS形式 , PDF形式にて上記URLに置いてあります。) 今回のご紹介はここまでになります。それでは、次回をお楽しみに! Y.K

1

バックアップはいかがですか?

こんにちは。 System Center 製品群には、バックアップの製品もあります。それが System Center Data Protection Manager 2007 (DPM)です。 DPM は、下記のOS, アプリケーションに対応しています。 Microsoft Exchange Server 2003,2007 Microsoft Office SharePoint Server 2007 Microsoft SQL Server 2005,2008 Microsoft Virtual Server 2005 R2 Windows Server 2003, 2008 Windows XP, Vista 製品ドキュメントはこちらです。http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/bb931334.aspx また、Dell 社からはアプライアンスも提供されており、DPM に関する丁寧な日本語訳マニュアルもあります。 http://supportapj.dell.com/support/edocs/systems/pvdpm/ja/dg/dpmv2deploymentA01MRJA.pdfhttp://supportapj.dell.com/support/edocs/systems/pvdpm/ja/og/dpmv2operationsguideA00MRJA.pdfhttp://supportapj.dell.com/support/edocs/systems/pvdpm/ja/pg/dpmv2planningA01MRJA.pdf 評価版は今すぐダウンロードできます。http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/bb727240.aspx  安心、低価格のマイクロソフト純正バックアップ製品をぜひお試しください! M.O  


Offline Virtual Machine Servicing Tool 2.0

が出てます。 これは、Virtual Machine Managerのライブラリ等に保存されている、ふつうは長期間起動されない(つまり人手によってメンテナンスされない可能性が高い!?)OSイメージ(VHDファイル)に、定期的に自動で更新プログラムを当てたりするためのVirtual Machine Manager用のツールキットです。 Virtual Machine Manager 2007用にはV1.0が出ていましたが、このV2.0でようやくHyper-VとSCVMM2008に対応しました。仕組みとしては・・・ ・ステージングホストにライブラリ上の対象VHDを展開する ・仮想OSを起動する(このときSysprep等されているものであればGUIDが付きます) ・WSUSやSCCMを利用して最新の更新プログラムを適用する ・必要であれば後処理(Sysprep化など)を行う ・ライブラリにVHDを戻す という一連の処理を行います。「Offlineと言いながら、起動してるじゃないか」という突っ込みはナシで。(^^)以下よりダウンロード可能です。(私もこれから試しますが) Offline Virtual Machine Servicing Tool 2.0 M.M