SIベンダー各社様による、System Center製品無料セミナーのご紹介 (2009年6-7月編)

いつもこのBlogをご覧いただき、ありがとうございます。   さて、私たちチームメンバーは、お客様に直接製品を訴求するだけでなく、SIベンダー様主催の無料セミナーに、講師として参加させていただくケースも少なくありません。ここでは、6月以降に予定されている、私たちチームメンバーが講師として参加しているセミナーの一覧を紹介します。   素材は同じSystem Center製品を紹介するセミナーですが、各SIベンダー様の特徴がそれぞれにあります。Blogから、製品機能の静的な情報を収集するのもよいのですが、時にはSIベンダー様によるセミナーに足を運んで、製品を導入している現場の、生きた情報を収集されるのもよいと思います。皆様の要件や日程に合わせて、是非、セミナーにご参加ください。   Hyper-V導入におけるベストプラクティス~過去事例に見るサーバー仮想化のポイント~ 詳細およびお申込みサイト http://hitachisoft.jp/events/seminars/hyper-v/index_prv.html 日時 ü   2009年5月22日(木) 14:00~17:00 (受付 13:30~) – 終了 ü   2009年6月4日(木) 14:00~17:00 (受付13:30~) ü   2009年6月19日(金) 14:00~17:00 (受付 13:30~) ü   2009年7月2日(木) 14:00~17:00 (受付13:30~) 会場 日立ソフト本社 日立ソフトタワーA 3FショールームB(東京都品川区東品川4丁目12番7号) 定員 各10名 主催 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 参加費 無料   デル&マイクロソフト共同セミナー ~次世代クライアントPC運用管理基盤~ (大阪) 詳細およびお申込みサイト http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032417163&EventCategory=1&culture=ja-JP&CountryCode=JP 日時 2009年6月17日(水) 14:30~17:10 (受付14:00~) 会場 デル株式会社 西日本支社(大阪市北区堂島浜1-4-19 堂島イーストビル4F) 定員…

0

祝! Hyper-V初の本格的な書籍出版。

私たちチームの共通の知人が、Hyper-Vに関するとてもよい書籍を執筆してくれ、昨日(2009年3月6日)より販売が始まりました。これまでお客様から、「Hyper-Vに関するよい書籍はないですか?」と聞かれて、「まずはmicrosoft.comや、TechNetです」としか答えることができませんでしたが、これからは迷わず以下の書籍を推薦します。   「詳細 Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V 仮想化技術活用ガイド」   Hyper-VやSystem Center Virtual Machine Manager 2008を実際に試す手順が詳しく紹介されていたり、microsoft.comやTechNetで役立つ情報へのリファレンスが豊富に掲載されていたり、これからHyper-Vを始める方には最適な書籍です。   上記の書籍は以下のような内容になっています。   第1章  仮想化技術とは何か、そしてその可能性とは何か こちらは目新しい内容はありません。ごく普通の一般論が記述されています。 第2章  サーバー仮想化の実践(初級編) ここで、Hyper-Vを実際にインストールして使い始めるまでの手順が、多くの画面ショットとともに詳しく説明されています。 第3章  サーバー仮想化の実践(上級編) System Center Virtual Machine Manager 2008をインストールして使い始めるまでの手順が紹介されています。 第4章  仮想化されたデータセンターの運用 私たちチームの担当製品であるSystem Center Configuration Manager 2007、System Center Operations Manager 2007、System Center Data Protection Manager 2007を利用した場合、仮想環境をどう運用できるのかが紹介されています。ぜひ、この章に注目してください。 第5章  デスクトップにおける仮想化技術の応用 マイクロソフトのクライアント関連の仮想化技術が紹介されています。ここでも、私たちの担当製品であるMDOP (Microsoft Desktop Optimization…

0

System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書(W2K8編)を修正しました

こんにちは。 昨年12月から本Blogで公開しておりました、System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーを、Windows Server 2008上にインストールするための手順書に修正を加えました。 以前の手順では、SCCMサイトサーバーをインストールした後に、同じコンピュータ上でSCCMレポートポイントを追加構成すると、うまくレポートが表示されない(IISのエラー画面が表示される)という現象が起きてしまいます。 そこで、IISを構成する手順の中で、SCCMのレポートポイントを構成する際に必要となる「ASP役割サービス」を追加するように、手順書に追記をしました。 なお、既に以前の手順書でSCCM環境を構築して、上記のようにレポートポイントが表示できない現象が起きている場合には、SCCMの構成はそのままで、IISにASP役割サービスを追加して頂ければ、正常に動作するようになります。 ASP役割サービスが無くても、SCCMサイトサーバーのインストールと動作には問題がないため、うっかり見落としておりました・・・。他のSCCM評価手順書で、SCCMレポートポイントを構成する手順が含まれていますので、今回上記の箇所を修正いたしました。 これまでに本手順書を利用して、上記のような現象が起きてしまっていた皆様には、大変申し訳ございませんでした。 元のBlog記事のダウンロードリンクを、新しい手順書ファイルに差し替えてありますので、お手数ですがこちらからあらためてダウンロードしてご利用ください。(新しい手順書のファイルには、ファイル名に更新日付を入れてあります) System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書(W2K8編)<運用管理とセキュリティのウタタゴト> これからも日々精進しながら、コンテンツをご提供していきたいと思っております。あらためましてSystem Center / ForeFront 製品群と、本Blogをよろしくお願いいたします。 — System Center Configuration Manager 担当一同

1

コスト削減時代のセキュリティ対策 ~マイクロソフト純正品で守るWindows環境~

皆様、こんにちは 今回は「コスト削減時代のセキュリティ対策」セミナーのご紹介を致します。 現在、防ぐべき脅威は不況など関係なしに増加し続け、より凶悪化、潜在化しています。つまり、現在はコスト削減を行いつつもセキュリティ対策は強化するという、一見矛盾な要求をされる、非常に難しい時代です。 この両立は非常に難しいですが、セキュリティ対策の導入を段階的に把握し、コスト削減可能なフェーズを理解する事により、両立を実現する方法が見えてきます。ご存じの通り、セキュリティ対策で考えるべきコストは単なる製品の価格だけではなく、ライセンス費用、設計・実装費用、運用・管理費用、サポート費用と様々な費用区分があります。ただ単に製品の価格比較だけで製品選定を行うと、運用・管理費用等の他の費用区分が上がってしまい、TCOで考えた場合に結局コスト高になってしまいます。では、どのような案が考えられるでしょうか?下記に費用区分ごとに代表的なアプローチをいくつか挙げます。 【ライセンス費用区分】OSやアプリケーションの標準機能を使用し、二重投資を防止ライセンスパックによるまとめ買い 【設計・実装費用区分】OSを含む、ソフトウェアの無人展開設定テンプレートの利用 【運用・管理費用区分】運用管理の自動化ナレッジベース利用による運用の効率化 【サポート費用区分】サポートの一元化によるインシデント収束時間の短縮 上記項目をいずれも満たす事ができれば、セキュリティ対策を強化しながらもコスト削減を実現する事ができますが、たとえばライセンス費用区分ですと、Windows Server 2008 や Windows Vista 等のOSに標準で実装されている機能をうまく使用する事により、かなりの部分をカバーする事ができます。 今回のセミナーでは、弊社の純正製品を使っていかに上記項目を満たすか?といった点にフォーカスを当て、セキュリティの強化とコスト削減の両立を実現する方法について詳細に解説致します。 ご興味がある方は、是非とも下記リンクからお申し込みの上、ご参加下さいます様、お願い申し上げます。 お申込みはこちらからhttp://msevents.microsoft.com/CUI/InviteOnly.aspx?EventID=B6-63-03-5A-54-BD-B9-A4-3C-DF-74-A0-19-3D-ED-CD&Culture=ja-JP Y.K

0

System Center Virtual Machine Manager 2008 実践ガイドが完成

SCVMM2008の実践ガイドが完成しました。 こちらからダウンロードいただけます↓System Center Virtual Machine Manager 2008 製品ドキュメントhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/scvmm/dd433024.aspx スクリーンショット付きで手順が記載されているので、SCVMMを全く触ったことのない方でも一通りの機能を試していただけます。 SCVMM2008の評価版は以下からダウンロードできますので、ぜひ試してみて下さい。http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=ED012990-6E86-4B43-9842-DA5C02FF1C83&displaylang=ja M.M

0

System Center Configuration Manager 2007 クライアントインストールの手順書を追加公開します

こんにちは。昨年より、私たちが System Center Configuration Manager 2007 評価環境を構築した際の、作業手順をまとめた参考資料を公開しておりますが、今回はこのSCCM 2007手順書シリーズとして、以前に公開した「クライアントプッシュインストール」とは別の展開手法による、クライアントインストールの手順書を2点公開いたします。 まず1点目は、手作業でのSCCMクライアントインストール手順書です。SCCMクライアントのインストールに関する作業をひとつひとつ記述しております。 「インストールはさっくり終わらせて、機能評価を進めたい」というような時や、例えばSCCMクライアントのインストール作業をスクリプト化・自動化する、といった場合にも、ご参考にして頂けるかな、と思っています。 2点目は、Active Directory グループポリシーを使った SCCM クライアントのインストール手順書です。複数台の管理対象PCに対して効率的にSCCMクライアントを展開する手法の一例として、参考手順をまとめています。 なお本手順書の記述が前提としている環境は、あくまで限定的な評価環境であり、グループポリシーの適切な設計・構築などに関する内容は含まれておりません。実環境などでグループポリシーによるSCCMクライアントの展開をご検討・実施される場合には、Active Directoryおよびグループポリシーに関する適切な設計・構築について、ご考慮・ご留意くださいますよう、お願いいたします。 本年も System Center 製品と ForeFront 製品をよろしくお願い申し上げます。 K.S. —– ※これまでに公開している評価環境の構築手順参考資料はこちらです。 System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書(W2K8編) System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書 System Center Configuration Manager 2007 クライアントインストール手順書

0

System Center Configuration Manager 2007 自習書のご紹介

みなさん、こんにちは。 今回は、System Center Configuration Manager 2007の自習書をご紹介致します。  ◆System Center Configuration Manager 2007 自習書http://technet.microsoft.com/ja-jp/configmgr/dd346955.aspx こちらのサイトでは、MCP 試験 “70-401 TS:Microsoft System Center Configuration Manager 2007 , Configuring ” の取得を行う上で役に立つ情報を、章立てで公開しています。もちろん、単なる試験対策だけでなく、System Center Cofiguration Manager の基礎的な知識を得ることもできますので、お時間のある方は是非ご一読頂ければと思います。 さて、実は先日私も本MCP試験を受講して参りましたので、これからMCPを受講する方、検証を行われる方に一つアドバイスをさせて頂きたいと思います。今回ご紹介した自習書のサイトでは以下の演習ガイドを提供していますが、こちらの手順P.10~29で記載されているネイティブモードは知識としては必要でも、評価環境の構築や動作検証を行う際には必須の手順ではありません。もしこれから評価環境を構築される方は、手順書P.10~29の部分を飛ばして、且つ、SCCMのサイトモードもネイティブモードではなく、混在モードを選択して進めて頂くことをお勧め致します。 ◆SCCM 2007 演習ガイドhttp://download.microsoft.com/download/A/A/2/AA26C6EA-6AB1-4C3E-887F-094A8C22616B/SCCM2007LabHandsON.exe 尚、ネイティブモードと混在モードの違いについてはこちらの記事をご覧下さい。 ◆System Center Configuration Manager 2007 ~よくある質問1~http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2008/12/11/3166872.aspx K.T

0

System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書(W2K8編)

2009年2月6日:手順書に追記を加えました。 新しい手順書をダウンロードしてご利用ください(新しい手順書はファイル名が変更されています) — みなさん、こんにちは。 先日Windows Server 2003 環境下でのSytem Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順をご紹介させて頂きましたので、今回はWindows Server 2008 環境下 でのSytem Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2サーバーインストールインストール手順 をご紹介致します。 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Windows Server 2008がIIS7.0を採用していることもあり、 WebDAVの構成や設定などが、Windows Server 2003 環境下での設定手順と異なってきます。 これから Windows Server 2008上でSCCM の評価をご検討されている方々は是非ご活用下さい。 K.T

3

Office SharePoint Server 2007のセキュリティ強化と運用管理コストの削減ができる純正品紹介

SharePointサイトを、安全に、外回りの営業に公開したいとか、標準のバックアップツールが貧弱だけど、別途購入するには価格が高すぎるといったことはないでしょうか?このようなセキュリティ強化や、運用管理を楽にする製品を、マイクロソフトが出荷しているのはご存知でしょうか? 2008年4月23日に開催された、”Microsoft Office SharePoint Server コンファレンス”にて、これらの製品の紹介を行ったセッションがあり、そのストリーミングが以下のサイトで公開されています。 Office SharePoint Server 2007の運用管理を支える製品群 http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/Office_SharePoint_Server2007.asx 紹介している製品は、以下の5製品です。 SharePointを安全に社外へ公開する製品: Intelligent Application Gateway 2007 SharePoint専用アンチ ウィルス製品: Forefront Security for SharePoint バックアップと回復: System Center Data Protection Manager 2007 稼働監視製品: System Center Operations Manager 2007 構成管理製品: System Center Configuration Manager 2007 1製品10分程度で、デモと製品概要を紹介しています。マイクロソフトの純製品で、かつ他社の同等の製品よりも安価です。お忙しいとは思いますが、是非一度、上記のストリーミングを見てください! T.F

0

SQL Server 2005 Reporting ServicesをWindows Server 2008へインストール、構成する方法

<<<<<2008年12月15日にSQL Server 2005 SP3が公開されました。>>>>> <<<<<<SP3を適用すれば、こちらで紹介している手順は不要です。>>>>>> <<<<<<<<<詳しくは、こちらのBlog記事をご参照ください。>>>>>>>>>   Windows Server 2008上に、Operations Manager 2007 SP1や、Configuration Manager 2007 SP1 / R2をインストールした際に、レポーティング機能が利用できないという経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?これは、Operations Manager や、Configuration Manager側の問題ではなく、SQL Server 2005 Reporting Servicesが、Windows Server 2008上で稼働するように構成されていないことが原因です。   ということで、本日はWindows Server 2008上でSQL Server 2005 Reporting Servicesを稼働するように構成する方法を紹介します。   SQL Server 2005 Reporting Servicesの構成については、以下の2つのURLに記載があります。   1.     How to install and how to configure SQL Server 2005 Reporting Services…

1