System Center Data Protection Manager 2007 で Windows Server 2008 のイメージバックアップとベアメタルリカバリーを行う (2/2)

みなさん、こんにちは。 少し時間があいてしまいましたが、前回に引き続き、今日は、System Center Data Protection Manager (DPM) を使った、Windows Server 2008 のイメージバックアップとベアメタル リカバリーについて、の第二弾、ベアメタルリカバリーについてです。 前回は Windows サーバー バックアップ (WSB) で作成したイメージバックアップを DPM でバックアップする方法を紹介しました。今回は、DPM でバックアップデータからのリカバリーをしていきます。 ベアメタル リカバリーの大きな流れは以下のとおりです。 DPM で、任意のフォルダに回復したいイメージバックアップを展開しておきます。 WS08 のインストール DVD でマシンを起動します。 Windows 環境回復機能により、1 に展開したバックアップからリストアを実行します。 では、以下で詳しく紹介します。 (実行手順) 1. DPM で、任意のネットワークフォルダに、データを回復します。 2. データの回復後、以下の手順を実施します。          a) リストアした WindowsImageBackup フォルダの階層を一段上に上げます。              リストア後(変更前):              \\リストア先サーバー名\リストア先共有フォルダ\<バックアップサーバー名>\WindowsImageBackup ↓    以下に変更:    \\リストア先サーバー名\リストア先共有フォルダ\WindowsImageBackup b) 全ての…

0

System Center Data Protection Manager 2007 で Windows Server 2008 のイメージバックアップとベアメタルリカバリーを行う (1/2)

みなさん、こんにちは。 今日は、System Center Data Protection Manager (DPM) を使った、Windows Server 2008 のイメージバックアップとベアメタル リカバリーについて、です。 DPMでは、データのバックアップが主な機能であるため、イメージバックアップ、およびベアメタル リカバリーはできません。そのため、同梱されている System Recovery Tool (SRT) を使用する必要がありました。ところが、この SRT は、バックアップ対象が Windows Server 2003 または Windows XP に限定されています。Windows Server 2008 の場合、OS 標準の Windows Server バックアップ (WSB) で別途取得する必要があります。 このたび、以下のホワイトペーパーがリリースされました。 How to do Bare Metal Recovery of WS08 with DPM 2007 SP1 こちらのホワイトペーパーでは、WSB と DPM を連携した、イメージバックアップ、ベアメタル リカバリーの方法が説明されています。この方法を使うと、各データを…

0

System Center Data Protection Manager 2007 の実践ガイドがアップデートされました

皆さんこんにちは。   System Center Data Protection Manager 2007 の実践ガイドが、Service Pack 1 に対応しました。   追加された内容はこちらです!   DPM 2007 SP1 構築           DPM 2007 SP1 の適用 DPM 2007 ローカルリソース保護機能の有効化              DPM 保護エージェントの更新            Hyper-V 仮想化環境の保護と回復      Hyper-V ホストの準備と更新プログラムの適用 DPM 保護エージェントの展開            保護グループの作成             バーチャル マシンの回復     SharePoint Serverの強化された保護と回復     SharePoint Server 更新プログラムの適用        DPM 保護エージェントの構成            保護グループの作成             検索インデックス コンポーネントの回復            そのほかにも、Windows Server 2008 の対応などを踏まえて、修正がくわえてあります。    ダウンロードはこちらから↓↓↓↓ http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/bb931334.aspx  …

0

System Center Data Protection Manager 2007 で Windows Server 2008 サーバーのシステム状態バックアップ

みなさん、お元気ですか。 今日は  System Center Data Protection Manager 2007 (DPM)を使ったシステム状態の保護について、です。 DPMでは、必要なデータとあわせて、対象サーバーのシステム状態をバックアップすることができます。設定は、こちらの画面のようにSystem State のボックスをチェックするだけです。 DPM では、システム状態の保護において、おおよそ、以下のように動作します。 (1) 対象のバックアップサーバーで、システム状態のバックアップを行います。ここでは、OS標準のバックアップ機能で、システム状態のバックアップファイルを作成します。 – 補足 既定では C:\WindowsImageBackup フォルダを作成し、ここに出力します。保護対象サーバーの、DPMインストールパス\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\DPM\Datasources\PSDatasourceConfig.xml を編集することで出力先のパスを変更することも可能です。 (2) 1 で出力したファイルを DPM サーバーにコピーします。 さて、保護対象サーバーが Windows Server 2003 の場合には、あまり意識する必要がなかったのですが、Windows Server 2008 の場合には少し注意が必要です。Windows Server 2008 のシステム状態のバックアップがどうもうまくいかない。。という時には、以下の4つのポイントをチェックしてください。   ポイント1. DPM サーバーに949779 が適用されているかチェック!(SP1 でももちろんOK!) バックアップ対象が Windows Server 2008 の場合には、949779 (DPM 2007 Feature Pack )…

0

Windows Server 2008 上に System Center Data Protection Manager 2007 SP1 をインストール

みなさん、こんにちは。 最近、Windows Server 2008 上にDPMをインストールする方法を知りたい!というご質問をいただくことが多くなりました。そこで参考になる、ステップ by ステップが、こちらに記載されています。 http://blogs.technet.com/askcorejp/archive/2009/08/11/dpm-2007-sp1.aspx マイクロソフトのサポートエンジニアの方が記載している詳細なステップbyステップで、とても参考になると思います。 ぜひご活用ください! ではでは M.O    

0

System Center Data Protection Manager 2007 でのローカルリソースの保護

こんにちは! DPM2007 SP1 でローカルリソースの保護が可能になったことはご存知でしょうか。この方法で、ファイルデータのローカルリソース、仮想マシンのローカルリソースの保護が可能です。 有効にするには、DPMサーバー上で DPM 管理シェルを起動し、以下を実行します。 Set-DPMGlobalProperty –AllowLocalDataProtection $true -DPMServerName DPMサーバー名 すると、DPMサーバー以下に、DPMサーバー自身のDB以外に、バックアップ対象となりうるリソースが表示されるようになります。   これで、ファイルサーバー兼DPMサーバー、または仮想サーバー兼DPMサーバーの構成が可能になりますね!もちろん、ディザスタリカバリの観点からは、このDPMサーバー自身の保護もお忘れなく。 ではでは。 M.O      

0

コスト削減時代のセキュリティ対策 ~マイクロソフト純正品で守るWindows環境~

皆様、こんにちは 今回は「コスト削減時代のセキュリティ対策」セミナーのご紹介を致します。 現在、防ぐべき脅威は不況など関係なしに増加し続け、より凶悪化、潜在化しています。つまり、現在はコスト削減を行いつつもセキュリティ対策は強化するという、一見矛盾な要求をされる、非常に難しい時代です。 この両立は非常に難しいですが、セキュリティ対策の導入を段階的に把握し、コスト削減可能なフェーズを理解する事により、両立を実現する方法が見えてきます。ご存じの通り、セキュリティ対策で考えるべきコストは単なる製品の価格だけではなく、ライセンス費用、設計・実装費用、運用・管理費用、サポート費用と様々な費用区分があります。ただ単に製品の価格比較だけで製品選定を行うと、運用・管理費用等の他の費用区分が上がってしまい、TCOで考えた場合に結局コスト高になってしまいます。では、どのような案が考えられるでしょうか?下記に費用区分ごとに代表的なアプローチをいくつか挙げます。 【ライセンス費用区分】OSやアプリケーションの標準機能を使用し、二重投資を防止ライセンスパックによるまとめ買い 【設計・実装費用区分】OSを含む、ソフトウェアの無人展開設定テンプレートの利用 【運用・管理費用区分】運用管理の自動化ナレッジベース利用による運用の効率化 【サポート費用区分】サポートの一元化によるインシデント収束時間の短縮 上記項目をいずれも満たす事ができれば、セキュリティ対策を強化しながらもコスト削減を実現する事ができますが、たとえばライセンス費用区分ですと、Windows Server 2008 や Windows Vista 等のOSに標準で実装されている機能をうまく使用する事により、かなりの部分をカバーする事ができます。 今回のセミナーでは、弊社の純正製品を使っていかに上記項目を満たすか?といった点にフォーカスを当て、セキュリティの強化とコスト削減の両立を実現する方法について詳細に解説致します。 ご興味がある方は、是非とも下記リンクからお申し込みの上、ご参加下さいます様、お願い申し上げます。 お申込みはこちらからhttp://msevents.microsoft.com/CUI/InviteOnly.aspx?EventID=B6-63-03-5A-54-BD-B9-A4-3C-DF-74-A0-19-3D-ED-CD&Culture=ja-JP Y.K

0

System Center Data Protection Manager 2007 SP1でHyper-Vのバックアップを取るために必要な、KB959962 リリースされました

こんにちは。 こちらにて言及した、Hyper-Vのバックアップのための修正モジュールが、公開されています。 An update is available for Windows Server 2008-based computers to address issues with backing up and restoring Hyper-V virtual machineshttp://support.microsoft.com/kb/959962 実は、私の環境では、当初、Hyper-Vのバックアップが失敗してしまうことがありました・・ このモジュールを適用してからは、調子がよいようです。 Hyper-V環境のバックアップの際には必ず適用したほうがよさそうですよ! M.O

0

System Center Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 リリースされました!

メリークリスマス (^_^)/☆今日は、バックアップ製品 System Center Data Protection Manager (DPM) 2007 の情報です。 去る 12 月19日に DPM2007 Service Pack 1 がリリースされました!!ダウンロードサイトはこちらです。 DPM 2007 SP1 x86  http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=125991DPM 2007 SP1 x64  http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=125992 *ダウンロードモジュールの言語は英語と記載されていますが、当該モジュールはシングルバイナリのため、日本語環境にもインストールできます。*本リリースには、DPM 2007 Feature Pack (KB949779) の内容を含みます。 新機能と強化された機能はコチラです。  <<新機能>>– Hyper-V 仮想化環境対応(後述の “ご注意ください” の項目も合わせてご覧ください。)– SQL2008 データベースミラーリングへの対応– SharePoint Server 2007/SharePoint Services 3.0 のインデックス個別バックアップ対応– Exchange Server 2007 SCR(Standby Cluster Replication)対応   <<強化された機能 >>…

1

“System Center Data Protection Manager 2007 による Windows Server のバックアップと回復” デモ ストリーミング

 こちらでは、System Center Data Protection Manager (DPM) 2007で、Windows Server のバックアップ機能が如何に拡張されるのかを紹介します。特にWindows Server 2008はバックアップ機能が変更されており、OS単体では、企業で要求されるバックアップの要件に応えることができません。ですので、何らかのバックアップツールが必須になります。SIベンダーの皆さんにヒアリングすると、バックアップツールを標準化している企業はほとんどないということです。Windowsのファイルサーバーや、Exchange Server、SharePoint Server、SQL Server、Virtual Server / Hyper-Vのバックアップが必要であれば、是非、DPM 2007をご検討ください。  以下のURLから、DPM 2007の実際の動作をデモで確認できるストリーミングが公開されていますので、DPM 2007検討の際の参考にしていただければ幸いです。 System Center Data Protection Manager 2007 による Windows Server のバックアップと回復  また、DPM 2007については、こちらのBlogもご覧ください。 以上、お役にたてれば幸いです。   T.F

0