コスト削減時代のセキュリティ対策 ~マイクロソフト純正品で守るWindows環境~

皆様、こんにちは 今回は「コスト削減時代のセキュリティ対策」セミナーのご紹介を致します。 現在、防ぐべき脅威は不況など関係なしに増加し続け、より凶悪化、潜在化しています。つまり、現在はコスト削減を行いつつもセキュリティ対策は強化するという、一見矛盾な要求をされる、非常に難しい時代です。 この両立は非常に難しいですが、セキュリティ対策の導入を段階的に把握し、コスト削減可能なフェーズを理解する事により、両立を実現する方法が見えてきます。ご存じの通り、セキュリティ対策で考えるべきコストは単なる製品の価格だけではなく、ライセンス費用、設計・実装費用、運用・管理費用、サポート費用と様々な費用区分があります。ただ単に製品の価格比較だけで製品選定を行うと、運用・管理費用等の他の費用区分が上がってしまい、TCOで考えた場合に結局コスト高になってしまいます。では、どのような案が考えられるでしょうか?下記に費用区分ごとに代表的なアプローチをいくつか挙げます。 【ライセンス費用区分】OSやアプリケーションの標準機能を使用し、二重投資を防止ライセンスパックによるまとめ買い 【設計・実装費用区分】OSを含む、ソフトウェアの無人展開設定テンプレートの利用 【運用・管理費用区分】運用管理の自動化ナレッジベース利用による運用の効率化 【サポート費用区分】サポートの一元化によるインシデント収束時間の短縮 上記項目をいずれも満たす事ができれば、セキュリティ対策を強化しながらもコスト削減を実現する事ができますが、たとえばライセンス費用区分ですと、Windows Server 2008 や Windows Vista 等のOSに標準で実装されている機能をうまく使用する事により、かなりの部分をカバーする事ができます。 今回のセミナーでは、弊社の純正製品を使っていかに上記項目を満たすか?といった点にフォーカスを当て、セキュリティの強化とコスト削減の両立を実現する方法について詳細に解説致します。 ご興味がある方は、是非とも下記リンクからお申し込みの上、ご参加下さいます様、お願い申し上げます。 お申込みはこちらからhttp://msevents.microsoft.com/CUI/InviteOnly.aspx?EventID=B6-63-03-5A-54-BD-B9-A4-3C-DF-74-A0-19-3D-ED-CD&Culture=ja-JP Y.K

0

Office SharePoint Server 2007のセキュリティ強化と運用管理コストの削減ができる純正品紹介

SharePointサイトを、安全に、外回りの営業に公開したいとか、標準のバックアップツールが貧弱だけど、別途購入するには価格が高すぎるといったことはないでしょうか?このようなセキュリティ強化や、運用管理を楽にする製品を、マイクロソフトが出荷しているのはご存知でしょうか? 2008年4月23日に開催された、”Microsoft Office SharePoint Server コンファレンス”にて、これらの製品の紹介を行ったセッションがあり、そのストリーミングが以下のサイトで公開されています。 Office SharePoint Server 2007の運用管理を支える製品群 http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/Office_SharePoint_Server2007.asx 紹介している製品は、以下の5製品です。 SharePointを安全に社外へ公開する製品: Intelligent Application Gateway 2007 SharePoint専用アンチ ウィルス製品: Forefront Security for SharePoint バックアップと回復: System Center Data Protection Manager 2007 稼働監視製品: System Center Operations Manager 2007 構成管理製品: System Center Configuration Manager 2007 1製品10分程度で、デモと製品概要を紹介しています。マイクロソフトの純製品で、かつ他社の同等の製品よりも安価です。お忙しいとは思いますが、是非一度、上記のストリーミングを見てください! T.F

0

Intellignet Application Gateway 2007 (旧Whale Communications製品) テクニカルリソース集

こんにちは。 Intelligent Applications Gateway (IAG) 2007 に関する投稿第2弾は、 IAG 2007 に関するドキュメント、Blog などを自分の備忘録的な意味を込めてまとめてみました。 IAG とはどんなものか?と思いの方は、無償で利用できるバーチャルラボで是非体験してみてください。 (おすすめ度の★はあくまで所感ですのでご参考までに)     【Blog】 運用管理とセキュリティのウタタゴト おすすめ度:★★★★★ いわずと知れた Forefront & System Center のBlog http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/default.aspx   Security Trip おすすめ度:★★★☆☆ スマートカードを使ったSSO(シングルサインオン)ビデオは必見! http://www.securitytrip.com/Blog/   IAG 2007 Community Wiki おすすめ度:★★★★☆ FAQ、Tutorials などカテゴリされており非常に見やすいです。 http://www.ssl-vpn.de/   IAGServer.ORG おすすめ度:★★★★★ ビデオ、ドキュメントなど非常に大量のコンテンツがあります。英語でも十分利用できると思います。 http://www.iagserver.org/   【ドキュメント】  日本語ドキュメント Intelligent Application Gateway (IAG) 2007 の技術概要 (Word…

0

Exchange 2007 と SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化

皆さんのExchange 2007 / SharePoint 2007は、今日もセキュアに運用管理されてますかーッ!?はい。ということで、Y.Kの投稿第二弾となる今回は、Exchange 2007 , SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化についてお知らせしたいと思います。 Exchange 2007やSharePoint 2007 を導入し、運用する際に切っても切れない5つの項目があります。それは[サーバー公開]、[ウイルス チェック]、[稼働監視]、[構成管理]、[データバックアップ]です。これらの項目はExchange 2007やSharePoint 2007 の運用を考える際には必要不可欠です。実際に、運用されている方の中には、これらの項目全てではなくとも、検討項目として上記の5つの項目のいずれかは含まれているのではないでしょうか。しかし、実際に導入するとなると、どの製品を使えば良いのか迷われている方も多いと思います。 これらの項目を「マイクロソフト純正製品によるセキュリティと運用管理」という観点で検討すると、ForefrontとSystem Center で全てカバーする事ができます!ご存じの通り、Exchange 2007、SharePoint 2007、Forefront 、System Centerは全てマイクロソフト社の製品です。自社製品は当然ながら自社が最も精通していますので、TCO削減、親和性の高さはもちろん、ワンストップのサポートや専用ナレッジベース等々、ポイントを押さえたセキュリティや運用管理の強化に加え、非常に数多くのメリットがあります!先日、下記のURLに、Forefront及びSystem Center 製品を使用して、Exchange 2007 , SharePoint 2007 を強化する資料がアップされましたので、是非とも一度ご覧ください! 「Microsoft Exchange Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメント「Microsoft Office SharePoint Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメントhttp://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/whitepaper.mspx(双方ともにXPS形式 , PDF形式にて上記URLに置いてあります。) 今回のご紹介はここまでになります。それでは、次回をお楽しみに! Y.K

1

マイクロソフト製 SSL VPN 製品 (旧Whale Communications製品) のご紹介

本日はマイクロソフト製 SSL VPN 製品 Intelligent Application Gateway 2007(IAG 2007) をご紹介致します。   皆さん、IAG 2007 を知っていますか? IAG 2007 は SSL VPN を提供する製品です。この製品の特徴はソフトウェアでの販売を行っておらず、ハードウェアアプライアンスのみの提供となるマイクロソフトとしては非常に珍しい製品になります。 この製品の特徴は、Exchange、SharePoint といったサーバーアプリケーションの公開が簡単に行え社外からリモートアクセスを実現する製品です。また、マイクロソフトのサーバーアプリケーションだけではなく、Notes、SAP Enterprise Portal、ファイルサーバーの公開も行えます。   今回は、アプライアンスの紹介をさせて頂きます。 まず、日本国内で購入可能なアプライアンスはマイクロソフトのパートナーである DIT様から購入可能な WSA シリーズが御座います。 URL:http://www.dit.co.jp/products/wsa_series/lineup.html WSA 3000、4000、6000 の3機種がラインナップされており、同時接続ユーザー数が200までであれば WSA 3000を選択するといった形になります。 このアプライアンスは、Windows Server 2003 がベースとなっておりIAG 2007 がインストールされた状態で出荷されており購入後はソフトウェアのインストールが不要ですぐに利用できるのもいいですね。   次回以降は実機をもとに設定などをご紹介していきます! J.N IAG.jpg

1