次期 Forefront Codename "Stirling" 全般編

皆様 こんちには!本日は、タイトルの通り、次期 Forefront である Codename “Stirling” についてお話したいと思います。 ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、実は昨年のTechEDでもセッションがあり、当時 β1 を使用したセッションとなっていましたが、今回 β2 が公開されましたので、Codename “Stirling” 改めてご紹介していきたいと思います。まず、Codename “Stirling” とは何か?ですが、これは、次期 Forefront 製品群の総称で、製品単体の名称ではありません。次に、Codename “Stirling” つまり、Forefront の次期バージョンでセキュリティを固めるとで何ができるのか?といった所ですが、下記 3 つが特長となっています。 【設定の一元管理】Forefront 製品や Windows Firewall の一元管理ができます。管理対象がドメイン参加していないような、ワークグループコンピュータであっても同様にリモートから一元管理する事ができます。実際の画面は、Settings.jpgをご参照ください。【集約されたレポート】各 Forefront 製品に実装される、脆弱性検査、侵入検知、ウイルス対策といったセキュリティ検査の結果をレポートでまとめて表示する事ができるため、組織としてのセキュリティ状態を一元的に把握する事ができます。実際の画面はReport.jpgをご参照ください。【自動対応】今回の目玉となるであろう機能です。Dynamic Response と呼ばれる仕組みで、「ウイルスの検出」「攻撃の検知」「脆弱性の発見」等のセキュリティ インシデント検出時に「NAPで自動的に隔離」「ウイルススキャン」等のレスポンスを自動的に適用することができるため、感染の拡大といった二次被害を軽減するだけでなく、管理工数を大幅に抑えることで、セキュリティの運用管理コストをダウンさせることができます。実際の画面は、DynamicResponse.jpgをご参照ください。図では、深刻度が高のイベントが発生すると、イベントを発生させた端末を自動的にNAPで隔離し、ウイルスチェックを行う設定を行っています。Forefront 製品は、エンドポイントやサーバーレイヤーのウイルス対策ソフト、ネットワークエッジのフォワード / リバース プロキシと幅広くそろっています。これらが、次期 Forefront Codename “Stirling” になることで、Active Directory (AD) や Network Access Protection (NAP) と連携し、セキュリティの運用管理を強化することができます。次回は、それぞれの設定をもう少し詳細にご紹介する予定です。それでは、失礼いたします。Y.K Pic.zip

0

コスト削減時代のセキュリティ対策 ~マイクロソフト純正品で守るWindows環境~

皆様、こんにちは 今回は「コスト削減時代のセキュリティ対策」セミナーのご紹介を致します。 現在、防ぐべき脅威は不況など関係なしに増加し続け、より凶悪化、潜在化しています。つまり、現在はコスト削減を行いつつもセキュリティ対策は強化するという、一見矛盾な要求をされる、非常に難しい時代です。 この両立は非常に難しいですが、セキュリティ対策の導入を段階的に把握し、コスト削減可能なフェーズを理解する事により、両立を実現する方法が見えてきます。ご存じの通り、セキュリティ対策で考えるべきコストは単なる製品の価格だけではなく、ライセンス費用、設計・実装費用、運用・管理費用、サポート費用と様々な費用区分があります。ただ単に製品の価格比較だけで製品選定を行うと、運用・管理費用等の他の費用区分が上がってしまい、TCOで考えた場合に結局コスト高になってしまいます。では、どのような案が考えられるでしょうか?下記に費用区分ごとに代表的なアプローチをいくつか挙げます。 【ライセンス費用区分】OSやアプリケーションの標準機能を使用し、二重投資を防止ライセンスパックによるまとめ買い 【設計・実装費用区分】OSを含む、ソフトウェアの無人展開設定テンプレートの利用 【運用・管理費用区分】運用管理の自動化ナレッジベース利用による運用の効率化 【サポート費用区分】サポートの一元化によるインシデント収束時間の短縮 上記項目をいずれも満たす事ができれば、セキュリティ対策を強化しながらもコスト削減を実現する事ができますが、たとえばライセンス費用区分ですと、Windows Server 2008 や Windows Vista 等のOSに標準で実装されている機能をうまく使用する事により、かなりの部分をカバーする事ができます。 今回のセミナーでは、弊社の純正製品を使っていかに上記項目を満たすか?といった点にフォーカスを当て、セキュリティの強化とコスト削減の両立を実現する方法について詳細に解説致します。 ご興味がある方は、是非とも下記リンクからお申し込みの上、ご参加下さいます様、お願い申し上げます。 お申込みはこちらからhttp://msevents.microsoft.com/CUI/InviteOnly.aspx?EventID=B6-63-03-5A-54-BD-B9-A4-3C-DF-74-A0-19-3D-ED-CD&Culture=ja-JP Y.K

0

Office SharePoint Server 2007のセキュリティ強化と運用管理コストの削減ができる純正品紹介

SharePointサイトを、安全に、外回りの営業に公開したいとか、標準のバックアップツールが貧弱だけど、別途購入するには価格が高すぎるといったことはないでしょうか?このようなセキュリティ強化や、運用管理を楽にする製品を、マイクロソフトが出荷しているのはご存知でしょうか? 2008年4月23日に開催された、”Microsoft Office SharePoint Server コンファレンス”にて、これらの製品の紹介を行ったセッションがあり、そのストリーミングが以下のサイトで公開されています。 Office SharePoint Server 2007の運用管理を支える製品群 http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/Office_SharePoint_Server2007.asx 紹介している製品は、以下の5製品です。 SharePointを安全に社外へ公開する製品: Intelligent Application Gateway 2007 SharePoint専用アンチ ウィルス製品: Forefront Security for SharePoint バックアップと回復: System Center Data Protection Manager 2007 稼働監視製品: System Center Operations Manager 2007 構成管理製品: System Center Configuration Manager 2007 1製品10分程度で、デモと製品概要を紹介しています。マイクロソフトの純製品で、かつ他社の同等の製品よりも安価です。お忙しいとは思いますが、是非一度、上記のストリーミングを見てください! T.F

0

SQL Server 2005 Reporting ServicesをWindows Server 2008へインストール、構成する方法

<<<<<2008年12月15日にSQL Server 2005 SP3が公開されました。>>>>> <<<<<<SP3を適用すれば、こちらで紹介している手順は不要です。>>>>>> <<<<<<<<<詳しくは、こちらのBlog記事をご参照ください。>>>>>>>>>   Windows Server 2008上に、Operations Manager 2007 SP1や、Configuration Manager 2007 SP1 / R2をインストールした際に、レポーティング機能が利用できないという経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?これは、Operations Manager や、Configuration Manager側の問題ではなく、SQL Server 2005 Reporting Servicesが、Windows Server 2008上で稼働するように構成されていないことが原因です。   ということで、本日はWindows Server 2008上でSQL Server 2005 Reporting Servicesを稼働するように構成する方法を紹介します。   SQL Server 2005 Reporting Servicesの構成については、以下の2つのURLに記載があります。   1.     How to install and how to configure SQL Server 2005 Reporting Services…

1

Exchange 2007 と SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化

皆さんのExchange 2007 / SharePoint 2007は、今日もセキュアに運用管理されてますかーッ!?はい。ということで、Y.Kの投稿第二弾となる今回は、Exchange 2007 , SharePoint 2007 のセキュリティと運用管理の強化についてお知らせしたいと思います。 Exchange 2007やSharePoint 2007 を導入し、運用する際に切っても切れない5つの項目があります。それは[サーバー公開]、[ウイルス チェック]、[稼働監視]、[構成管理]、[データバックアップ]です。これらの項目はExchange 2007やSharePoint 2007 の運用を考える際には必要不可欠です。実際に、運用されている方の中には、これらの項目全てではなくとも、検討項目として上記の5つの項目のいずれかは含まれているのではないでしょうか。しかし、実際に導入するとなると、どの製品を使えば良いのか迷われている方も多いと思います。 これらの項目を「マイクロソフト純正製品によるセキュリティと運用管理」という観点で検討すると、ForefrontとSystem Center で全てカバーする事ができます!ご存じの通り、Exchange 2007、SharePoint 2007、Forefront 、System Centerは全てマイクロソフト社の製品です。自社製品は当然ながら自社が最も精通していますので、TCO削減、親和性の高さはもちろん、ワンストップのサポートや専用ナレッジベース等々、ポイントを押さえたセキュリティや運用管理の強化に加え、非常に数多くのメリットがあります!先日、下記のURLに、Forefront及びSystem Center 製品を使用して、Exchange 2007 , SharePoint 2007 を強化する資料がアップされましたので、是非とも一度ご覧ください! 「Microsoft Exchange Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメント「Microsoft Office SharePoint Server 2007 あんしん・あんぜん計画」ドキュメントhttp://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/whitepaper.mspx(双方ともにXPS形式 , PDF形式にて上記URLに置いてあります。) 今回のご紹介はここまでになります。それでは、次回をお楽しみに! Y.K

1