System Center Data Protection 2010 RC 版がリリースされています


みなさん、こんにちは。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、DPM 2010 のRC版(製品候補版)がリリースされています。
こちらのサイトの画面右にある、“Try It” からダウンロードサイトにいけます。

Data Protection Manager 2010 Release Candidate Overview
http://www.microsoft.com/systemcenter/dataprotectionmanager/en/us/2010-overview.aspx

今日は、新しい機能にある、ワークグループのサーバーの保護について紹介します。

こちらの手順で実行することで、ドメインメンバーだけではなく、ワークグループのメンバーもバックアップ対象に含めることができます。

[保護対象側でエージェントをインストール]

1. DPMAgentInstall_x86.exe または DPMAgentInstall_x64.exeを実行します。

2. 実行後、コマンドプロンプトで、以下のパスに移動します。
C:\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\DPM\bin

3. 以下のコマンドを実行します。

SetDPMServer.exe -dpmServerName [DPMサーバー名] -isNonDomainServer -userName [DPM用のアカウント名]

※-dpmServerName に指定するサーバー名は、NetBIOS名とします。
※-username に指定するアカウント名は、保護対象サーバーのローカルに作成されるユーザーアカウントとなります (予め作成されたアカウントは指定不可)

例)SetDPMServer.exe -dpmServerName DPMSV01 -isNonDomainServer -userName dpmAccount

4. パスワードを聞かれるので、任意のパスワードを入力します。

5. マシンを再起動します。

[引き続き、DPMサーバー側で保護サーバーをアタッチ]

6. DPM2010にて、[管理] – [エージェント] をクリックします。

7. アクションメニューの “インストール” をクリックします。

8. “エージェントの接続” を選択し、”ワークグループまたは信頼されていないドメイン内のコンピュータ” を選択します

9. コンピュータ名とユーザー名(手順3 で入力したDPM用のアカウント名、およびパスワード)を入力します。

10. 次へ、をクリックし、完了します。

実行後、保護グループを作成する際には、このように、ワークグループというツリーが表示され、追加したワークグループサーバーを選択できるようになりました。

image

このように、DPM2010では、活用の幅をさらに広げることができそうです。
皆様もぜひ評価してみてください。

それでは!

M.O


Comments (0)

Skip to main content