Operations Manager 2007 を利用したクライアント監査ソリューションのご紹介


こんにちは。今回は Operations Manager 2007 のパートナーソリューションをご紹介します。

System Center Operations Manager というと、サーバーの稼働監視のイメージが強いですが、弊社のパートナーでもあるディアイティ様から、Operations Manager 2007 と連携してクライアントの操作ログを収集するアドオン製品の Log Audit Tracker for Ops Manager が発売されました。

この製品を利用すると、情報漏洩対策などの観点からクライアントPCでどのような操作が行われたかをかをシステム管理者が把握することが可能です。例えば、ファイルやフォルダへのアクセス、プロセス(アプリケーション)の起動、USBデバイスの抜き差し、印刷、アクティブウィンドウのタイトル取得(デスクトップ上のウィンドウ切り替え)など、クライアントPCの操作ログを収集することが可能です。クライアントPC上で収集された監査情報は Operations Manager 2007 によって収集され、ログとして保存されるだけではなく、強力なレポート機能を利用することで、特定の期間やユーザー別、コンピュータ別、監査対象のアプリケーション別にレポートを作成することが可能です。

Log Audit Tracker for OpsMgr

株式会社ディアイティ Log Audit Tracker for Ops Manager 製品情報ページ
http://www.dit.co.jp/products/lat4scom/

 N.S.

Skip to main content