System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書その4(スタンドアロンメディアによる展開編)

みなさん、こんにちは。 今回はSystem Center Configuration Manager 2007 によるOS展開環境の構築手順書の第4弾になります。 これまでに以下のOS展開環境構築手順書をご紹介させて頂きました。   ◆System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書(メディアブート編)http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2009/02/02/3195664.aspx   ◆System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書(PXEブート編) http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2009/02/16/3202833.aspx   ◆System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書(不特定のマシンへの展開編) http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2009/03/25/3217380.aspx   上記の評価手順書は、いずれもネットワークを利用した展開手順になっております。   今日ご紹介するのは、ネットワーク環境に依存しないオフライン環境で利用可能な 「スタンドアロンメディアによる展開手順」になります。   SCCMで作成したスタンドアロンメディアでは、メディア内にOSイメージだけでなく、 OS展開の処理手順やアプリケーションやスクリプトファイルの実体を含ませる事が可能です。   ですので、スタンドアロンメディアを利用してドメイン参加などの作業を自動化する事も可能です。 オフライン環境においてもより便利なOS展開機能をぜひご活用頂きたいと思います。      尚、前回の第3段に引き続き今回の評価手順書にも 「スタンドアロンメディア用のタスクシーケンス作成」のTipsを…


System Center Data Protection Manager 2007 で Windows Server 2008 サーバーのシステム状態バックアップ

みなさん、お元気ですか。 今日は  System Center Data Protection Manager 2007 (DPM)を使ったシステム状態の保護について、です。 DPMでは、必要なデータとあわせて、対象サーバーのシステム状態をバックアップすることができます。設定は、こちらの画面のようにSystem State のボックスをチェックするだけです。 DPM では、システム状態の保護において、おおよそ、以下のように動作します。 (1) 対象のバックアップサーバーで、システム状態のバックアップを行います。ここでは、OS標準のバックアップ機能で、システム状態のバックアップファイルを作成します。 – 補足 既定では C:\WindowsImageBackup フォルダを作成し、ここに出力します。保護対象サーバーの、DPMインストールパス\Program Files\Microsoft Data Protection Manager\DPM\Datasources\PSDatasourceConfig.xml を編集することで出力先のパスを変更することも可能です。 (2) 1 で出力したファイルを DPM サーバーにコピーします。 さて、保護対象サーバーが Windows Server 2003 の場合には、あまり意識する必要がなかったのですが、Windows Server 2008 の場合には少し注意が必要です。Windows Server 2008 のシステム状態のバックアップがどうもうまくいかない。。という時には、以下の4つのポイントをチェックしてください。   ポイント1. DPM サーバーに949779 が適用されているかチェック!(SP1 でももちろんOK!) バックアップ対象が Windows Server 2008 の場合には、949779 (DPM 2007 Feature Pack )…


System Center Configuration Manager 2007 の「使える」ツールのご紹介 その2

みなさん、こんにちは。以前、Configuration Managerを利用する上で以下のPostで便利な4つの「使える」ツールをご紹介させて頂きました。◆System Center Configuration Manager 2007 の「使える」ツールのご紹介http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2008/11/24/3158660.aspx今回はConfiguration Managerを利用する上で便利な2つの「使える」ツールを新たにご紹介したいと思います。◆Installer with Installer Step-up Utility (英語)http://technet.microsoft.com/en-us/sms/dd408384.aspxこちらは Configuration Manager 2007 用として提供されているものではありませんが、Configuration Manager 2007 のサイト サーバーにインストールする事ができます。Windows インストーラ ステップアップ ユーティリティ (ISU) が含まれ、パッケージを Windows インストーラの形式に変換することができます。◆SCCM Right Click Tools (英語)http://myitforum.com/cs2/blogs/rhouchins/archive/2008/04/09/sccm-right-click-tools.aspx MSノンサポートではありますが、こちらをサイトサーバーにインストールするとConfiguration Managerの管理コンソールが拡張され、管理コンソール上から特定のグループ上に存在する複数のコンピュータに対して、以下の様なアクションの要求をリモートのコンピュータに対して実行できるようになります。 ・コンピュータ/ユーザポリシーの取得 ・ハードウェアインベントリの取得 ・ソフトウェアインベントリの取得 ・ソフトウェア更新のスキャン ・ソフトウェア更新の展開 SCCMクライアントはあらかじめ設定されたスケジュールに従って上記のアクションを実行しますが、こちらのツールをうまく利用すれば、管理者が意図したタイミングでクライアントに対してアクションを実行させることが可能となります。利用例1.特定のコンピュータのハードウェアインベントリを迅速に取得したい利用例2.特定のコンピュータに対して迅速に更新プログラムを適用したい など 今回は「使える」便利ツールのご紹介第2弾でした。少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。 K.T