System Center Virtual Machine Manager 2008 の Operations Manager 2007 管理パック(英語)

こんにちは。SCVMM2008には、Operations Manager 2007と連携したレポーティング機能が備わっています。実はこのレポート機能、製品出荷時点では、Reportingの管理パックが入っていないため利用する事が出来ません。 今回、(英語版ですが)このレポートを出力するための管理パックが提供されたのでご紹介します。 “System Center Virtual Machine Manager 2008 Management Pack for System Center Operations Manager 2007″http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d6d5cddd-4ec8-4e3c-8ab1-102ec99c257f&displaylang=en この管理パックをSCVMMと協調動作しているOperations Manager 2007にインポートすると、SCVMMの”レポート”メニューから、以下の4つのレポートを参照出来るようになります。 •Virtualization Candidates (仮想化候補の物理マシンのリスト)•VM utilization        (仮想マシンの稼働率)•Host Utilization       (ホストマシンの使用率。同時に仮想マシンもまとめてレポート)•Host Utilization Growth    (ホストマシンの使用率の変動量のレポート)•VM Allocation        (SCVMMのVMプロパティで設定した”コストセンター”毎のリソース割り当て量) “VM Allocation”などは、課金管理なども意識したレポートになっています。仮想環境では任意に仮想マシンの移動や削除、展開が出来ますから、今後課金管理なども必要になってきます。こうしたレポートも重要になるかと思いますので見てみていただければと思います。(以下は手元の環境でレポート出力してみた例です)  M.M VM Allocation レポート例 VM Utilization レポート例   Host Utilization レポート例  

1

Forefront Client Security 自習書 1 Server トポロジの展開

みなさん、こんにちは。 今回はForefront Client Security(FCS) 自習書についてご紹介させて頂きます。   FCSに関してよく耳にするのは、FCS サーバーを構築してみたいが資料がなくわからない、何か大変そうと思われている方は、 是非この自習書を使用してサーバーを構築してみて下さい。 多くのスクリーンショットでわかりやすくサーバーの構築手順が記載されておりますので、簡単にFCSサーバーの構築が可能です。   ◆Forefront Client Security 自習書 1 サーバー トポロジの展開   ◆Microsoft Forefront Client Security 評価版 こちらからFCSの評価版がダウンロード可能です。  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=7D0FBE8D-0174-4B49-B0E9-BBE6DFAD3F79&displaylang=ja   ◆Microsoft Forefront Client Security Technet FCS に関する技術情報です。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb432630.aspx   是非一度Forefront Clinet Security をお試し頂ければ幸いです。   J.N


Windows Server 2008 上に System Center Data Protection Manager 2007 SP1 をインストール

みなさん、こんにちは。 最近、Windows Server 2008 上にDPMをインストールする方法を知りたい!というご質問をいただくことが多くなりました。そこで参考になる、ステップ by ステップが、こちらに記載されています。 http://blogs.technet.com/askcorejp/archive/2009/08/11/dpm-2007-sp1.aspx マイクロソフトのサポートエンジニアの方が記載している詳細なステップbyステップで、とても参考になると思います。 ぜひご活用ください! ではでは M.O    


System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書その3(不特定のマシンへの展開編)

みなさん、こんにちは。 今回はSystem Center Configuration Manager 2007 によるOS展開環境の構築手順書の第3弾になります。 これまでに以下のOS展開環境構築手順書をご紹介させて頂きました。   ◆System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書(メディアブート編)http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2009/02/02/3195664.aspx   ◆System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 OS展開環境構築手順書(PXEブート編) http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2009/02/16/3202833.aspx   上記の評価手順書は、いずれも「特定のコンピュータに対してOS展開を行うための手順」になっており、 展開対象のコンピュータの情報(MACアドレスやホスト名)を事前にSCCMにインポートする操作が必要でした。   今日ご紹介するのは、「不特定のコンピュータに対してOS展開を行うための追加設定手順」になります。 上記の2つの手順とは異なり、事前にコンピュータ情報をSCCMにインポートする手間を省く事ができます。 これまで以上に、よりOS展開機能を身近にご利用頂けると思いますので、ぜひご活用頂きたいと思います。     また、今回の評価手順書には「不特定のコンピュータを対象としたタスクシーケンス作成」のTipsも付録としてご用意させて頂いております。 こちらの内容も是非ご参考にして頂ければ幸いです。   K.T

1

Service Level Dashboard ってご存知ですか?

みなさん、こんにちは。Operations Manager 2007 の記事はご無沙汰しておりましたが、今日は Service Level Dashboard 管理パックについて紹介します。 Operations Manager はサーバー、アプリケーションの監視だけではなく、クライアントの視点karaサービスが利用可能であるかどうかの可用性レポートを作成することができます。この機能を利用すると、全体の稼働時間の何パーセントでサービスが利用可能であったのか、いつレスポンスタイムが遅くなったのかなどをを知ることができます。このレポートの結果を参考に、あらかじめ定義した Service Level  Agreement (SLA) を満たしているかどうかを知ることができます。 そこで、SLA そのものを Operations Manager に定義して、実際の稼働時間から SLA を満たしているかどうかを簡単に把握することが出来るのが、 Service Level Dashboard です。Service Level Dashborad は、管理パックとして提供されており、System Center Pack Catalog から入手することが可能です。英語版の管理パックですが、日本語版 Operations Manager 2007 環境でも利用することが可能です。 Service Level Dashbard 管理パックの紹介資料も用意しましたので、詳しい使い方についてはこちらをご覧ください。 余談ですが、Service Level Dashborad の中で使用しているWeb サーバーに対する代理トランザクション機能で監視するWeb サーバーは Windows – IIS だけではなく、Linux – Apache 環境を監視対象にしてみたり、全国の各拠点に代理トランザクションの代理クライアントを設置して、データセンター上の…


ISA による Microsoft Office SharePoint Server 2007 公開 詳細手順

皆様こんにちは! 今月はInternet Security & Accelerations Server 2006 (以降ISA 2006)によるMicrosoft Office SharePoint Server 2007 (以降SharePoint 2007) 公開の詳細手順をご紹介します!SharePoint 2007を外部へ公開 (インターネットへ公開)する事で、エンドユーザー様、パートナー様等々との共有ワークスペースとして活用したり、社員が場所を選ばずに利用できたりと生産性を飛躍的に向上する事ができますが、「SharePoint 2007 の外部公開は、リスクが高い」と考え、躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は、これらのリスクを低減するために、ISA 2006 を使用してSharePoint 2007 を公開するための詳細手順をご紹介したいと思います。SharePoint 2007 を外部公開する際に、主に挙げられるリスクは ISA 2006 を使用する事で下記のように解決する事ができます!【リスク1.外部公開するための設定が煩雑】リンクを変換したり、その他公開に必要な設定が難しく、また、設定のミスから脆弱性を生んでしまう可能性がある、、、【ISA 2006 で解決!SharePoint 2007 専用の公開 ウィザード を標準実装】ISA 2006 では、SharePoint 2007 専用の公開ウィザードを標準で実装しているため、ウィザードの指示に従うだけで簡単にミスなくSharePoint 2007 の公開が完了します。【リスク2.インターネット越しの攻撃】SharePoint 2007 は、Web Server の一種であるため、インターネット越しに攻撃を受ける可能性がある、、、【ISA 2006 で解決!Firewall / 攻撃保護機能を標準実装】ISA 2006 では、Firewall / 攻撃保護機能を標準実装してるため、不要なポートに対する攻撃、DoS攻撃、HTTP内に含まれる不正なトラフィック等からSharePoint 2007 を保護し、安全な外部からの利用を可能にします。このように、ISA…


祝! Hyper-V初の本格的な書籍出版。

私たちチームの共通の知人が、Hyper-Vに関するとてもよい書籍を執筆してくれ、昨日(2009年3月6日)より販売が始まりました。これまでお客様から、「Hyper-Vに関するよい書籍はないですか?」と聞かれて、「まずはmicrosoft.comや、TechNetです」としか答えることができませんでしたが、これからは迷わず以下の書籍を推薦します。   「詳細 Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V 仮想化技術活用ガイド」   Hyper-VやSystem Center Virtual Machine Manager 2008を実際に試す手順が詳しく紹介されていたり、microsoft.comやTechNetで役立つ情報へのリファレンスが豊富に掲載されていたり、これからHyper-Vを始める方には最適な書籍です。   上記の書籍は以下のような内容になっています。   第1章  仮想化技術とは何か、そしてその可能性とは何か こちらは目新しい内容はありません。ごく普通の一般論が記述されています。 第2章  サーバー仮想化の実践(初級編) ここで、Hyper-Vを実際にインストールして使い始めるまでの手順が、多くの画面ショットとともに詳しく説明されています。 第3章  サーバー仮想化の実践(上級編) System Center Virtual Machine Manager 2008をインストールして使い始めるまでの手順が紹介されています。 第4章  仮想化されたデータセンターの運用 私たちチームの担当製品であるSystem Center Configuration Manager 2007、System Center Operations Manager 2007、System Center Data Protection Manager 2007を利用した場合、仮想環境をどう運用できるのかが紹介されています。ぜひ、この章に注目してください。 第5章  デスクトップにおける仮想化技術の応用 マイクロソフトのクライアント関連の仮想化技術が紹介されています。ここでも、私たちの担当製品であるMDOP (Microsoft Desktop Optimization…


Forefront Client Security のススメ

皆様、ご無沙汰しております。Y.Kです。 本日は、弊社の純正ウイルス対策ソフトである Forefront Client Security の情報をお知らせします。あまり知られていないのですが、Forefront Client Security は、Technet上に様々な情報が載っています。評価環境など、Forefront Client Secuirityの導入や構築の際には、是非ともご参考にして頂きたい情報が満載です。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb432630.aspx管理対象台数に応じたサーバートポロジの選択やトラブルシューティング、障害復旧、パフォーマンス等、導入前に必要となる情報については、あらかた揃っています。特にパフォーマンスに関してご質問されることが多いので、スキャンパフォーマンスや使用メモリ等のシステムリソースへのインパクトについて、下記に記述します。「スキャンスピード」システムドライブ上に5.5GBのシステムファイルとデータを置いた状態でクイックスキャンをかけた結果、1分未満との結果がでています。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb418968.aspx「静止時の使用メモリ」MOM エージェント:5,800KBマルウェア対策サービス:24,000KB – 33,000KBセキュリティ状態評価サービス:1,000KB – 4,000KBhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb418812.aspx「使用ディスク容量」MOMエージェント:8,81MBマルウェア対策サービス:4.83MBセキュリティ状態評価サービス:1.14MB / 3.37MBhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb418810.aspxまた、次にご質問の多いデータストアとなるSQL サーバーのサイジングご参考値は下記になります。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb418772.aspx今回は、以上となります。最後までお読みいただきましてありがとうございました!Y.K