System Center Data Protection Manager 2007 でのローカルリソースの保護


こんにちは!

DPM2007 SP1 でローカルリソースの保護が可能になったことはご存知でしょうか。
この方法で、ファイルデータのローカルリソース、仮想マシンのローカルリソースの保護が可能です。

有効にするには、DPMサーバー上で DPM 管理シェルを起動し、以下を実行します。

Set-DPMGlobalProperty –AllowLocalDataProtection $true -DPMServerName DPMサーバー名

すると、DPMサーバー以下に、DPMサーバー自身のDB以外に、バックアップ対象となりうるリソースが表示されるようになります。


 

これで、ファイルサーバー兼DPMサーバー、または仮想サーバー兼DPMサーバーの構成が可能になりますね!
もちろん、ディザスタリカバリの観点からは、このDPMサーバー自身の保護もお忘れなく。

ではでは。

M.O

 


 

 

Skip to main content