Offline Virtual Machine Servicing Tool 2.0


が出てます。

これは、Virtual Machine Managerのライブラリ等に保存されている、ふつうは長期間起動されない(つまり人手によってメンテナンスされない可能性が高い!?)OSイメージ(VHDファイル)に、定期的に自動で更新プログラムを当てたりするためのVirtual Machine Manager用のツールキットです。

Virtual Machine Manager 2007用にはV1.0が出ていましたが、このV2.0でようやくHyper-VとSCVMM2008に対応しました。
仕組みとしては・・・

  1. ・ステージングホストにライブラリ上の対象VHDを展開する
  2. ・仮想OSを起動する(このときSysprep等されているものであればGUIDが付きます)
  3. ・WSUSやSCCMを利用して最新の更新プログラムを適用する
  4. ・必要であれば後処理(Sysprep化など)を行う
  5. ・ライブラリにVHDを戻す

という一連の処理を行います。「Offlineと言いながら、起動してるじゃないか」という突っ込みはナシで。(^^)
以下よりダウンロード可能です。(私もこれから試しますが)

Offline Virtual Machine Servicing Tool 2.0

M.M

Skip to main content