System Center Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 リリースされました!

メリークリスマス (^_^)/☆今日は、バックアップ製品 System Center Data Protection Manager (DPM) 2007 の情報です。 去る 12 月19日に DPM2007 Service Pack 1 がリリースされました!!ダウンロードサイトはこちらです。 DPM 2007 SP1 x86  http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=125991DPM 2007 SP1 x64  http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=125992 *ダウンロードモジュールの言語は英語と記載されていますが、当該モジュールはシングルバイナリのため、日本語環境にもインストールできます。*本リリースには、DPM 2007 Feature Pack (KB949779) の内容を含みます。 新機能と強化された機能はコチラです。  <<新機能>>– Hyper-V 仮想化環境対応(後述の “ご注意ください” の項目も合わせてご覧ください。)– SQL2008 データベースミラーリングへの対応– SharePoint Server 2007/SharePoint Services 3.0 のインデックス個別バックアップ対応– Exchange Server 2007 SCR(Standby Cluster Replication)対応   <<強化された機能 >>…

1

System Center Configuration Manager 2007 自習書のご紹介

みなさん、こんにちは。 今回は、System Center Configuration Manager 2007の自習書をご紹介致します。  ◆System Center Configuration Manager 2007 自習書http://technet.microsoft.com/ja-jp/configmgr/dd346955.aspx こちらのサイトでは、MCP 試験 “70-401 TS:Microsoft System Center Configuration Manager 2007 , Configuring ” の取得を行う上で役に立つ情報を、章立てで公開しています。もちろん、単なる試験対策だけでなく、System Center Cofiguration Manager の基礎的な知識を得ることもできますので、お時間のある方は是非ご一読頂ければと思います。 さて、実は先日私も本MCP試験を受講して参りましたので、これからMCPを受講する方、検証を行われる方に一つアドバイスをさせて頂きたいと思います。今回ご紹介した自習書のサイトでは以下の演習ガイドを提供していますが、こちらの手順P.10~29で記載されているネイティブモードは知識としては必要でも、評価環境の構築や動作検証を行う際には必須の手順ではありません。もしこれから評価環境を構築される方は、手順書P.10~29の部分を飛ばして、且つ、SCCMのサイトモードもネイティブモードではなく、混在モードを選択して進めて頂くことをお勧め致します。 ◆SCCM 2007 演習ガイドhttp://download.microsoft.com/download/A/A/2/AA26C6EA-6AB1-4C3E-887F-094A8C22616B/SCCM2007LabHandsON.exe 尚、ネイティブモードと混在モードの違いについてはこちらの記事をご覧下さい。 ◆System Center Configuration Manager 2007 ~よくある質問1~http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2008/12/11/3166872.aspx K.T

0

System Center Configuration Manager 2007 ~ よくある質問 2 ~

みなさん、こんにちは。 今回は、お客様からいただく SCCM に関する質問、第二弾です。 皆さんも、SCCM の評価をされていて、同じような疑問を持ったことはありませんか? Question : SCCM のサーバー構築後、クライアントのインストールまでは終了したが、いつまでもクライアントが管理コンソールに表示されない。 どうすればクライアントがサーバー側で認識されるのか? Answer : まず、どうやって行うかの前に、簡単にコレクションという機能について説明をします。 SCCM では、管理対象となるコンピュータをコレクションというグループに登録して、管理を行います。 (サーバーのインストール直後には OS の種類別コレクションなど複数のコレクションが作成されています) OS や アプリケーション、更新プログラムなどの展開、収集したデータや更新プログラムなどのレポート結果の表示はこのコレクションごとに実行するため、非常に重要な機能の一つです。 コレクションは手動でメンバーを追加する方法と、SCCM のデータベースである SQL に対してクエリを発行して、自動的にメンバーを更新する方法の二つの方法があるのですが、既定で作成されているコレクションは全て SQL へのクエリをベースにして、自動的にコンピュータを分類するように定義されています。 そして、そのグループメンバーの更新間隔 (SQL へのクエリの実行) が、既定では一日に一度という設定になっています。 そのため、クライアントがインストールされた後、コレクションのメンバーの更新が最大約一日かかるので、サーバー側のコレクションのメンバーがすぐには反映されません。 仕組みががわかったところで、ここからが解決方法です。二つの方法がありますので、以下にそれぞれの方法をお知らせします。 1. コレクションの更新間隔のスケジュール設定を短くする。 コレクションを選択して、右クリックで表示されるプロパティ画面から、メンバシップの規則タブをクリックします。 スケジュールボタンがあるので、それをクリックして、任意のスケジュールに変更します。 ※更新間隔は各コレクション毎の設定が可能です。 2. 強制的にコレクションメンバーシップの更新を実行する こちらの手順については、下記に公開したドキュメント内の手順を記載してあります。 P76 ~ P81 . 『#7 SCCMクライアントでのインストール状況の確認』 を参考にしてみてください。 System Center Configuration Manager 2007 クライアントインストール手順書http://blogs.technet.com/mgmtsecjp/archive/2008/12/03/3162891.aspx…

0

System Center Configuration Manager 2007 ~ よくある質問 1 ~

こんにちは。 今日は SCCM の評価環境を構築しているお客様から、よくいただく質問をまとめ、その回答を作成しました。第一弾として、SCCMサーバー構築時の証明書についての質問を取り上げます。(必ずお客様から聞かれる質問なので。。。) Question : SCCM のサーバー環境構築に証明書および証明機関のインストールは必須なのですか? Answer : いいえ。SCCMのサーバー環境構築に、証明書や証明機関の構築は必須ではありません。 ただし以下の機能を評価する場合には、必須となります。– インターネットクライアントの管理 SCCM では『ネイティブモード』と『混在モード』という2つのサーバーの動作モードが存在します。このモードによって、クライアント、サーバー間の通信方法を設定するのですが、このモードが『ネイティブモード』の場合にのみ証明書と証明機関が必要となります。 Active Directoryが構築されている環境下の、社内ネットワークにあるクライアントを管理するのであれば、『混在モード』で十分です。社外の協力会社のクライアントを、インターネット経由で管理するような要件がない限りは。『ネイティブモード』は不要です。  ネイティブモードと混在モードについての詳細は下記を参照してください。 ネイティブ モードまたは混在モードを選択するhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632431.aspx 『SCCMのサーバーを構築するのに証明機関が必要なのでうまくインストールが進まない』、『SCCMのサイトモードをネイティブモードで動作させると、クライアントとサーバーの通信がうまくいかない』、など証明書やネイティブモードでうまく評価が進んでいない場合には、迷わず SCCM のサイトモードを 『混在モード』 での機能検証を行ってみてください! Y.A and T.F

2

“System Center Data Protection Manager 2007 による Windows Server のバックアップと回復” デモ ストリーミング

 こちらでは、System Center Data Protection Manager (DPM) 2007で、Windows Server のバックアップ機能が如何に拡張されるのかを紹介します。特にWindows Server 2008はバックアップ機能が変更されており、OS単体では、企業で要求されるバックアップの要件に応えることができません。ですので、何らかのバックアップツールが必須になります。SIベンダーの皆さんにヒアリングすると、バックアップツールを標準化している企業はほとんどないということです。Windowsのファイルサーバーや、Exchange Server、SharePoint Server、SQL Server、Virtual Server / Hyper-Vのバックアップが必要であれば、是非、DPM 2007をご検討ください。  以下のURLから、DPM 2007の実際の動作をデモで確認できるストリーミングが公開されていますので、DPM 2007検討の際の参考にしていただければ幸いです。 System Center Data Protection Manager 2007 による Windows Server のバックアップと回復  また、DPM 2007については、こちらのBlogもご覧ください。 以上、お役にたてれば幸いです。   T.F

0

System Center Configuration Manager 2007を利用したWindows Server 2008の展開

  本日は、System Center Configuration Manager (SCCM) 2007を利用したOS展開の手順を紹介します。数年前までは、OS展開といえば誰も見向きもしませんでしたが、何故か最近SCCMを利用してOSを展開したいという要件が急に増えています。以下のURLよりSCCMを利用してWindows Server 2008を展開するための手順を紹介した、デモを含めたストリーミングを参照することができます。 System Center Configuration Manager 2007を利用したWindows Server 2008の展開 展開の対象OSはWindows Server 2008ですが、Windows Vistaでも同じように展開することができます。OS展開のコストを削減したいという方は、是非、上記のストリーミングをご参照ください。 実際にOS展開を行いたい場合は、事前にSCCMのサーバー環境を適切に構築しておく必要があります。SCCMのサーバー構築手順は、以下のBlogをご参照ください。 SCCM 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書 (Windows Server 2008編) SCCM 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書 (Windows Server 2003編) では、皆様のお役にたてれば幸いです。  T.F

0

System Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順書(W2K8編)

2009年2月6日:手順書に追記を加えました。 新しい手順書をダウンロードしてご利用ください(新しい手順書はファイル名が変更されています) — みなさん、こんにちは。 先日Windows Server 2003 環境下でのSytem Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2 サーバーインストール手順をご紹介させて頂きましたので、今回はWindows Server 2008 環境下 でのSytem Center Configuration Manager 2007 SP1 & R2サーバーインストールインストール手順 をご紹介致します。 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Windows Server 2008がIIS7.0を採用していることもあり、 WebDAVの構成や設定などが、Windows Server 2003 環境下での設定手順と異なってきます。 これから Windows Server 2008上でSCCM の評価をご検討されている方々は是非ご活用下さい。 K.T

3

System Center Operations Manager 2007 で提供されている更新プログラムの一覧

こんにちは。 今日は、現在 System Center Operatiopns Manager 2007 で提供されている更新プログラムの一覧を紹介します。Operations Manager の評価中に何らかのトラブルが発生した時、下記の表を参照の上で該当するものがあれば、更新プログラムの適用を検討してみてください。これを適用することによって、全ての問題が解決する保障はありませんが、製品評価中の予期せぬ動作を回避できる可能性があります。 表中の赤色の更新プログラムは、パフォーマンスの低下や、複数の問題を解決するロールアップパッケージになります。また、こちらの Web サイトは英語の情報になりますが、英語の情報はちょっと苦手という方のために、私が使っているメモ(※)も含めておきますので、参考にしてみてください。 なお、これらの情報は私たちプリセールス メンバーがどのような更新プログラムであるかを把握するためにまとめたものであり、これらの更新プログラムを適用することにより、特定のお客様の問題が解決されることを保証するものではありません。   文書番号 タイトル 言語 メモ(※) 1 KB944443 List of issues that are fixed in System Center Operations Manager 2007 Service Pack 1 All (Global) Operations Manager 2007 SP1 の修正一覧 2 KB949969 Some data partition tables that exceed the data retention…

0

Office SharePoint Server 2007のセキュリティ強化と運用管理コストの削減ができる純正品紹介

SharePointサイトを、安全に、外回りの営業に公開したいとか、標準のバックアップツールが貧弱だけど、別途購入するには価格が高すぎるといったことはないでしょうか?このようなセキュリティ強化や、運用管理を楽にする製品を、マイクロソフトが出荷しているのはご存知でしょうか? 2008年4月23日に開催された、”Microsoft Office SharePoint Server コンファレンス”にて、これらの製品の紹介を行ったセッションがあり、そのストリーミングが以下のサイトで公開されています。 Office SharePoint Server 2007の運用管理を支える製品群 http://www.microsoft.com/japan/forefront/serversecurity/sharepoint/Office_SharePoint_Server2007.asx 紹介している製品は、以下の5製品です。 SharePointを安全に社外へ公開する製品: Intelligent Application Gateway 2007 SharePoint専用アンチ ウィルス製品: Forefront Security for SharePoint バックアップと回復: System Center Data Protection Manager 2007 稼働監視製品: System Center Operations Manager 2007 構成管理製品: System Center Configuration Manager 2007 1製品10分程度で、デモと製品概要を紹介しています。マイクロソフトの純製品で、かつ他社の同等の製品よりも安価です。お忙しいとは思いますが、是非一度、上記のストリーミングを見てください! T.F

0

SQL Server 2005 Reporting ServicesをWindows Server 2008へインストール、構成する方法

<<<<<2008年12月15日にSQL Server 2005 SP3が公開されました。>>>>> <<<<<<SP3を適用すれば、こちらで紹介している手順は不要です。>>>>>> <<<<<<<<<詳しくは、こちらのBlog記事をご参照ください。>>>>>>>>>   Windows Server 2008上に、Operations Manager 2007 SP1や、Configuration Manager 2007 SP1 / R2をインストールした際に、レポーティング機能が利用できないという経験をされた方がいらっしゃるのではないでしょうか?これは、Operations Manager や、Configuration Manager側の問題ではなく、SQL Server 2005 Reporting Servicesが、Windows Server 2008上で稼働するように構成されていないことが原因です。   ということで、本日はWindows Server 2008上でSQL Server 2005 Reporting Servicesを稼働するように構成する方法を紹介します。   SQL Server 2005 Reporting Servicesの構成については、以下の2つのURLに記載があります。   1.     How to install and how to configure SQL Server 2005 Reporting Services…

1