10 deploys per day VS the lead time is less than 3 hours – How do we get to know if we are a decent DevOps team?

As a DevOps evangelist, when I meet a lot of people who say “Hey, We have already installed DevOps.” However, a lot of them are just using “the DevOps tools”. 🙁 No collaboration among Dev and Ops. Also the lead time, from committing a source code into the repository to release to the production environment,…

3

DevOps interview : Part 4: DevOps interview Kazuhiro Watanabe on 10 deploys per day on Azure with OSS

I talked with Kazuhiro Watanabe, the CEO of Yorugata, which is known for service development for mobile. Kazuhiro implemented a “10 deploys per day” environment using Microsoft Azure and open source products. He is a co-author of Studying Continuous Integration by CakePHP (CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション).Enjoy this interview! LIVER NOTES INTERVIEW Tsuyoshi: Hello, Kazuhiro! Can I interview you…

0

DevOpsインタビュー: 第 4 回 よるガタ渡辺さん 10 deploys per day on Azure with OSS!

今日の DevOps インタビューは、よるガタの渡辺さんにお伺いしました。よるガタ様はスマートフォンを用いたサービス開発を得意とする会社様です。 渡辺さんは Microsoft Azure 上でオープンソースを使って、10 deploys per day の環境を実現されています。さらに、渡辺さんは、継続的インテグレーション (といいつつ、CD や IaC までカバーしている) この書籍『CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション』の著者の 1 人でもあります。これは楽しいノウハウが聞けそうですね。ではインタビューを楽しんでください! LIVER NOTES インタビュー (以下敬称略) 牛尾: はじめまして渡辺さん。DevOps に関してインタビューさせてください。 渡辺: よろしくお願いします。 牛尾: 私は増渕という別のエバから渡辺さんのことを聞いて、いてもたってもいられず、インタビューをお願いさせいただきました! なんか、こう、ガチのにおいがしたんですよね! 渡辺: (笑) 牛尾: 渡辺さんは、確か継続的インテグレーションに関する本を書かれておられましたよね? 渡辺: はい。『CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション』を共著で書きました。 牛尾: 継続的インテグレーションに取り組まれたのはどういう切っ掛けだったのですか? 渡辺: はい。切っ掛けは 2012 年に福岡で行われたPHP MATSURI 2012 で、先ほどの本の共著者でもある吉羽さんのプレゼンテーションを聞いて継続的インテグレーションや継続的デリバリに興味を持ち始めたのがきっかけです。昔はテストは書いていましたが、書きっぱなしでした。吉羽さんが、講演で CI/CD の話をして、デプロイしたらツイッターでつぶやくみたいなことをしていてかっこいいなと刺激を受けました。ちょうどその時に始まった案件で、CI の予算をとってもらうことができて、実践し始めました。 牛尾: ちなみにこの本タイトルは、継続インテグレーションですけど、それ以上の内容ですね。Infrastructure as Code とか、継続的デリバリも入っていて相当濃厚な内容ですね。 渡辺: 私も初めて取り組んだ時に、Jenkins…

0

DevOpsインタビュー: 第 3 回 楽天さんのDevOpsについて聞いてみた ~後編:スモール チーム・マイクロ サービス・DevOps がエンタープライズに与えるインパクト~

後半戦では、なぜ楽天さんのような大手企業で DevOps が今必要とされるのか? ということを話してくださいました。楽天川口さんが考える、今の大手企業に必要な 3 つの要素とは? ぜひお楽しみください! 牛尾: 川口さんは、DevOps 会議をなぜ始めたのですか? どういうパッションがあったのですか? 川口: きっかけは、2009 年に知り合ったアジャイル コーチの Ed Kraay が、いま米 Yahoo! で仕事をしていて、8 月の Agile Conference で Yahoo! の事例としてDevOps とリリースの話をしたんです。 牛尾: この人ってもしかすると Rakuten Conference で来る人ですか? 川口: はい。今年は DevOps セッションが充実していて、この Yahoo! の方、そして、もちろんマイクロソフトの DevOps グルも来てくれます。さらに、Ryuzee さん、DevOps with chocolate,lego and scrum gameの Dana Pylayeva さんもあつまります。 牛尾: おー、これは豪華ですね! ちなみにそのYahoo!の人にどうインスパイアされたのですか? 川口: 新興の Netflix…

0

DevOps interview : Part 2. Yasunobu Kawaguchi and Kotaro Ogino on Challenging for silos

DevOps guys always encounter the “silo” problem. How do they conquer it? Stay tuned! Tsuyoshi: Then, could you tell me about the “People” element? Kotaro: In terms of opinion, we had some conflict between Devs and Ops. Tsuyoshi: How did you kaizen it? Kotaro: We showed them some positive outcome. After automating their system testing,…

0

DevOpsインタビュー : 第 2 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた ~中編: DevOps へのチャレンジ: サイロとの壊し方~

DevOps の導入で頻繁に発生するサイロ問題。この問題にどう取り組めばいいでしょうか? 牛尾: Product の側面についてお聞かせいただいたので、次は People についてお聞かせください。どういう箇所が荻野さんにとって難しかったですか? 荻野: システム テストの自動化自体、テスト側、開発側で意見の相違がありました。 牛尾: それをどう改善しましたか? 荻野: メリットを具体的な結果として見せました。自動化してみて、壊れてもすぐにわかるとかが伝わると徐々に自動化いいよねとなってきました。 家永: そういう風にムードが変わっていった大きなきっかけはありますか? 荻野: スモーク テストですね。例えば、検索エンジンに対して1件だけ検索する単純なテストを書きます。ところが、日本人じゃない人は日本語処理の優先順位が低いのでそもそも、文字化けしていても気づかなかったりします。しかし、それは日本の市場では最優先事項の 1 つです。ですので、そのスモーク テストに日本語のテストを加えると、すぐに気づいてもらえるようになりました。そして、彼らもその重要性にも気づいたようでした。 牛尾: 確かにそれは彼らにとっては気づかなくてしかたがないですよね。では、Dev と Ops の関係についての話はありますか? 荻野: 別組織ですのであまり僕の口から言えることは少ないのですが。彼らも Infrastructure as Code の技術つまり Chef/OpenStack 等を使っていて、インフラの構成なども継続的インテグレーションの仕組みを使って管理、自動化しています。 牛尾: さすがですね。 川口: 最近、DevOps 会議 (本当の名前は長いので省略) というのをやってみたんです。 荻野: 過去にはせっかくそのような仕組みがあるのですが、開発側と連携していませんでした。しかし、今ちょうど、Dev と Ops の自動化ツールを結合しようという動きが出てきています。 牛尾: 面白いですね。どちらも高度な技術をつかっているのに、それが最初から連携して使われるとは限らない感じですね。 牛尾: では、関連してなのですが、Dev と Ops をはじめとするサイロがどこの会社さんでも課題になっていると思います。このようなサイロはなぜ発生してしまうのでしょう? 荻野:やはり、お互いのことが理解できていないのだと思います。例えば…

1

DevOps Interview : Part 1. Kotaro Ogino on Continuous System Testing

As a DevOps evangelist in Japan, I’d like to introduce some cool DevOps guys in Japan.This is not only Microsoft technologies, but also non-Microsoft technologies. Rakuten DevOps practitioners on transitioning to DevOps I asked about the transition into DevOps on Rakuten. Rakuten is one of the biggest electronic commerce and Internet company based in Tokyo,…

0

DevOps インタビュー : 第 1 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた ~前編: 継続的システムテストの実力~

このコーナーでは、Microsoft Corporation DevOps エバンジェリストの牛尾が Microsoft/non-Microsoft にかかわらず DevOps について面白いことを実施している会社・個人の皆様にインタビューして、英語と日本語の両方でブログ公開してみようという企画です。毎回違う角度から DevOps に取り組む人々にお話をお伺いしてそれを皆さんと共有したいと思います。 お楽しみに! 第 1 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた~前編: 継続的システム テストの実力~ 今回の DevOps インタビューは、楽天株式会社様です。日本で有数の規模の EC サイトを展開しておられ、ほかにも最近はクレジット カードのビジネスも絶好調。中にいる技術者の人も高スキルな人が目立ち、大手企業ですが、ベンチャーの気質を持っておられます。さらに、社内公用語を英語にして、グローバルな人材確保や、グローバルビジネスの展開でも成果を上げてきた日本有数の企業様です。 今回のインタビューでは、最も難易度が高い継続的システム テストのお話しそして、大手企業が DevOps に今取り組む必要がある理由などをお話しいただけました。 本日の DevOps な皆さま 荻野さん: 楽天の開発サポート グループで 20 個ぐらいのプロジェクトの自動化を担当しているテストと自動化のプロフェッショナル 高橋さん: 荻野さんと一緒に自動化の支援をしている。スペインで仕事をしていた 川口さん: 楽天のアジャイル コーチ。日本でのアジャイルの第一人者の一人。 家永さん: 永和システムマネジメントのアジャイル コーチかつ、TDD 等のテスト技術のプロフェッショナル (以下敬称略) Tsuyoshi: 米マイクロソフト所属 シニア テクニカル エバンジェリスト – DevOps インタビュー…

0

DevOps インタビュー: Jez Humble on Microservices

このコーナーでは、Microsoft Corporation DevOps エバンジェリストの牛尾が Microsoft/non-Microsoft にかかわらず DevOps について面白いことを実施している会社・個人の皆様にインタビューして、英語と日本語の両方でブログ公開してみようという企画です。毎回違う角度から DevOps に取り組む人々にお話をお伺いしてそれを皆さんと共有したいと思います。 お楽しみに! Jez Humble on Microservices DevOps Enterprise 2015 に参加した時に、Continuous Delivery で著名な Jez Humble (http://jezhumble.com/) が Microservices について講演した時にてっきり Lean Enterprise の講演をするかと思いきや思いっきり Microservices の話で面白かったのでインタビューをしてみました。彼は DevOps の世界でも 1, 2 を争う人です。英語ですが楽しんでください! 【お詫び】 インタビュー中で、翻訳されたばかりの Lean Enterprise という発言がありますが、インタビューの時点ではまだ翻訳版が出版されていません。 I interviewed Jez Humbe who is famous for Continuous Delivery and Lean Enterprise….

0