【DevOps Enterprise 2015 参加レポート】第 2 回 – DockerによるDevOpsソフトウェアサプライチェーンの改善

10 月 19 日 ~ 21 日 San Francisco で開催された DevOps Enterprise 2015 参加レポートの第 2 弾です。お楽しみください。 Immutable Awesomeness – Josh Corman and John Willis [View:https://www.youtube.com/watch?v=-S8-lrm3iV4:0:0] https://www.youtube.com/watch?v=-S8-lrm3iV4 Immutable Awesomeness – Josh Corman and John Willis at DevOps Enterprise Summit 2015(動画) ※講演スライドはアップロードされていませんが、本動画の中でスライドが見れるようになっています。 前回のTarget 社の事例は組織導入の事例として興味深いストーリでしたが、技術面のストーリとして面白かった発表をご紹介したいと思います。 講演は 2 部構成になっていて、DevOps とセキュリティの関係について、専門家の Josha Corman さんが、そして、Container 主に Docker が導入されることによる、ソフトウェア サプライチェーンの変革についてお話を DevOpsDays の…

0

DevOpsインタビュー: 第 3 回 楽天さんのDevOpsについて聞いてみた ~後編:スモール チーム・マイクロ サービス・DevOps がエンタープライズに与えるインパクト~

後半戦では、なぜ楽天さんのような大手企業で DevOps が今必要とされるのか? ということを話してくださいました。楽天川口さんが考える、今の大手企業に必要な 3 つの要素とは? ぜひお楽しみください! 牛尾: 川口さんは、DevOps 会議をなぜ始めたのですか? どういうパッションがあったのですか? 川口: きっかけは、2009 年に知り合ったアジャイル コーチの Ed Kraay が、いま米 Yahoo! で仕事をしていて、8 月の Agile Conference で Yahoo! の事例としてDevOps とリリースの話をしたんです。 牛尾: この人ってもしかすると Rakuten Conference で来る人ですか? 川口: はい。今年は DevOps セッションが充実していて、この Yahoo! の方、そして、もちろんマイクロソフトの DevOps グルも来てくれます。さらに、Ryuzee さん、DevOps with chocolate,lego and scrum gameの Dana Pylayeva さんもあつまります。 牛尾: おー、これは豪華ですね! ちなみにそのYahoo!の人にどうインスパイアされたのですか? 川口: 新興の Netflix…

0

【DevOps Enterprise 2015 参加レポート】第 1 回 - 米 Target 社の DevOps Journey

10 月 19 日 ~ 21 日 San Francisco で開催された DevOps Enterprise 2015 (http://devopsenterprise.io/) に参加してきましたのでレポートをお届けしたいと思います。 DevOps Enterprise は DevOps や継続的デリバリを組織に導入している人がリーンの考えを自社のバリュー ストリームに持ち込むことを目的としているとあります。DevOps は Dev と Ops が協力してソフトウェア ライフサイクルを改善していく活動ですので、そこに、DevOps の元になっているLeanやAgileの考え方を応用してしていかにその改善をうまくやっていくかということを目的にしています。この改善のためにはマインドセットだったり、プラクティスだったり、テクノロジーだったり様々な要素が関係してきます。 私は DevOps の組織的な導入に興味があったのでこのイベントに参加しました。Gene Kim 氏がホストするイベントです。彼は Phoenix Project という海外では DevOps のバイブルになっている書籍を執筆した人物です。これは熱いですね! 余談ですが個人的に Gene Kim 氏と日本のDevOpsコミュニティについてもお話ししてきました。では是非お楽しみください! 全体的な総括 私は DevOps Enterprise に初参戦させていただきました。セッションは大まかに分類すると、DevOps の組織的導入にスポットを当てたものと、テクノロジーに焦点を当てたものがありました。特にテクノロジーでは、マイクロ サービスが相当ホットなトピックでした。DevOps の楽しいところは、テクノロジーだけではなく、ホットな技術要素にも触れることができるところです! その他の要素として多くの人がフォーカスしていたエリアとして、メトリクスがありました。はやり、マインドセットの転換が最も難しいところで、そのためにもメトリクスが活用されているという印象でした。Docker に関してよく言われるセキュリティに関する講演もいくつかありました。 DevOps 事例もさまざまなケースが紹介されていました。日本ではびっくりしてしまうような大手企業が DevOps…

1

DevOps interview : Part 2. Yasunobu Kawaguchi and Kotaro Ogino on Challenging for silos

DevOps guys always encounter the “silo” problem. How do they conquer it? Stay tuned! Tsuyoshi: Then, could you tell me about the “People” element? Kotaro: In terms of opinion, we had some conflict between Devs and Ops. Tsuyoshi: How did you kaizen it? Kotaro: We showed them some positive outcome. After automating their system testing,…

0

DevOpsインタビュー : 第 2 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた ~中編: DevOps へのチャレンジ: サイロとの壊し方~

DevOps の導入で頻繁に発生するサイロ問題。この問題にどう取り組めばいいでしょうか? 牛尾: Product の側面についてお聞かせいただいたので、次は People についてお聞かせください。どういう箇所が荻野さんにとって難しかったですか? 荻野: システム テストの自動化自体、テスト側、開発側で意見の相違がありました。 牛尾: それをどう改善しましたか? 荻野: メリットを具体的な結果として見せました。自動化してみて、壊れてもすぐにわかるとかが伝わると徐々に自動化いいよねとなってきました。 家永: そういう風にムードが変わっていった大きなきっかけはありますか? 荻野: スモーク テストですね。例えば、検索エンジンに対して1件だけ検索する単純なテストを書きます。ところが、日本人じゃない人は日本語処理の優先順位が低いのでそもそも、文字化けしていても気づかなかったりします。しかし、それは日本の市場では最優先事項の 1 つです。ですので、そのスモーク テストに日本語のテストを加えると、すぐに気づいてもらえるようになりました。そして、彼らもその重要性にも気づいたようでした。 牛尾: 確かにそれは彼らにとっては気づかなくてしかたがないですよね。では、Dev と Ops の関係についての話はありますか? 荻野: 別組織ですのであまり僕の口から言えることは少ないのですが。彼らも Infrastructure as Code の技術つまり Chef/OpenStack 等を使っていて、インフラの構成なども継続的インテグレーションの仕組みを使って管理、自動化しています。 牛尾: さすがですね。 川口: 最近、DevOps 会議 (本当の名前は長いので省略) というのをやってみたんです。 荻野: 過去にはせっかくそのような仕組みがあるのですが、開発側と連携していませんでした。しかし、今ちょうど、Dev と Ops の自動化ツールを結合しようという動きが出てきています。 牛尾: 面白いですね。どちらも高度な技術をつかっているのに、それが最初から連携して使われるとは限らない感じですね。 牛尾: では、関連してなのですが、Dev と Ops をはじめとするサイロがどこの会社さんでも課題になっていると思います。このようなサイロはなぜ発生してしまうのでしょう? 荻野:やはり、お互いのことが理解できていないのだと思います。例えば…

1

DevOps Interview : Part 1. Kotaro Ogino on Continuous System Testing

As a DevOps evangelist in Japan, I’d like to introduce some cool DevOps guys in Japan.This is not only Microsoft technologies, but also non-Microsoft technologies. Rakuten DevOps practitioners on transitioning to DevOps I asked about the transition into DevOps on Rakuten. Rakuten is one of the biggest electronic commerce and Internet company based in Tokyo,…

0

DevOps インタビュー : 第 1 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた ~前編: 継続的システムテストの実力~

このコーナーでは、Microsoft Corporation DevOps エバンジェリストの牛尾が Microsoft/non-Microsoft にかかわらず DevOps について面白いことを実施している会社・個人の皆様にインタビューして、英語と日本語の両方でブログ公開してみようという企画です。毎回違う角度から DevOps に取り組む人々にお話をお伺いしてそれを皆さんと共有したいと思います。 お楽しみに! 第 1 回 楽天さんの DevOps について聞いてみた~前編: 継続的システム テストの実力~ 今回の DevOps インタビューは、楽天株式会社様です。日本で有数の規模の EC サイトを展開しておられ、ほかにも最近はクレジット カードのビジネスも絶好調。中にいる技術者の人も高スキルな人が目立ち、大手企業ですが、ベンチャーの気質を持っておられます。さらに、社内公用語を英語にして、グローバルな人材確保や、グローバルビジネスの展開でも成果を上げてきた日本有数の企業様です。 今回のインタビューでは、最も難易度が高い継続的システム テストのお話しそして、大手企業が DevOps に今取り組む必要がある理由などをお話しいただけました。 本日の DevOps な皆さま 荻野さん: 楽天の開発サポート グループで 20 個ぐらいのプロジェクトの自動化を担当しているテストと自動化のプロフェッショナル 高橋さん: 荻野さんと一緒に自動化の支援をしている。スペインで仕事をしていた 川口さん: 楽天のアジャイル コーチ。日本でのアジャイルの第一人者の一人。 家永さん: 永和システムマネジメントのアジャイル コーチかつ、TDD 等のテスト技術のプロフェッショナル (以下敬称略) Tsuyoshi: 米マイクロソフト所属 シニア テクニカル エバンジェリスト – DevOps インタビュー…

0

DevOps インタビュー: Jez Humble on Microservices

このコーナーでは、Microsoft Corporation DevOps エバンジェリストの牛尾が Microsoft/non-Microsoft にかかわらず DevOps について面白いことを実施している会社・個人の皆様にインタビューして、英語と日本語の両方でブログ公開してみようという企画です。毎回違う角度から DevOps に取り組む人々にお話をお伺いしてそれを皆さんと共有したいと思います。 お楽しみに! Jez Humble on Microservices DevOps Enterprise 2015 に参加した時に、Continuous Delivery で著名な Jez Humble (http://jezhumble.com/) が Microservices について講演した時にてっきり Lean Enterprise の講演をするかと思いきや思いっきり Microservices の話で面白かったのでインタビューをしてみました。彼は DevOps の世界でも 1, 2 を争う人です。英語ですが楽しんでください! 【お詫び】 インタビュー中で、翻訳されたばかりの Lean Enterprise という発言がありますが、インタビューの時点ではまだ翻訳版が出版されていません。 I interviewed Jez Humbe who is famous for Continuous Delivery and Lean Enterprise….

0

はじめまして、マイクロソフトコーポレーション DevOpsエバンジェリストの牛尾です。

皆さま、初めまして。 米マイクロソフトで、DevOpsのエバンジェリストをはじめた牛尾と申します。前職では、10年以上アジャイルやDevOpsの実践やコンサルタントをやっていました。日本の環境ではいろんな意味でアジャイルなどの新しい開発のやり方や新しいテクノロジーを企業に導入するのは大変難しいですが、そういう難しい環境できちんとアジャイルやDevOpsの本質をキープしながら、お客様に価値の出る、お客様に喜んでもらえる導入をお手伝いしてきました。いま新たな一歩を踏み出して、マイクロソフトコーポレーションでDevOpsのエバンジェリストとして参加させてもらえることになりました。皆さまよろしくお願いいたします。 私の趣味はDevOpsという感じなのですが、そうなったきっかけは2011年にAgile Conferenceという世界的なアジャイルのカンファレンスで講演させていただいた際に、Test Driven Infrastructure(だったような)という講演を見たことです。 Infrastructure as Code、そしてインフラをもAutomated testingがなされていました。 今まで想像もしなかったことが、プログラムでできてしまうことが最高にCoolで大変興奮したのを覚えています。これは世界が変わると。それから、ずっとDevOpsを専任でやりたいと思っていたのですが、ついにこの職に就くことができました。本当に皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。  DevOpsは技術面だけではなく、プラクティス、マインドセットも含みますが、今後の開発・運用のスタンダートになる考え方や技術だと思うので、自分もご紹介させていただけるだけで大変興奮しています!  昔にはオブジェクト脳のつくり方という本や、ITエンジニアのためのゼロから始める英語勉強法(これは100%趣味で書いたものです)の執筆をしたりオンラインの記事の執筆もマネジメントから、果ては関数型プログラミングまで書かせていただいて、とても楽しいエンジニアリングライフを送っています。  私はインターナショナルのDevOpsチームに所属しています。国内対応いうより、マイクロソフトのDevOpsのエバンジェリズムの方向性をみんなでディスカッションして決めていくようなエバンジェリストです。  そう書くと英語がすごくできそうなのですがそうでもありません。ほぼ国内で独学で英語を勉強して、これが初めての英語を使った仕事なのです。正直なところ七転八倒していますが、英語を学ぶのも好きなので、米国の実践や技術を輸入するだけではなく、日本からも発信して、素晴らしい情報を日本だけではなく、世界にシェアしていきたいと思っています。 皆様によろこんでもらえるような情報をお届けできるようがんばります! 尚、私はマイクロソフトに所属していますが、このブログは個人の意見であり、マイクロソフトの正式な見解ではないことを先にお伝えしておきます。 では、今後ともよろしくお願いいたします。

0