System Center 2012 によるハイブリッド クラウドの管理 (Data Protection Manager + Azure 編)

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今回は System Center 2012 の中でもサーバー管理に欠かせない Data Protection Manager (DPM) SP1 によるバックアップ機能の強化ポイントについてご紹介いたします。強化というか、もはやクラウド化といっても過言ではないかもしれません。 DPM の話に入る前に、少しだけ Windows Azure Online Backup という機能をご紹介させていただきます。こちらは文字通り Windows Server 2012 で利用可能となるサーバー データをクラウドにバックアップしたり、クラウドからデータを復元することが可能な機能です(2012年9月25日現在はプレビュー版です)この機能を活用することで、データの紛失や破損を防ぎ、いわゆる業務継続化計画 (BCP) の対策としてもご活用いただけると思います。 図: Windows Azure Online Backup の概要  さて、肝心の DPM ですが、こちらもハイブリッド クラウドの名前に恥じない素晴らしい機能が SP1 から搭載されることになります。内容はシンプルで、バックアップのデータをこれまでの DPM と同様にローカルに置いておくこともできるし、クラウドに直接置いておくこともできる、というものになります。 画面: DPM からバックアップ先を選択 このサービスを利用すると、IT 管理者はサーバー データを物理的な遠隔地にバックアップしたり、そこから復元することができるうえ、オンプレミス型のバックアップ ソリューションに比べて追加投資も少なくてすみます。 いくつか具体的な利用イメージをビデオにしてみましたのでご紹介します。 (1) 環境構築 [View:http://blogs.technet.com/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-95-42/6283.SCBlog_5F00_DPM01_5F00_AzureBackupConfig.wmv] (2) バックアップの実行 [View:http://blogs.technet.com/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-95-42/4527.SCBlog_5F00_DPM02_5F00_Protection.wmv] (3)…

0