System Center 2012 による Mac および Linux のウイルス対策

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今日は、ウイルス対策のお話です。ご存知の方が意外と少ないのが非常に残念なのですが、System Center 2012 Endpoint Protection (SCEP) の現在リリースされているバージョンでは、Windows だけでなく Mac や Linux のウイルス対策を行うことができます。 ボリューム ライセンスをご契約の方は Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) からダウンロードできるようになっておりますので、ぜひご確認ください。 ご参考までですが、すでにリリース済みの製品なので、サポート ライフサイクルも公開されています。(こちら) また、システム要件についても同梱されているヘルプファイルに記載されているので以下にまとめます。 Mac の要件 Linux の要件 プロセッサー 32 bit, 64 bit – OS Mac OS X 10.6 以降 2.2.x, 2.4.x, 2.6.x の Linux OS カーネル メモリ 512 MB 32 MB 空きディスク容量 100…

0

[新着コンテンツ] SCVMM, SCDPM, SCOM, SCSM, SCO 環境構築手順書リリース (2012/10/10)

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今日は、再び System Center に興味がある皆様へのうれしいお知らせがとございます。8 月に SCCM 2012 やプライベートクラウドの構築ガイドを公開させていただきましたが、今回は更に 3 つの新着ドキュメントのご用意ができました。 いずれも非常に System Center に精通した日本のパートナー企業様に記述いただいておりますので、内容の質と完成度は満足いただけること間違いなしだと思います。もちろん、私自身もしっかりと熟読させていただきました。  ダウンロード Hyper-V ベースの仮想環境評価ガイド (内容)マイクロソフトの仮想化基盤 Hyper-V と、その運用管理を担う System Center 2012 Virtual Machine Manager (SCVMM) および System Center 2012 Data Protection Manager (SCDPM) を活用した Hyper-V ベースの仮想化環境構築方法を画面キャプチャ付きで詳しく解説したドキュメントです。 ダウンロード System Center 2012 Operations Manager ステップバイステップ手順書ガイド (内容)System Center の中でも稼働監視を中心とした運用管理機能を担う System Center 2012 Operations Manager (SCOM)…

0

[イベント告知] ITPro Expo 2012 @ 東京ビッグサイト で会いましょう!

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今回は 10/10 – 10/12 に東京ビッグサイトで開催される ITPro Expo 2012 の告知をさせていただきます。 System Center は今回3つのセッションをご用意させていただきましたので、ぜひお時間にご都合がつきましたら、ご参加いただければ幸いでございます。いずれのセッションも、System Center 2012 の最新バージョンとなる SP1 中心のものとなります。   10/10 11:30 – 12:10 これから始まるハイブリッド クラウド時代の運用管理手法スピーカー: 佐藤 芳樹 ——————————————————————— 10/11 11:30 – 12:10  マイクロソフトが提供する運用管理製品 System Center の今とこれからスピーカー: 高添 修 ——————————————————————— 10/11 14:15 – 14:55  

0

System Center 2012 によるハイブリッド クラウドの管理 (Operations Manager + Azure 編)

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 ハイブリッド クラウドの管理シリーズの第 3 回となる今回は、System Ceter 2012 SP1 からでてくる世界中に外部公開されている Web アプリケーションを管理するためのクラウド ベースの新機能のご紹介です。この機能は System Center 2012 Operations Manager (SCOM) SP1 に搭載されるグローバル サービス モニター (GSM) という名称でリリースを予定しています。 では、どんなことが実現できるのかをもう少し見ていきましょう。簡単に言うと、Visual Studio で開発した Web アプリケーションのテストを代行するようなイメージです。Visual Studio には Visual Studio Web Test という開発者が実行テスト用のスクリプトを作成して、アプリケーションのスケールとパフォーマンスが意図したとおりであるかどうかを確認できるようにする機能があります。このテスト機能を使うと、実運用中の Web アプリケーションに対してポイント&クリック方式のスケーラビリティテスト、レスポンス確認テストなどを行うことができ、Web アプリケーションの機能テストを一連の流れとして行なうことができます。 GSM では、Visual Studio Web Test を Operations Manager 経由で受け取り、実運用中の Web アプリケーションに対してそれらのテストの実行、および実行結果の取りまとめをすることができる機能となります。 図: グローバル サービス モニターの概念図 ちなみに実際に動かしてみるとこんな画面で世界中で動いている監視対象のアプリケーション情報を管理することができます(正確には、日本では今現在はテストできないので「できるようです」ですが。。)画面の内容は、左上が管理対象のアプリケーションの配置とステータス、右上がアプリケーションのレスポンスタイム、左下が実行中のテストのステータス、右下がアラート、となっています。…

0

System Center 2012 によるハイブリッド クラウドの管理 (Data Protection Manager + Azure 編)

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今回は System Center 2012 の中でもサーバー管理に欠かせない Data Protection Manager (DPM) SP1 によるバックアップ機能の強化ポイントについてご紹介いたします。強化というか、もはやクラウド化といっても過言ではないかもしれません。 DPM の話に入る前に、少しだけ Windows Azure Online Backup という機能をご紹介させていただきます。こちらは文字通り Windows Server 2012 で利用可能となるサーバー データをクラウドにバックアップしたり、クラウドからデータを復元することが可能な機能です(2012年9月25日現在はプレビュー版です)この機能を活用することで、データの紛失や破損を防ぎ、いわゆる業務継続化計画 (BCP) の対策としてもご活用いただけると思います。 図: Windows Azure Online Backup の概要  さて、肝心の DPM ですが、こちらもハイブリッド クラウドの名前に恥じない素晴らしい機能が SP1 から搭載されることになります。内容はシンプルで、バックアップのデータをこれまでの DPM と同様にローカルに置いておくこともできるし、クラウドに直接置いておくこともできる、というものになります。 画面: DPM からバックアップ先を選択 このサービスを利用すると、IT 管理者はサーバー データを物理的な遠隔地にバックアップしたり、そこから復元することができるうえ、オンプレミス型のバックアップ ソリューションに比べて追加投資も少なくてすみます。 いくつか具体的な利用イメージをビデオにしてみましたのでご紹介します。 (1) 環境構築 [View:http://blogs.technet.com/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-95-42/6283.SCBlog_5F00_DPM01_5F00_AzureBackupConfig.wmv] (2) バックアップの実行 [View:http://blogs.technet.com/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-95-42/4527.SCBlog_5F00_DPM02_5F00_Protection.wmv] (3)…

0

System Center 2012 によるハイブリッド クラウドの管理 (AppController + Azure 編)

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今回から複数回に分けて System Center 2012 が実現するハイブリッド クラウドの管理についてご紹介させていただきたいと思います。初回のテーマは、Windows Azure に新しく搭載される IaaS の管理シナリオです。   まず簡単に System Center 2012 App Controller SP1 でできる Windows Azure 管理の新機能は以下の通りとなります。  新機能①: イメージファイルや仮想ハードディスクから Windows Azure 上に仮想マシンを展開、操作  新機能②: App Controller 管理ポータルから Windows Azure 上の仮想マシンへのリモートデスクトップ接続  新機能③: Virtual Machine Manager で管理されている仮想マシンを Windows Azure へ移行  新機能④: Virtual Machine Manager で管理している仮想マシン テンプレートを Windows Azure へ展開   いくつか具体的な利用イメージをビデオにしてみましたのでご紹介します。  …

0

System Center 2012 SP1 ベータ版 提供開始のお知らせ

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 先週、9 月 5 日 (日本時間) に Windows Server 2012 の General Availability も終わり、いよいよ新時代の幕開けとなりました。そして本日 9 月 11 日 (日本時間) 、 Windows Server 2012 での動作をサポートする System Center 2012 SP1 ベータ版が公開されました。今年 6 月に公開された Customer Technology Preview 2 (CTP 2) では、一部の早期評価シナリオのみの対応でしたが、ベータ版のリリースによってようやく全機能がそろったマイルストーンの公開となります。 System Center 2012 SP1 ベータ版インストーラ:ダウンロード   今後、このブログの中でもどのような機能が新しく搭載されたのかをご紹介させていただきますが、まずは全体の主要機能のみを整理しましたのでご確認いただければ幸いです。 製品 主な機能 App Controller ・Service Provider Foundation (SPF) を利用した仮想マシンの作成および操作をサポート・SPF 間のクレーム ベース認証をサポート・ホスター上に SPF/VMM…

0

[Tech Training] 遂に登場! System Center 2012 技術トレーニング

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。今回は System Center 愛好家の皆様に嬉しいお知らせがございます。 System Center 担当に就任させていただいてから個人的にずっと気になっていた System Center 2012 の技術トレーニングが存在しないという問題が遂に解決されることになりました。多大なるご協力をいただいた NEC ラーニング様にはこの場を借りて深く御礼申し上げたいと思います。 今回、開設いただくことになったトレーニングは以下の通りです。 タイトル: System Center 2012 によるプライベート クラウド構築体験ワークショップ 1日目 第一章: Datacenter Virtualization 基礎・マイクロソフト プライベート クラウド ソリューション・Hyper-V・Hyper-V とフェール オーバー クラスター・System Center 2012・Microsoft Assessment and Planning Toolkit (MAP) 6.5 第二章: 仮想環境の管理・System Center 2012 Virtual Machine Manager (SCVMM 2012) の概要・SCVMM 2012 の展開・ファブリック管理・クラウド管理・サービス管理 2日目 第三章: 仮想環境のシステム監視とバックアップ・System Center…

0

System Center 2012 SP1 関連情報と新着の導入事例

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの佐藤芳樹です。 今回の投稿では、System Center 2012 の次のマイルストーンとなる System Center 2012 SP1 について少し解説させていただきます。まずは、本ブログ内で SP1 について触れるのは初めてなので、既出の情報を日本語でお伝えできればと思いますが、今後も継続して SP1 に関するアップデート情報を提供できればと思います。 さて、本題ですが現在出ているSystem Center 2012 SP1 (CTP2 : Customer Technology Preview 2) をベースにご紹介させていただきます。 CTP2 には、System Center 全製品のコンポーネントが含まれており、インストール モジュールと主な利用シナリオのドキュメントが公開されています。このビルドへのフィードバックは http://connect.Microsoft.com/SC から送付いただくことができますので、試していただいた中でお気づきの点がございましたら、ぜひご連絡をよろしくお願いいたします。 項目 URL インストール モジュールのダウンロード URL http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=254659 各製品のドキュメント http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=254803 System Center 2012 は今年4月にリリースされたばかりですが、SP1 になると何が変わるのか。一つ大きなものとしては、Windows Server 2012 への対応があります。CTP2 では Windows Server 2012 RC および SQL Server…

0

System Center 2012で実現するマイクロソフト プライベート クラウドとは

皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトの原田慶子です。 今回の投稿では、System Center 製品を利用して実現することができるプライベート クラウドについて解説させていただきたいと思います。まず、最近よく言われている「サービス」の話をさせていただきます。「サービス」は、普段聞き慣れているものの、把握されていないケースが実は結構多かったりします。ですので、まずは「サービス」の説明をさせていただいてから、クラウドへと話を進めていければと思います。  <「サービス」とは?> IT 部門が一般に行っている業務は、社内外のユーザーに対して提供する「サービス」であると考えることができます。簡単な例として、新しい事業を起こすために新規で社内開発システムを構築したいという依頼が来るケースが考えられます。「サービス」がない状況では、IT  部門はこの依頼に対して、新規サーバー、アプリケーションおよびデータベースなどの必要なものをそれぞれ構築し、依頼者へ提供するというのが一般的だと思います。このような一連の業務は一種のサービスとも考えられます。このようなサービス提供は珍しくはなく、パスワードリセット業務などと同様に一般的な IT 運用業務の一例であると考えられます。  このような「サービス」を活用して資源利用効率の向上や運用コストの削減を実現するためには、パターン化されたシステム構築の流れや一般的なIT 運用業務などを自動化し、更にエンド ユーザー部署からセルフサービスで利用できる仕組みが必要となります。とはいえ、このような仕組みは局所的な自動化を実現するだけでは、真の効率化は図ることはできません。というのも、日々のマーケット動向や法規制の変化に対して、せっかく構築した自動化やシステム基盤の仕組みを迅速に追随していかなければならないからです。これでは、コスト削減や資源の利用効率向上など後回しになり、より複雑で困難な環境になってしまい、迅速なサービスの提供も困難になってしまうからです。 クラウドという概念は、このような業務遂行上の必然性から生まれ、NIST (アメリカ国立標準技術研究所) はクラウドの特徴を以下のように定義しました。 リソースのプール化 どのような機器からもネットワークを経由してアクセス可能 迅速な伸縮性 (スケーラビリティ) オンデマンド セルフサービス (自動化) 課金性  図1 :  クラウドの定義    <マイクロソフトのプライベート クラウドの特徴> マイクロソフトのプライベート クラウド基盤は、この NIST の定義に準拠しており、忠実な製品作りをさせていただいたのが大きな特徴といえます。マイクロソフト自身の、長年のインターネット規模でのアプリケーション運用経験とオンプレミスソフトウェアに関する専門知識を活かすことで、高い柔軟性を持つプライベート クラウドを構築するための製品を提供することができるようになりました。  マイクロソフトのプライベート クラウドは主に、Windows Server と System Center 製品を利用することで構成することができます。マイクロソフトでは、独自のハイパーバイザーを開発し、Windows Server上で仮想環境を作ることにより、多種多様なサービスに対応できる柔軟なプラットフォームを提供しています。そんな Windows Server が提供するサーバー、ネットワーク、ストレージの仮想基盤を基に、日々の業務サービスの標準化、自動化、そしてそれらのプロセスの最適化を System  Center  製品が実現可能にしました。  図 2 では、マイクロソフトのプライベートクラウドが提供するクラウドサービス ライフサイクルの流れを表わしています。 図 2…

0