【Deployment】 WDS だけで Windows 8 を仮想マシンに自動展開するとキーボードレイアウトが英語配列(101/102)になってしまう

##2013.4.19 スクリプトを修正 Windows Deployment Service(WDS) で Windows 8 を仮想マシンに自動展開しようとすると、キー配列が英語(101/102)になってしまいます。そのため、初回ログオン時にキーボードドライバを 106/109 に変更しなければなりません。 何とかこの現象を回避し、日本語でインストールしようと試みているのですがなかなかうまくいかず試行錯誤しておりました。 本件に関し、MVP の 小澤 真之 氏が BLOG にて以下の記事を投稿してくださいました。 WDS で Windows 8 を展開する際に日本語キーボードを設定する http://engineermemo.wordpress.com/2013/04/11/wds-%e3%81%a7-windows-8-%e3%82%92%e5%b1%95%e9%96%8b%e3%81%99%e3%82%8b%e9%9a%9b%e3%81%ab%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%99/ 要約すると、インストールに使用する install.wim ファイルに対して以下のコマンドを実行することで、既定のレイヤードドライバーを 106/109 に変更しておくという方法です。 dism /Image:C:\mount /Set-LayeredDriver:6 これならば言語ごとに install.wim を用意しておけば済むので、今のところ小澤さんが提案してくださったこの方法がベストだろうなぁ考えています。 が、そうはいっても別の(もうすこし変態的な)方法を考えたくなるのが人情というものです。 そこで、以下の PowerShell スクリプトを”インストール完了のタイミングを見計らってホスト側から"実行するってのはどうでしょう。※MDT 2012 Updat1 でタスクシーケンスを使用すれば、インストール完了後に実行できるかも ##仮想マシン名 $VMName = "test" ##設定したいLayeredDriver の値 $LayerdDriver = 6 ##仮想マシンの仮想ハードディスクのパスを取得 $HDD =…


【Management】 VHDBOOT で使用していた VHDX ファイルで仮想マシンを作成して起動しようとしたら 0xc000000e エラー

VHDBOOT で使用していた VHDX ファイル(Windows 8 Enterprise)をメンテナンスしようと、Hyper-V 上の仮想マシンのシステムディスクとして設定し起動しようとしたところ、以下のようなエラーが発生して起動できなくなってしまいました。 回復 お使いの PC は修復する必要があります。 要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません。 エラーコード: 0xc000000e 仰せの通りに回復ツールで回復しようと思い「PCのリフレッシュ」を実行しようとしたところ、今度は以下のエラーが出ました。 Windows がインストールされているドライブがロックされています。ドライブのロックを解除してやり直してください。   VHDX ファイルをマウントして確認してみても、特におかしなところはみあたらず。 調べてみると、0xc000000e エラーは BCD ストアの破損に類するトラブルらしく、ここを修復しないことにはどうにもなりません。 (参考)ブート構成データ(BCD)ストアを理解すれば VHDブート は簡単 http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2009/10/26/3289120.aspx ひとまず仮想マシンに Windows 8 の ISOイメージをマウントして、ISOから起動します。 「今すぐインストール」を脊髄反射でクリックせずに、おちついて「コンピューターを修復する」をクリック。 「トラブルシューティング」を選択。 「詳細オプション」を選択。 「コマンドプロンプト」を選択。 コマンドプロンプトが表示されたら、すかさず bcdedit コマンドでBCDストアの状態を確認してみます。 すると。。。なんと、device エントリと osdevice エントリが unknown ! これじゃ、起動するはずがありません。 ということで、bcdedit コマンドでエントリを正しく修正します。対象となるエントリの  Identifier が {1b09e76-2efa-11e2-aca3-e1d02980083a}  であることは、以下に表示されているとおりです。 起動したい Windows…

2

【PowerShell】仮想マシンのリソース使用量を計測する

※この投稿は、PowerShell Adcent Calender 2012 に参加しています! Hyper-V 上の仮想マシンが使用しているリソースを計測するにはパフォーマンスモニターを使用することができました。 Measuring Performance on Hyper-V http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc768535(v=bts.10).aspx しかし、パフォーマンスモニターの利用になれた方であればまだしも、通常は使用するカウンターの選定など、ちょっと面倒な面も否めません。 そこで、Windows Server 2012、Windows 8 に実装されている Hyper-V では、ゲスト OS のリソース使用量を容易に計測できる Windows PowerShell コマンドレットが用意されました。Measure-VM です。 パフォーマンスモニターが仮想マシンの正常性を計測することを主目的としていたのに対し、このコマンドレットの主な目的は「課金」です。例えば、ホスティングを担当する企業による利用を想定しています。 Measure-VM コマンドレットを使用すると以下の数値を取得することができます。 CPUの平均使用量(MHz) メモリの平均使用量(MB) メモリの最大使用量(MB) メモリの最少使用量(MB) ネットワーク(送信)の総使用量(MB) ネットワーク(受信)の総使用量(MB) ディスクの使用量(MB) ここで、CPUの「使用率」ではなく「使用量」であることに注意してください。先にも書いた通り、Mesure-VM の主目的は「課金」です。よって、CPU の使用率では意味がありません。なぜならば、使用している物理マシンによって使用率が変わる可能性が大きいからです。よって、Mesure-VM は使用率ではなく実際にゲスト OS が使用した CPU の使用量を MHz で出力するように設計されています。 ネットワークについても同様です。帯域の使用率ではなく、実際に送受信したデータ量を算出してることに注意してください。 いずれも、計測を開始してから Measure-VM コマンドレットを実行した瞬間までを計測します。 では使ってみましょう。 <計測開始> 計測を開始するには、ゲストOS のメータリング機能を有効にする必要があります。以下はゲストOS Server1…


【Active Directory】Windows Azure 仮想マシンに Acive Directory を展開するためのガイドライン 1

Active Directory を Windows Azure 上の IaaS として展開するためのガイドラインが公開されていました。 元記事 Guidelines for Deploying Windows Server Active Directory on Windows Azure Virtual Machines(英語) このガイドラインでは、Windows Azure 仮想マシン(Azure VM)上にADを展開する際の留意点について解説されています。 せっかくですので、内容を補足しつつ、ざくっと日本語で。 —- Windows 2000  とともに登場した Active Directory は、この10年で大きく進化しました。挙げればきりがありませんが、2012年はActive Directoryにとってさらに大きな飛躍の年になります。クラウドへの進出です。まさに飛躍ですね。 上の図でも触れられている通り、これまで Active Directory と Windows Azure の連携には「ハイブリッドクラウドシナリオ」が用意されてきました。Windows Azure上に展開したアプリケーションを利用するための独自に認証基盤を用意するのではなく、オンプレミスの Active Directory Domain Service(AD DS)で認証を行い、Active Directory Federation Service(AD FS)から発行されたセキュリティトークンを使用して、Azure 上のアプリケーションへのアクセスを認可するという方式です。これにより、クラウド上にパスワードを保存することなく、企業内から SSO でクラウドアプリが使用できます。 AD…


マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 3

前回までの投稿は以下の通りです。 マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 1 マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 2 3.2 どこからでも接続 ~ 個人のデバイスから社内に接続する① 個人デバイスとしては、通常のノートPC、そしてタブレット、スマートフォンが挙げられますが、ここではノートPCとタブレットを軸にお話ししたいと思います。 BYOD(Bring Your Own Device)という言葉がはやっているように、個人のデバイスを業務で使用したいという要望が大きいことはご認識の通りです。PC の買い替えのスピードは企業よりも個人のほうが早く、個人のほうが社内支給デバイスよりも高性能のデバイスを使用しています。このことは業務遂行のストレスとなり、生産性の低下を招きかねません。 個人デバイスを業務で使用する場合、もっとも心配なのはセキュリティです。個人デバイスは社内支給のデバイスと異なりセキュリティポリシーが適用しづらい難点があります。そのため、多くの企業では個人デバイスの業務利用を禁止せざるをえない状況だと思われます。また、個人デバイスに保存された情報の流出も心配です。 では、個人デバイスを使用して、安全に業務を遂行させるためのインフラは存在するのでしょうか? はい、存在します。 以下は個人のデバイスを社外から使用することを想定したイメージですが、これは、社内からであっても基本的な考え方は変わりません。 個人のデバイスを使用させる場合に問題となるのは以下の事項です。 どうやって社内リソースにアクセスさせるか どうやって個人デバイスのセキュリティに依存しない環境を提供するか どうやって社内で使用しているアプリケーションと同じアプリケーションを使わせるか そして、すこし欲張りな要望として以下が挙げられるでしょう。 どうやって社内の個人環境を復元するか これまで、多くのIT部門が上記に頭を悩ませ、さまざまなルールを作ってきたはずです。中には破綻してしまったルールも少なくないと思います。 これらのニーズを一気に満たすことができるソリューションが VDI(Virtual Desktop Infrastructure)です。 VDI ソリューションは各社からリリースされており、いずれを選択するかは現在導入されているインフラストラクチャーとの相性によるでしょう。マイクロソフトが提供する VDI のメリットを最大限に生かすのであれば、Active Directory によるユーザーIDおよびコンピューターの集中管理が必須です。 VDI ソリューションを使用すると、以下に示すような運用が実現できます。つまり、社内に用意したクライアントOSに、リモートから入り込んで使用することができます。 すでにご想像通り、リモートから社内に入り込む際に使用するのは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)です。リモートデスクトップによる接続を有効にしたクライアント OS を社内に用意しておき、社外の PC から RDP クライアントを使用して入り込みます。Windows Server とは異なり、Windows XP や…


【MVA】日本語で受講できるオンラインコンテンツ一覧(2012.3.19 現在)

以前以下の投稿をしました。 世界に挑戦してみます? Microsoft Virtual Academy Microsoft Virtual Academy に日本語で受講できるコンテンツが増えました。 Windows 7 を展開する (299ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 1 – プラットフォーム(71ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 2 – 管理(65ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 3 – VDI(43ポイント) System Center 2012 の全体像を理解する(42ポイント) Hyper-V と VMware の混在環境のシンプルな管理(43ポイント) 上記のコースを全て受講しテストに合格すると、563点! 2012年3月19日 10:30現在、日本のトップ10は以下の通りです。 Akira Hatsune さん(904ポイント)RANK:Gold Takahito Yamatoya さん(非公開)RANK:Gold Kenichi…

1

世界に挑戦してみます? Microsoft Virtual Academy

これ、私の現在のランキングです。72ポイント獲得で、日本で12位!世界で51395位!orz シルバーステータスまでもう少しだ! なんのこっちゃわからない方も多いですよね。 マイクロソフトでは、オンラインの学習サイト「Microsoft Virtual Academy」を運営しています。 以下をクリックして、まずはユーザー登録からはじめてください(ぜんぜん面倒じゃありません)。 Click! 要は、ブラウザを使ってオンライン学習して、ポイントかせいでランキングを上げちゃおうってやつです。勤勉な方ほどランクが上がるという、なんともやりがいのあるシステムです。 Virtualization のコンテンツ(以下)が日本語化されてますので、是非とも挑戦してください。 これらをクリアするだけで 71 + 43 + 65 = 179 ! 軽く私のランクを超えます。 近日中に、Windows Server 8 や System Center 2012 の日本語版コンテンツも公開予定です。 国ごとのランキングが出ると、もっとおもしろいんですけどねぇ。

2

マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 1

今回は、マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション について、その全体像を解説します。 1. IT を取り巻く状況の変化 Wikipedia によれば、最初に「コンシューマライゼーション(Consumerization)」という言葉が広く一般の目に触れたのは 2001年のことだそうです。利用者サービスに重点を置いた Web 2.0 が提唱された流れの中で、利用者(消費者、コンシューマー)が活用するオンラインサービスをはじめ、個人が持つPCや携帯電話、その他のデバイスが企業のシステムの一部として活用され浸透していくプロセスをこう呼びました。 Consumerization – Wikipedia, the free encyclopedia ※このサイトに掲載されている Consumerization Report 2011 は面白いので是非とも参照してください 上記サイトに掲載されている Trend Micro Consumerization Report 2011(調査対象は 500人以上の従業員を持つ企業で、回答数は600とのこと)によれば、日本において個人デバイスの利用を許可している企業は、全体の 36% だそうです。これに対してアメリカでは 75%。調査対象の企業規模が不明ですが、レポート中のグラフを参照すると従業員数 1000人以上の企業を対象にしているように見えます。もっと小規模な企業を含めれば、この割合もさらに増えるものと思われますが、それでも 36% の日本企業が、従業員に個人デバイスの利用を許可しているという現状は、正直なところ驚きでした。ただし、具体的なデバイスまでは明確にされておらず、"携帯電話"による通話を許可している場合も多く含まれているものと考えられます。 いずれにしても、国ごとにスピードの差はあれど、間違いなくコンシューマライゼーションは進行しつつあると言えるでしょう。 そうした状況を裏付ける1つの要素と見られる記事が、Techcrunch に掲載されました。 PC の次にくるもの:IWの半数以上が3台以上のデバイスを使用 Here’s What “Post-PC” Looks Like: Over Half Of Info Workers Use 3 Or…


【PowerShell】「仮想マシン」か「物理マシン」かを見分ける 2 ~ (2012.2.15 15:36 追記)

※ 2012.2.15 VMWare Workstation 6.5 – 7.x に関して追記しました(最後尾) ※ 2012.2.15 VMWare ESXi 4.1 に関して追記しました(最後尾) ※ 2012.2.14 VMWare Workstation 8 に関して追記しました(最後尾) 前回の投稿は以下の通りです。 【PowerShell】「仮想マシン」か「物理マシン」かを見分ける 1 前回の投稿では、Windows PowerShell を使用して「仮想マシン」か「物理マシン」を見分ける方法についてご紹介しました。方法といっても、たった1行のスクリプトですが。 では、さらに一歩踏み込んで、どんなタイプの仮想マシンなのかを判断することはできないでしょうか? そのヒントとなるスクリプトが Microsoft Deployment Toolkit  2012(MDT 2012) Beta で提供されていました。 ためしに、上記サイトから MDT 2012 Beta をダウンロードしてインストールしてみてください。以下のスクリプトが見つかるはずです。 C:\Program Files\Microsoft Deployment Toolkit\Templates\Distribution\Scripts\ZTIGather.wsf ※以前のMDTにも含まれていますので無理にダウンロードする必要はありません 以下にスクリプト内から GetVirtualizationInfo という Function を抜粋したものを掲載します。簡単にコメントも追記しておきました。ここに、さまざまな仮想化プラットフォームの識別方法が vbs で書かれています。重要なのはスクリプト内で赤く太字にした部分です。WMI の Win32_ComputerSystem と…

3

【PowerShell】「仮想マシン」か「物理マシン」かを見分ける 1

意識的に PowerShell の投稿を増やしております。まだ Windows PowreShell 未経験のみなさん、始めるなら今ですよ! さて、さまざまな場面に PowerShell が浸透しつつありますし、今後もそれが加速するわけですが、最も基本的なシチュエーションの1つに「仮想環境」か「物理環境」かを識別したい…という場合があります。 最も簡単な方法は、WMI に用意されている win32_computersystem です。 WMI に拒絶反応を示す方もいらっしゃるかもしれませんが、使い方は超簡単です。 PowerShell コンソールから以下のように入力してください。 PS C:\> (get-wmiobject win32_computersystem).model Virtual Machine 上記は Hyper-V 上の仮想マシン上で実行した結果です。結果もシンプルです。 物理マシン上で実行すると以下のような答えが返されます。 PS C:\>  (get-wmiobject win32_computersystem).model 4270CTO 「4270CTO」って何ぞや? これは、物理マシンのモデル名ですね。 Lenovo – ノートパソコン ThinkPad W520 公式直販サイト – Japan 物理マシンか仮想マシンかを判断するのであれば、このように win32_computersystem の回答が「Virtual Machine」かどうかを判断すれば OK です。 え?Virtual PC か Hyper-V かを見分けたい??? できなくはありません。それについては次回。