マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 3

前回までの投稿は以下の通りです。 マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 1 マイクロソフトの IT コンシューマライゼーション 全体像 2 3.2 どこからでも接続 ~ 個人のデバイスから社内に接続する① 個人デバイスとしては、通常のノートPC、そしてタブレット、スマートフォンが挙げられますが、ここではノートPCとタブレットを軸にお話ししたいと思います。 BYOD(Bring Your Own Device)という言葉がはやっているように、個人のデバイスを業務で使用したいという要望が大きいことはご認識の通りです。PC の買い替えのスピードは企業よりも個人のほうが早く、個人のほうが社内支給デバイスよりも高性能のデバイスを使用しています。このことは業務遂行のストレスとなり、生産性の低下を招きかねません。 個人デバイスを業務で使用する場合、もっとも心配なのはセキュリティです。個人デバイスは社内支給のデバイスと異なりセキュリティポリシーが適用しづらい難点があります。そのため、多くの企業では個人デバイスの業務利用を禁止せざるをえない状況だと思われます。また、個人デバイスに保存された情報の流出も心配です。 では、個人デバイスを使用して、安全に業務を遂行させるためのインフラは存在するのでしょうか? はい、存在します。 以下は個人のデバイスを社外から使用することを想定したイメージですが、これは、社内からであっても基本的な考え方は変わりません。 個人のデバイスを使用させる場合に問題となるのは以下の事項です。 どうやって社内リソースにアクセスさせるか どうやって個人デバイスのセキュリティに依存しない環境を提供するか どうやって社内で使用しているアプリケーションと同じアプリケーションを使わせるか そして、すこし欲張りな要望として以下が挙げられるでしょう。 どうやって社内の個人環境を復元するか これまで、多くのIT部門が上記に頭を悩ませ、さまざまなルールを作ってきたはずです。中には破綻してしまったルールも少なくないと思います。 これらのニーズを一気に満たすことができるソリューションが VDI(Virtual Desktop Infrastructure)です。 VDI ソリューションは各社からリリースされており、いずれを選択するかは現在導入されているインフラストラクチャーとの相性によるでしょう。マイクロソフトが提供する VDI のメリットを最大限に生かすのであれば、Active Directory によるユーザーIDおよびコンピューターの集中管理が必須です。 VDI ソリューションを使用すると、以下に示すような運用が実現できます。つまり、社内に用意したクライアントOSに、リモートから入り込んで使用することができます。 すでにご想像通り、リモートから社内に入り込む際に使用するのは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)です。リモートデスクトップによる接続を有効にしたクライアント OS を社内に用意しておき、社外の PC から RDP クライアントを使用して入り込みます。Windows Server とは異なり、Windows XP や…


【MVA】日本語で受講できるオンラインコンテンツ一覧(2012.3.19 現在)

以前以下の投稿をしました。 世界に挑戦してみます? Microsoft Virtual Academy Microsoft Virtual Academy に日本語で受講できるコンテンツが増えました。 Windows 7 を展開する (299ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 1 – プラットフォーム(71ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 2 – 管理(65ポイント) VMware プロフェッショナル向け Microsoft Virtualization: セッション 3 – VDI(43ポイント) System Center 2012 の全体像を理解する(42ポイント) Hyper-V と VMware の混在環境のシンプルな管理(43ポイント) 上記のコースを全て受講しテストに合格すると、563点! 2012年3月19日 10:30現在、日本のトップ10は以下の通りです。 Akira Hatsune さん(904ポイント)RANK:Gold Takahito Yamatoya さん(非公開)RANK:Gold Kenichi…

1

PRO で生成されるスクリプト(サンプル)

$hostName = ‘JUNICHIA03.example64.jp’; $serverName = ‘SCVMM.example64.jp’; $ProtipId = ’23B785AC-2C4C-4C8A-A7DB-2E54A5E9A475′;  $vmErrorCode = ‘1’;  function new-array { $args }   function FailGenericError { Set-PROTip -PROTipId $args[0] -LastError $args[1] -TipStatus Failed; }   function FailHostNotFound { $params = new-array ‘{2D6FA041-3A11-C4A4-0870-43D3DA2A350E}’ $args[1];  Set-PROTip -PROTipId $args[0] -LastErrorOpsMgrString $params -TipStatus Failed; }   function FailNoVMFound {  switch($args[1]) {   1 { $params = new-array ‘{7909730C-BD3A-9639-75A4-C2CAB421E365}’…

1