【Management】System Center Essentials SP1の新機能 - TechNet Magazine 5月号

5月14日配信の TechNet Flash でもご案内しましたが、5月号の TechNet Magazine は Management 特集です。 その中で、System Center Essentials 2007 Sp1 の新機能について詳細に解説されていますので、是非ともご覧ください。もちろん日本語に翻訳されています。 画面が英語版なので、後日、日本語版での検証結果についてもこちらで報告します。 System Center Essentials SP1 の新機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/cc462800.aspx   TechNet Magazine May 2008 http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/cc462914.aspx    

1

【Management】System Center Essentials Sp1適用済評価版 が公開

全国の6500万の System Center Essentials ファンの皆様、大変お待たせいたしました。 System Center Essentials SP1 適用済み評価版がダウンロードセンターで公開されました。 System Center Essentials 2007 Service Pack 1 Evaluation copy – 日本語http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=246df207-f051-47c3-bd64-c9072281c3c8 Essentials  SP1 では以下の機能強化がはかられています。 What’s New in System Center Essentials 2007 Service Pack 1http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc339465.aspx  セットアップ時のログがより詳細にとられるようになりトラブルシュートがしやすくなった ワークグループ所属のコンピュータのサポート SNMP v1 v2 に加えて SNMP v1 のサポート Essentials が動作しているサーバーとは別のコンピュータに Essentials 用の SQL Server 2005 がインストールされている場合、異なるアーキテクチャ(x86 or x64)であってもインスタンスを作成することができる Windows Server…

1

【OpsMgr 2007】SP1 リリース ~ 余談ですが 「配布アプリケーション」あらため「分散アプリケーション」

Operation Manager 2007 Service Pack 1 がリリースされました。 Operations Manager 2007 Service Pack 1 Upgrade Package – 日本語http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=ede38d83-32d1-46fb-8b6d-78fa1dcb3e85 先ほど、同じエバンジェリストの高添から実際に動いているところを見せてもらったのですが、ちょっと感動するくらいに変わっていました。 具体的な修正内容は、以下に書かれている通りです(現時点で英語ですが、日本語ページを準備中とのこと)。 What’s New in Operations Manager 2007 Service Pack 1http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb821996(en-us).aspx Webコンソールやレポートも含めたパフォーマンスの向上 コンソール上の検索ボックスで、ルールとモニタが検索できる SNMP V1/V2 をサポートしたデバイスの監視 ダイアグラムを VISIO のVDX形式で保存 アラートの詳細表示画面でコピペ(ctrl+c / ctrl+v)ができるようになった クラスタ構成を含め、バックアップとリストアが行いやすくなった※OpsMge VSS Writer も実装された! レポートをSharePoint上に発行 ローカライズ製品(日本語版とか)を使用した場合の表示系が改善された などなど…. システム センター Operations Manager 2007 Service Pack 1 に修正される問題の一覧…


DPM 2007 で 保護グループの作成時に 31008 エラーが出る場合の対処

System Center Data Protection Manager 2007 を使用し、エージェントをリモートコンピュータに送り込んだ直後に保護グループを作成しようとすると、リモートコンピュータの資源選択時に以下のエラーが出ることがあります。 前提条件がすべて満たされているにも関わらずこのエラーが出る場合は、エージェントインストール直後であるため、DPM 側への保護コンピュータからの情報収集が完了していない可能性があります。30分程度放っておくと自動的に情報収集が完了しますが、すぐにでも作業を行いたい場合には、以下の操作を行ってください。 DPM管理コンソールを起動する [管理]タブを開く [エージェント]タブを開く 対象となる保護コンピュータを選択し、[操作]ペインの[情報の更新]をクリック エージェントの状態が[OK]に変われば完了  


管理パック開発のためのガイド「Operations Manager 2007 Management Pack Authoring Guide」 (英語)がリリース

OpsMgr 2007 用 管理パックのオーサリングガイドがリリースされました。 申し訳ありませんが、英語版です。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d826b836-59e5-4628-939e-2b852ed79859&DisplayLang=en Operations Manager 2007 用の管理パックを開発される方は必見のドキュメントなのですが、それ以外にも、もっと監視の中身について理解を深めたい方にも有用なドキュメントです。たとえば、ルールとモニタの違いなど、用途の違いがわかりずらい事項についても解説がなされています。 私はまだ読んでいる途中なのですが、お伝えすべき情報があればこちらから発信していく予定です。

1

OpsMgr 2007 の コンピュータディスカバリのプロセス

MOM Team の blog で、Operations Manager 2007 や Essentials 2007 がどのようにコンピュータを検出し、エージェントを送り込むのか流れを示した図が掲載されています。  How does Computer Discovery Work in OpsMgr 2007?http://blogs.technet.com/momteam/archive/2007/12/10/how-does-computer-discovery-work-in-opsmgr-2007.aspx おそらく、予測したとおりだとは思いますが、このように流れが見えると不測の事態の際に現象を把握しやすくなりますね。


SCE : TIPS 2件 を System Center Essentials フォーラムに投稿しました

以下の2件のTipsを System Center Essentials フォーラムに投稿しました TIPS: Essentialsのインストールに失敗する(Error Setting ReportServer Vdirs)   TIPS: チェック中時に Microsoft.interop.security.azroles.dll がグローバル アセンブリ キャッシュに登録されていない  


Essentials :Syslog を収集する

System Center Essentials では、Syslog を収集することができます。 その手順について解説したKBが公開されていますので、よろしければご覧になってみてください。(英語ですみません) How to collect and monitor UNIX Syslogs in System Center Operations Manager 2007 or in System Center Essentials 2007http://support.microsoft.com/kb/942863/en-us #時間があるときに、日本語にして発信しますので….許してください… ちなみに、Essentials(OpsMgrもそうですが)では、Syslogのほかに、リモートのイベントログやテキストログを収集することができます。イベントIDやCSVファイル内の特定のカラムに追加された単語をトリガーにすることができます。 「1日に1回ログを移動して一か所に集めてバックアップしていた」といった作業に面倒を感じていらした方には朗報かと。


Essentials/WSUS : Sysprep で展開したコンピュータのインベントリが取れたり取れなかったりする

久しぶりの更新となってしまいました。 TechNet の System Center Essentials フォーラム でもご質問いただき、以前から書こうと思っていたことを思い出しました。 Essentials を使用して管理対象のコンピュータを検出したまではよいのですが、条件によってインベントリがうまく取得できないように見えることがあります。 もっと具体的に書きますと、コンピュータの一覧に出てくるのですが、1つのコンピュータのインベントリを取得すると、他のコンピュータが「不明」になってしまう…という現象です。言葉ではうまく書くことができず、すみません。おそらく、経験された方は、「あぁ、あれね!」と思われるかと…。 発生条件は、以下の通りです。 Sysprep を使用して1つのマスターイメージを複数のマシンに展開した これは、WSUSで使用している SusClientID という 識別子が重複しているために発生するものです。 よろしければ、サポート技術情報(英語)もご覧ください。 http://support.microsoft.com/kb/903262/en-us この現象を回避するには、上記のサポート技術情報にも書かれているとおりレジストリエントリを削除する必要があります。 具体的には….と詳細を書こうとしましたら、WSUSでもおなじみ、MVP の山近さんがすでに @IT さんにまとめてくださってました。 [Q&A]そこが知りたいWindows Server Update Services(第1回) Q3 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/wsusqa01/wsusqa01_03.html WSUSの記事ですが、Essentials でも同様の対処で回避できます。  


SCE:ソフトウェアと更新ファイルの強制配布について

System Center Essentials には、ソフトウェアの配信機能と、更新ファイルの配信機能があります。どちらも、裏では WSUS が動いています。 簡単にそれぞれの機能を書き出します。 ソフトウェアの配布機能 実行可能な形式のファイルをリモートコンピュータに複製して実行する機能 msi、exe の他、batファイル を配信することもできるので、配布パッケージにインストールファイルを詰め込まず、インストールパッケージをネットワーク共有に保存し、bat ファイルにインストールコマンドを記載すれば配布ファイルを最小サイズに抑えることができる WSUSによって制御されているため、インストールが実行されるのはグループポリシーで設定された配信時間である 配布期限を設定することができる。期限を過去に設定し、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」タスクを使用すれば、「今すぐインストール」することができる 通常はWSUSが自動的にインストールするが、コントロールパネルの「プログラムの追加」にアイコンを表示して利用者にインストールを開始させることも可能 更新ファイルの配布機能 おなじみ、自動更新サービスによるパッチの適用機能 ソフトウェアの配布機能同様、WSUSによって制御されているため、グループポリシーにで定義された時刻に自動更新される。 即時適用の機能は(標準では)無い 独自の更新プログラムを作成して配信することも可能 ここで話題にしたいのは、太字で書いた部分です。 ソフトウェア配信機能は(やりようによっては)即時インストールができます。しかし、更新ファイルには標準機能を使用して即時適用をすることができません。 でもここで??って思いますよね。同じWSUSで制御されているのだから、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行すると更新ファイルも一緒にインストールされてしまうのではないか? 私も疑問に思って、本日実験してみました。 結果ですが、×でした。つまり、「ソフトウェアを今すぐ検出して…」を実行しても、ソフトウェアのインストールは行われますが、更新ファイルのインストールは無視されました。使用しているWEBサービスが違うのでしょうが、具体的なサービス名を調べるところまでは行えませんでした。 よって、以前の blog にも書いたとおり、更新ファイルについてはスクリプトをタスクに登録して実行してあげる必要があります。 まとめると、以下の通りです。 ソフトウェアを今すぐ配信したい場合 パッケージの配信時間を過去に設定して、アクションから「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行する 更新プログラムを今すぐ配信したい場合 以下に示す記事に書かれているスクリプトをタスクに登録して実行する今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その1今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その2 検索編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その3 ダウンロード編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その4 インストール編  タスクにスクリプトを登録する手順は、MOVIEにして後ほどblogにアップします。実は本日作成したのですが、SOAPBOXに「形式が違う」とはねられてしまいました。お待ちください。