SQL Server 2008 R2 のインスタンス監視機能について

ITがコストセンターを脱却し戦略的資産と化した姿を、マイクロソフトは「Dynamic IT」と呼んでいます。 ビジネスニーズに合わせて柔軟にその姿を変えることができるITは、ご存知の通り「仮想化テクノロジー」によって支えられています。SQL Server は Dynamic ITにおけるデータ収集エンジンおよびレポートエンジンとして機能し、多くのマイクロソフトサーバー製品群が基盤データベースとして採用しています。 こうした背景もあり、ここ5年余り、SQL Server の基本コンセプトは「データプ ラットフォーム」から「情報プラットフォーム」へと変化しました。つまりSQL Serverは、格納されているデータを可視化し、ビジネスは当然のこと、ITシステムにもフィードバックができるプラットフォームであることをめざしています。SQL Server 2008 以降、各機能のエンハンスにはそうした考えが強く反映されており、以前にもご紹介したセルフサービスBIは、ビジネスを加速させる情報分析ツールとして、情報プラットフォームビジョンを支える顕著な例です。SQL Server 2008 R2には、これ以外にも情報プラットフォームとして重要なエンハンスがなされています。 今回は、SQL Server 2008 R2の「管理性」、その中でも「インスタンスの正常性を監視する機能」にスポットを当てて「情報プラットフォーム」ビジョンを支える機能をご紹介していきましょう。 SQL Server Management Studio(SSMS) おなじみの管理コンソール。複数のSQL Server インスタンスを1つの管理コンソールから集中的に監視、操作が可能。SQL Server 2008 R2 の管理コンソールでは、SQL Azure への接続も行える。また、[データベース] や [セキュリティ] などの各ノード、およびサブノードを右クリックすると必ず Windows PowerShell でのスクリプティング – スクリプトセンター コマンドが用意されているなど、きめの細かい変更も加えられている。 ユーティリティエクスプローラーとマルチサーバー管理 SQL Server Management Studio に新たに追加されたタブで、「ユーティリティコントロールポイント(UCP)」および「データ層アプリケーション(DAC)」の監視と管理を行うことができる。 UCPとは、複数のサーバーに散在した多数のインスタンスを集中的に監視する単一ポイントであり、特定のインスタンスにデータウェアハウスを作成し、各インスタンスのパフォーマンス情報を集めることができる。 集めたパフォーマンスデータは、事前に定義されている「ポリシー(インスタンスの負荷、データベースの容量)」と照らし合わせ、インタンスが正常値の範囲内かどうかが判定される。その結果はレポートとして表示され、ひと目で全インスタンスの正常性を判断することができる。 ポリシーは、運用に合わせてインスタンス単位で変更することができる。そのため、従来はパフォーマンスログとにらめっこして検証しなければならなかった正常性が、たった1秒で完了できる。 なおレポートは、単にインスタンス群の現状を把握するだけでなく、以下に示す「次のアクション」への誘導灯となる。 新しいデータベース(データ層アプリケーション)の展開先の判断…


「都市伝説 (Urban Legends) を読み解く」を読み解く ~ 必要なデータをフィルタリングする方法

まずはこちらをご覧ください。SQL Server プロダクトマネージャー 北川がBLOGに投稿した記事です。 都市伝説 (Urban Legends) を読み解く – 必要なデータをフィルタリングする方法は!? この中で「PowerPivot で必要なデータをフィルタリングする方法は!?」の項で触れられているレポーティングサービスからのデータ取込みについて補足しておきたいと思います。  PowerPivot for EXCEL 2010 を使用したセルフサービスBIは、今後確実に現場ではやるテクノロジーだと思います。MS社内でも、特に社員教育があったわけでもないのに、気が付けばエンジニアではない多くの社員がマーケティングデータや売り上げデータを PowerPivot を使用して分析しており、「現場は正直だなぁ」と思った次第です。 ただ、セルフサービスBIを社内に浸透させるうえで注意しなければならないことがあります。それはテーブルへのアクセス権です。以前、このBLOGでも触れたことがありました。以下の投稿では、SQL Server のテーブルへの接続権限をエンドユーザーに与える方法について書いたものです。 【SQL】PowerPivotを使用してデータベースに接続するとアクセスが拒否される SQL Server に直接アクセス権を与える方法は確かに手軽ですが、分析に不必要なデータまで提供してしまうことになります。2007年度の分析を行いたいのに、2001年のデータまで含まれていたりとか。また、生データなのでエンドユーザーから見れば無駄なカラムあったり、テーブル構造がエンドユーザーには理解しずらかったりと、その問い合わせによって管理者の手間を増やしてしまう可能性もあります。 そこで、お勧めの方法として用意されているのが、「SQL Server Rporting Service(SSRS)」を使用した方法です。都市伝説を読み解く記事で、北川が触れている方法です。 右の図に書かれている通り、社内の CRM や ERP システムのデータをそのままPowerPivotのデータソースとするのではなく、一端 SSRS を介することで「整理された生データ」として公開することができます。 管理者にとっては、レポートビルダー 3.0 を使ってテーブルを作ってあげるだけですから、エンドユーザーが多くなればなるほどテーブルへのアクセス権を与えるよりもはるかに作業が軽減されます。 レポートビルダー3.0に用意されているデータソースとの接続性は以下の通りです。 SQL Server SQL Azrele SQL Server 並列データウェアハウス(日本未発表) OLE DB SQL Server Analysis Service Oracle…


【SQL】覚書:ユーティリティコントロールポイント(UCP)を削除する

SQL Server 2008 R2 に新しく実装された「ユーティリティコントロールポイント(UCP)」はお使いでしょうか。インスタンス群をまとめて監視できるので、とても便利です。 で、作成したUCPをいったん削除したい場合にはどうしたよいか?(実はつまづきました(恥)) 答えは以下に書いてありますが、ここでも簡単に手順をご紹介しておきます。 ユーティリティ コントロール ポイントを削除する方法 (SQL Server ユーティリティ) http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff487180.aspx ユーティリティエクスプローラーを開く UCPに登録されているインスタンスをすべて登録解除する データコレクターを使用している場合には、すべてのタスクを停止しておく UCPに接続した状態で新しいクエリーを開く 以下のクエリーを実行する EXEC msdb.dbo.sp_sysutility_ucp_remove; 以上で削除完了です。


【BI】PowerPivot 計算列で使用できる Excel の関数

※2010/5/26 BLOG環境の移行により消えてしまった記事を再投稿しました こんにちは。PowerPivot 生活をエンジョイしていますか? PowerPivot には「計算列」という独自の列を追加することができることはご存知の通りです。 例えば、読み込んだテーブルに「単価」と「受注数量」しかない場合には、新たな列「受注金額」に [単価]*[受注数量] を埋め込むことができます。一度定義すれば、すべての行に自動的に定義されるため、とても便利な機能です。 この計算列で使用できる数式言語は DAX(Data Analysis Expression)言語と呼ばれています。DAX言語を使用すると、複雑な計算が簡単に行え、独自の計算列を作成することができます。 DAX言語では Excelでサポートされている関数も使用可能です。ただし、すべての関数が使えるわけではなく、以下に示すものがサポートされています。 日付/時刻関連 論理演算 統計 DATE AND AVERAGE DATEVALUE IF AVERAGEA DAY IFERROR COUNT EDATE NOT COUNTA EOMONTH OR COUNTBLANK HOUR FALSE MAX MINUTE TRUE MAXA MONTH   MIN NOW 算術 MINA SECOND ABS テキスト操作 TIME CEILING, ISO.CEILING CONCATENATE TIMEVALUE EXP EXACT…


【BI】PowerPivot for SharePoint で「ユーザー資格情報の委任を実行できません」が表示される場合の対処(暫定版)

※ 2010/5/26 BLOG環境の移行により記事が一部削除されてしまったため、再投稿しました ↓ 注目コンテンツ ↓ PowerPivot for SharePoint はお試しになりましたか?なかなかいいやつなのですが、セットアップが少々やっかいかもしれません。 というのも、正しくセットアップしたつもりが、以下の現象に見舞われることがあります。 【現象1】 [SharePoint 2010 全体管理]-[アプリケーションの全体設定]-[PowerPivot 管理ダッシュボード]を開くと以下のエラーが表示される  データ接続に Windows 認証が使用されていますが、ユーザー資格情報の委任を実行できません。以下の接続を更新できませんでした。Data 【現象2】 現象1と同じく、[SharePoint 2010 全体管理]-[アプリケーションの全体設定]-[PowerPivot 管理ダッシュボード]を開くと以下のエラーが表示される。  外部データソースへの接続を確立しようとしたらエラーが発生しました。以下の接続を更新できませんでした。 【現象3】 PowerPivot ギャラリーでワークブックを開き、スライサーを操作しようとすると以下のエラーが表示される。  データ接続に Windows 認証が使用されていますが、ユーザー資格情報の委任を実行できません。以下の接続を更新できませんでした。(現象1と同じエラーメッセージ) 【現象4】 現象3 と同様に、PowerPivotギャラリーでワークブックを開いて、スライサーを操作しようとすると以下のエラーが表示される。   外部データソースへの接続を確立しようとしたらエラーが発生しました。以下の接続を更新できませんでした。PowerPivot Data これらの現象が発生したとき、イベントログ([アプリケーションとサービス ログ]-[Microsoft]-[SharePoint Products]-[Shared]-[使用可能])には以下のエラーが出ている可能性があります。   ログの名前: Microsoft-SharePoint Products-Shared/使用可能 イベントID:5252 ソース: Excel Services アプリケーション メッセージ:Excel Service アプリケーションが Windows ID を取得できなかったので、資格情報の委任に失敗しました…


【iPod/iTunes 対応 セミナー動画公開(1)】SQL Server 2008 R2 BI機能によるイベントログの取り込みと分析 全10本

@福岡の安納です。あぁ、腰が痛い…イスって重要ですね… さて、TechNet Edge ってご存知ですか?マイクロソフトが運営するインフラSE向けの動画サイトです。 TechNet Edge 日本語 動画コーナー 実は、TechNet Edge に登録された動画は iTunes からも参照可能です。つまり、iPod にダウンロードできるんですねぇ。iTunes ストアから、「TechNet Edge」で検索してみてください。日本語動画以外も含まれていますが、そんなに数があるわけではないので識別は容易です。   http://itunes.apple.com/us/podcast/home/id321319203 今回公開したのは、以下の10本です。3時間もののセミナーでしたので、結構な本数になってしまいました。  TFセミナー「(01/10) SQL Server 2008 R2 BI によるイベントログの取り込みと分析」 TFセミナー「(02/10) SQL Server 2008 R2 BI によるイベントログの取り込みと分析」~SSISの基礎(1) TFセミナー「(03/10) SQL Server 2008 R2 BI によるイベントログの取り込みと分析」~SSISの基礎(2) TFセミナー「(04/10) SQL Server 2008 R2 BI によるイベントログの取り込みと分析」~SSISの基礎(3) TFセミナー「(05/10) SQL Server 2008…によるイベントログの取り込みと分析」~SSISジョブの自動化 TFセミナー「(06/10) SQL Server 2008…るイベントログの取り込みと分析」~SQL…


【SQL】てっとり早くSQL Server 2008 R2 を理解するための動画が続々公開

SQL Server 2008 R2 のリリースが目前に迫ってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先日サポートエンジニア直伝の動画をご紹介しましたが、ここにきて新たなコンテンツが公開されました。 http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/prodinfo/movie.mspx SQL Server プロダクトマネージャーの松澤による、「動画でわかる SQL Server 2008 R2」シリーズです。 収録はかなり苦労したとのことですので、SQL Server に興味が無い方も、とりあえず松澤だけでも見てやってください。


【BI】PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャと容量制限などを簡単に

いやー、ここ数日の当 BLOG へのアクセス数をみると、見事に人気のない PowerPivot に関する投稿です(笑)。でもいいんです。認知が低いものを訴求するのが私の仕事ですから…(涙)。 興味のある方は 1,048,576人にお1人程度かと思いますが、PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャと、ハードウェア要件および容量制限等について簡単に書いておきます。参考サイトは以下の通りです。 MSDN:PowerPivot Team Blog より PowerPivot Component Architecture PowerPivot for Excel 2010 は Excel 2010 のアドインであることは何度も触れている通りです。このアドインをインストールすると Excel 2010 にデータ分析のための機能が追加されます。これによって、SQL Server Analysis Service(SSAS)を使用することなく、OLAPベースの ピボットテーブル、ピボットチャートが使えるようになるのです。よろしければ以下のサイトも参考にしてください。 【BI】PowerPivot ってなんだ? 「アドイン」であるということはとても重要な概念でして、これを踏まえて以下の図をご覧ください。PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャを表したものです。 ざくっと書いてしまうと、PowerPivot for Excel 2010 Add-In Assembly が PowerPivot を Excel本体にロードし、VertiPaq とエンジンと呼ばれる高速処理機構が圧縮したデータをメモリ上に片っ端から読み込んで処理を行います。PowerPivot の特徴は、「メモリ上で実行する」という点にあり、一切のクエリーや計算はディスクを介さずに実行されます。それによって高速な分析を可能にしています。 それそれのコンポーネントについて、以下に簡単に解説しておきます。 ■ PowerPivot…

2

【BI】イベントログを PowerPivot に読み込んで分析ーその2 分析軸の作成

「イベントログを PowerPivot に読み込んで分析」シリーズです。 はじめに 計画 分析軸の作成 ←今回  PowerPivot for EXCEL 2010 の準備とデータの取り込み 計算列の作成とテーブル間リレーションの作成 ピボットテーブルの作成 今回は EXCEL を使用して分析軸の作成を行います。 前回の話の流れから、以下のシナリオで考えてみます。 シナリオ:時間帯およびサーバーごと、およびサービスごとのエラーの傾向を分析したい ■メジャー(尺度) :エラーの数 ■ディメンジョン(軸) :日時、イベントタイプ、サーバー名、サービス さっそく、分析軸を作成しましょう…といっても大した作業ではありません。単にEXCELのシートを作成するだけです。ここで作成した分析軸を、あとでPowerPivotに読み込みます。 ■日時ディメンジョンの作成 日時ディメンジョンは、イベントの時間的な推移をみるうえでも重要ですし、異なる種類のイベント同志、異なるサーバー間のイベント同志を関係づける際にも重要な軸となります。以下の図を見てください。時間軸が用意されているからこそ、サーバーAとサーバーBそれぞれで発生しているイベントの密度に「同じ時間帯」という関係性を見出すことができます。 パフォーマンスログがとられていれば、以下のようにパフォーマンスとイベント発生の密度の関係を把握することも可能です。 ということで時間軸を作るわけですが、事前に軸の粒度を決めておく必要があります。1秒単位の軸なのか、1分単位なのか、はたまた1時間単位なのか…。これによって分析の粒度が変わってきます。 イベントログを分析する場合、秒単位ほどの細かさは必要ないでしょう。よって、今回は分単位とします。 作成する時間軸の範囲は 2009年12月1日 から 2010年11月30日 の 1年間とします。 ※ 軸を作成するのは Excel 2010である必要はありませんが、ここでは2010を使用します Excel を起動して、適当なシートを開いてください。 はじめに、シートの名前を「時間軸」に変更しておきましょう。 次に、以下のようにシートの1行目に起点となる「2010/12/1 0:00」を入力してください。 これ以降、2010年11月30日 23:59 まで1分単位の値を手で入力するわけにはいかないので、Excel の素晴らしい機能である「フィル」を使用します。以下(左図)のように「フィル」メニューから [連続データの作成] を選択してください。 [連続データ]ダイアログが表示されたら、以下(右図)のように設定します。これは、 選択されたセルを基準にして、列方向に 1分(0:01)単位で2010/11/30 23:59 になるまで加算…


【BI】イベントログを PowerPivot に読み込んで分析ーその1 分析の計画

「イベントログを PowerPivot に読み込んで分析」シリーズです。 ※ SSASと併用したデータマイニング については別の機会に..ということでご了承ください はじめに 計画 ← 今回はここ 分析軸の作成 ※2010/03/30 追記  PowerPivot for EXCEL 2010 の準備とデータの取り込み 計算列の作成とテーブル間リレーションの作成 ピボットテーブルの作成 Business Intelligence という言葉から、BIに関連する機能って「なんか人口知能のようなもの」をイメージしてしまう方もいらっしゃると思います。え?いません!? じ、実は、何を隠そう、私がそうです(恥ずかしい….)。 ということで、今回は「分析の考え方」についてズブの素人なりに説明してみたいと思います。 分析を実行するには、はじめに「何を分析したいのか?」をざっくりと洗い出しておく必要があります。具体的に言えば、分析のための「メジャー(尺度)」と「ディメンジョン(軸)」が明確になっていないと分析に着手することができません。 メジャー(尺度)とは、分析したい数字です。イベントログであれば「イベントの数」が該当するでしょう。 もちろん、「イベントの数」といっても、単なる総数では意味がありません。「いつ発生した」「どのサーバーの」「どんなサービスが出した」イベントの数であるかを明確にすることで、はじめて分析が行えます。具体的には、例えば「3月1日から3月10日のあいだの、DNSに関連したエラー」の数 などです。 この「いつ」や「どの」、「どんな」に相当するのがディメンジョン(軸)です。 メジャーが「売上」であれば、ディメンジョンは「店舗」「商品名」「地域」「日時」「値引き額」などでしょう。 恥の上塗りになるので言いたかありませんが、「ディメンジョン」と聞いて「中学校で習ったXYZ軸」を思い浮かべてしまうと、かえって混乱します。だって、店舗、商品名、地域、日時、値引き額 で既に5次元ですから、立体を頭に思い浮かべようとするとワケが分からなくなります。わたしゃ馬鹿なので、その呪縛から抜け出すために相当な時間がかかりました…ほんとに恥ずかしい話です。だからいまだに Newton とか読めないんですよね…。 話を戻しまして。 イベントログの分析であれば、求められるのは以下のような結果かと思います。 ※ 本当は、ここにパフォーマンスログを重ね合わせたいところですが、ひとまず今回はイベントログだけを見ていきます。 時間帯およびサーバーごと、およびサービスごとのエラーの傾向 不正なアクセスが発生している時間帯 重大およびエラーイベントの発生履歴 サーバーの稼働状況 ・ ・などなど 例えば「時間帯およびサーバーごと、およびサービスごとのエラーの傾向」を分析したいと考えた場合には、メジャーとディメンジョンは以下のようになるでしょう。 メジャー(尺度) = エラーの数 ディメンジョン(軸) = 日時、サーバー名、エラーを出しているサービス ここに「サーバーのメンテナンススケジュール」などを組み合わせられると、SEの夜間作業の正当性を主張する際のネタにもなりますね。 メジャーとディメンジョンがざっくり決まったら、必要なデータを準備します。 メジャーとなる「エラーの数」は、イベントログが格納されているテーブルを集計することで取ってこられますから、事前に準備する必要はありません。 では、ディメンジョンはどうでしょうか?…

2