【Management】System Center Essentials 管理コンソールからWindows Vista へのリモートアシスタンスで接続するとエラー

今週は、富山と新潟に出張に出てきました。出張は嫌いではないのですが、なぜか体重が増えるのが難点です。日曜から高松に移動し、しかも旧友に会う約束もあり….チャレンジングではありますが生ビール3杯/日以下を目標とします。 さて、リモートアシスタンスという機能があることはご存知のとおりです。ターミナルサービス機能で接続し、シャドウセッション機能を使用してネットワークの向こう側のユーザーとコンソールを共有するという優れものです。 System Center Essentials や Operations Manager を使用すると、管理コンソールから直接リモートアシスタンス機能を使用してリモートのサーバーやクライアントに接続することができます。この機能を使用して、クライアントのメンテナンスや、簡単な操作説明なんかが行えます。  (クリックで拡大) が、次の条件で実行すると、以下に示すエラーが発生します。 Windows Vista 上に管理コンソールをインストールしている Windows Server 2008 上に管理コンソールをインストールしている アプリケーション: C:\Windows\pchealth\helpctr\binaries\helpctr.exeパラメータ: -FormStartHelp -urlhcp://CN=Microsoft%20Crporation,L=Redmond,S=Washington,C=US/Remote%20Assitance/Escalation/Unsolicited/SCEUnsolicitedRCUIhtm-ExtraArgumentNOVICECOMPUTER=<ホスト名>&NOVICEUSERID= エラーメッセージ: 指定されたファイルが見つかりません。 これは、helpctr.exe という Windows XP や Windows Server 2003 で使用されていたプログラムが Windows Vista や Windows Server 2008 には含まれていないからです。 Winodws Vista や Windows Server 2008 では、新たに、msra.exe というリモートアシスタンスプログラムが実装されています。ためしに、2008 か Vista のコマンドプロンプトから msra.exe を実行してみてください。以下のような画面が表示されます。 (クリックで拡大) ここで、発行された招待状か相手のIPアドレスを指定してリモートアシスタントサーバー(RAServer.exe)に接続します。 それはそれとして、Essentials…


【Management】【重要】Essentials SP1 適用の前に 3つの管理パックを削除してください

System Center Essentials 2007 SP1 のリリースについてはすでにお知らせした通りです。 【Management】System Center Essentials 2007 SP1 Upgrade モジュール 日本語版 公開 【Management】System Center Essentials に Sp1 を適用する前にバックアップをとりましょう SP1のダウンロードサイトには、重要なメッセージが書かれているのですが、ご存知でしょうか。 NOTE: Before you upgrade SCE SP1, you must first remove the following MPs. Otherwise your upgrade will fail and there is not a recovery path. Office XP 2003 MP Office XP 2007 MP…

1

【Management】Essentials SP1 の新機能紹介 その1 ~複数の自動承認設定

とあるブログで紹介されていたのを見たのですが、これ(YouTubeへの直リンです「Tiny Xevious (PC-6001 Original Song)」)、泣けます。 ちょうど、私が生まれて初めて手に入れた PC が PC6001mk2 でした。僕たちはなにか大切なものを忘れてしまったのかもしれない…などとマイクロソフトの社員が言ってはいけないので言いません。 さて、舌の根も乾かないうちに System Center Essentials Sp1 の新機能をご紹介するコーナーです。 今回は 「複数の自動承認設定」機能について紹介します。 System Center Essentials 2007 は内部にWSUSを持っており、Microsoft Update サイトからダウンロードした更新ファイルを管理下のクライアントに配布(正確にはクライアント側の「自動更新サービス」がとりに来る」する機能を持っています。 このとき、Essentials(WSUS)側で更新プログラムの配布が「承認」されていないと、クライアント側にインストールされません。かといって、1つ1つの更新ファイルを管理者が承認していたのでは、それだけで歳を取ってしまいます。 そこで、特定の分類に属する更新プログラムを自動的に承認する機能が備わっています。SP1 適用前は、この自動承認ルールを1つしか持つことができなかったのですが、SP1からは複数の自動承認ルールを持つことができるようになりました。これは、かなりうれしいです。  規定では、以下のとおりです。「セキュリティ問題の修正プログラムと重要な更新」を「すべてのコンピュータ」に対して自動承認します。 追加する場合には、[追加]ボタンをクリックし、対象となるコンピュータグループと更新の分類を指定すればOKです。ちなみに、分類は以下の中から選択することができます。 Feature packs Service Packs アプリケーション 更新 修正プログラム セキュリティ問題の修正プログラム 重要な更新 ツール 定義更新プログラム  


【Management】System Center Essentials に Sp1 を適用する前にバックアップをとりましょう

つい先日、自宅の近くに「ライオン パーキング」という月極駐車場が存在していることに気がつきました。無性にくやしいです….いろんな意味で…。 さて、System Center Essentials(SCE) SP1 がリリースされたことは先日ご案内しました。すでに適用されましたか? 【Management】System Center Essentials 2007 SP1 Upgrade モジュール 日本語版 公開 SP1をアップグレードするには、事前準備が必要です。 System Center Essentials 2007 SP1 Upgrade Guide(英語)http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc339466.aspx ということで、実際にやってみることにします。 SP1をダウンロードして実行するとウィザードが起動され、それにそってインストールを進めるわけですが、冒頭で「バックアップ」を促す画面が表示されます。 では、実際にやってみましょう。 しなければならないのは、「データベースノバックアップ」「証明書のバックアップ」「サブスクリプションの無効化」「ペンディングとなっているエージェントインストールの削除」の4つです。 それぞれの手順を以下に示します。 データベースのバックアップ バックアップが必要なデータベースは3種類あります。  To back up all Essentials 2007 databases OperationsManager (Essentials サーバーが使用するデータベースです) OperationsManagerDW( レポーティングサービスが使用するデータベースです) SUSDB(WSUSが使用しているデータベースです) 1. SCEデータベースのインスタンスを調査する  以下のレジストリエントリを参照します。  HKLM\Software\Microsoft Operations Manager\3.0\Setup 配下の DatabaseServerName エントリの値がインスタンス名です。 (例)SCEDEMO-SCE\SCE 2. WSUSデータベースのインスタンスを調査します…

1

【Management】System Center Essentials 2007 SP1 Upgrade モジュール 日本語版 公開

追記:2008.05.29  【Management】【重要】Essentials SP1 適用の前に 3つの管理パックを削除してください *** 昨日、最終電車を乗り過ごしまして…気がついたら4つほど先の駅に到着したところでした。幸いにして実家の近くだったので、一晩実家でお世話になり、朝、オフクロの車で駅まで送ってもらいました。今年63歳になるオフクロの車でかかっていたCDがZARDだったのには驚きました…ファンなのだろうか…。 それはともかく、全国 4820万人の System Center Essentials ファンのみなさま、大変お待たせしました。 数日前に、SCE 2007 SP1 適用済み 評価版 についてご案内しました。 【Management】System Center Essentials Sp1適用済評価版 が公開   昨晩、ようやく単体のアップグレードモジュールもようやく公開されました。 System Center Essentials 2007 SP1 Upgrade (x64 & x86) – 日本語http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=20824f84-b98a-4e42-93a7-045a7a58e289  SP1 の新機能については、以下もご参照ください。 【Management】System Center Essentials SP1の新機能 - TechNet Magazine 5月号  

2

【Management】System Center Essentials SP1の新機能 - TechNet Magazine 5月号

5月14日配信の TechNet Flash でもご案内しましたが、5月号の TechNet Magazine は Management 特集です。 その中で、System Center Essentials 2007 Sp1 の新機能について詳細に解説されていますので、是非ともご覧ください。もちろん日本語に翻訳されています。 画面が英語版なので、後日、日本語版での検証結果についてもこちらで報告します。 System Center Essentials SP1 の新機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/cc462800.aspx   TechNet Magazine May 2008 http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/cc462914.aspx    

1

SCE : TIPS 2件 を System Center Essentials フォーラムに投稿しました

以下の2件のTipsを System Center Essentials フォーラムに投稿しました TIPS: Essentialsのインストールに失敗する(Error Setting ReportServer Vdirs)   TIPS: チェック中時に Microsoft.interop.security.azroles.dll がグローバル アセンブリ キャッシュに登録されていない  


Essentials :Syslog を収集する

System Center Essentials では、Syslog を収集することができます。 その手順について解説したKBが公開されていますので、よろしければご覧になってみてください。(英語ですみません) How to collect and monitor UNIX Syslogs in System Center Operations Manager 2007 or in System Center Essentials 2007http://support.microsoft.com/kb/942863/en-us #時間があるときに、日本語にして発信しますので….許してください… ちなみに、Essentials(OpsMgrもそうですが)では、Syslogのほかに、リモートのイベントログやテキストログを収集することができます。イベントIDやCSVファイル内の特定のカラムに追加された単語をトリガーにすることができます。 「1日に1回ログを移動して一か所に集めてバックアップしていた」といった作業に面倒を感じていらした方には朗報かと。


Essentials/WSUS : Sysprep で展開したコンピュータのインベントリが取れたり取れなかったりする

久しぶりの更新となってしまいました。 TechNet の System Center Essentials フォーラム でもご質問いただき、以前から書こうと思っていたことを思い出しました。 Essentials を使用して管理対象のコンピュータを検出したまではよいのですが、条件によってインベントリがうまく取得できないように見えることがあります。 もっと具体的に書きますと、コンピュータの一覧に出てくるのですが、1つのコンピュータのインベントリを取得すると、他のコンピュータが「不明」になってしまう…という現象です。言葉ではうまく書くことができず、すみません。おそらく、経験された方は、「あぁ、あれね!」と思われるかと…。 発生条件は、以下の通りです。 Sysprep を使用して1つのマスターイメージを複数のマシンに展開した これは、WSUSで使用している SusClientID という 識別子が重複しているために発生するものです。 よろしければ、サポート技術情報(英語)もご覧ください。 http://support.microsoft.com/kb/903262/en-us この現象を回避するには、上記のサポート技術情報にも書かれているとおりレジストリエントリを削除する必要があります。 具体的には….と詳細を書こうとしましたら、WSUSでもおなじみ、MVP の山近さんがすでに @IT さんにまとめてくださってました。 [Q&A]そこが知りたいWindows Server Update Services(第1回) Q3 [コンピュータ]にクライアントPCが表示されない(その2)http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/wsusqa01/wsusqa01_03.html WSUSの記事ですが、Essentials でも同様の対処で回避できます。  


SCE:ソフトウェアと更新ファイルの強制配布について

System Center Essentials には、ソフトウェアの配信機能と、更新ファイルの配信機能があります。どちらも、裏では WSUS が動いています。 簡単にそれぞれの機能を書き出します。 ソフトウェアの配布機能 実行可能な形式のファイルをリモートコンピュータに複製して実行する機能 msi、exe の他、batファイル を配信することもできるので、配布パッケージにインストールファイルを詰め込まず、インストールパッケージをネットワーク共有に保存し、bat ファイルにインストールコマンドを記載すれば配布ファイルを最小サイズに抑えることができる WSUSによって制御されているため、インストールが実行されるのはグループポリシーで設定された配信時間である 配布期限を設定することができる。期限を過去に設定し、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」タスクを使用すれば、「今すぐインストール」することができる 通常はWSUSが自動的にインストールするが、コントロールパネルの「プログラムの追加」にアイコンを表示して利用者にインストールを開始させることも可能 更新ファイルの配布機能 おなじみ、自動更新サービスによるパッチの適用機能 ソフトウェアの配布機能同様、WSUSによって制御されているため、グループポリシーにで定義された時刻に自動更新される。 即時適用の機能は(標準では)無い 独自の更新プログラムを作成して配信することも可能 ここで話題にしたいのは、太字で書いた部分です。 ソフトウェア配信機能は(やりようによっては)即時インストールができます。しかし、更新ファイルには標準機能を使用して即時適用をすることができません。 でもここで??って思いますよね。同じWSUSで制御されているのだから、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行すると更新ファイルも一緒にインストールされてしまうのではないか? 私も疑問に思って、本日実験してみました。 結果ですが、×でした。つまり、「ソフトウェアを今すぐ検出して…」を実行しても、ソフトウェアのインストールは行われますが、更新ファイルのインストールは無視されました。使用しているWEBサービスが違うのでしょうが、具体的なサービス名を調べるところまでは行えませんでした。 よって、以前の blog にも書いたとおり、更新ファイルについてはスクリプトをタスクに登録して実行してあげる必要があります。 まとめると、以下の通りです。 ソフトウェアを今すぐ配信したい場合 パッケージの配信時間を過去に設定して、アクションから「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行する 更新プログラムを今すぐ配信したい場合 以下に示す記事に書かれているスクリプトをタスクに登録して実行する今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その1今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その2 検索編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その3 ダウンロード編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その4 インストール編  タスクにスクリプトを登録する手順は、MOVIEにして後ほどblogにアップします。実は本日作成したのですが、SOAPBOXに「形式が違う」とはねられてしまいました。お待ちください。