初の日本語版 Azure Active Directory 専門書~脱オンプレミス! クラウド時代の認証基盤 Azure Active Directory 完全解説

Gartner 社から発表された Magic Quadrant(マジック クアドラント) によれば、Azure AD Premium が IDaaS(Identity and Access Management as a Service)部門で Leader 枠に位置づけられています。 Gartner からリリースされているレポート(無償で読めます)によれば、IAM 分野における IDaaS の採用率は 2020 年までに 40% に上るとみられており、今後ますますクラウド上での IAM に注目が集まりそうです。 Gartner による分析では、IAM を大きな 3 つの機能の集合体であるととらえており、これらの機能が B2B や B2C を問わずさまざまなシナリオで動作することが前提となっています。 IGA(Identity and Governance Management) 少なくとも顧客の持つIdentity ストアとの同期が行え、管理用のインターフェースが提供されていて IDaaS から顧客のディレクトリを管理できる ユーザー自身でパスワードをリセット Identityのライフサイクル管理機能 さまざまなシステムへの自動プロビジョニング アクセスのリクエスト(セルフサービス含む) ポリシーの適用により重要なシステムへのアクセスに対するガバナンス Access 少なくとも、Web プロキシやフェデレーションを使用したアプリへの SSO…

0