Azure AD のごみ箱(recycle bin)

ちょっと小ネタを。 Active Directory にゴミ箱機能が実装されたのは Windows Server 2008 R2 からでした。覚えてます? 実は、Azure Active Directory にもゴミ箱があります。 ちょっと以下の画面ショットをご覧ください。これは、Office 365 に用意されている「削除済みのユーザー」というメニューです。 Office 365 上で削除されたユーザーは、いったんここ(ゴミ箱)に移動されます。移動されたユーザーは、30日後に完全に削除されます。逆に言えば、30日未満であればもとのアクティブなユーザーとして復活することが可能です。 ここであることに気づきますよね。 そうです。Office 365 のユーザー管理簿は Azure Active Directory ですから、そもそも Azure Active Directory 自身にゴミ箱機能があるんじゃないか? まさにその通りです。 現在の旧ポータルで提供されている Azure Active Directory の管理画面では、念ながらゴミ箱を参照することはできませんが、PowerShell を使用すれば確認することができます。 まずは、Connect-MSOLService コマンドレットで Azure AD のテナントにログオンしましょう。 次に、Get-MSOLUser  -RetuenDeletedUsers コマンドを入力してみてください。ごみ箱に入っているユーザーを確認することができます。 削除されているユーザーが、「いつ」削除されたかを確認するには SoftDeleteionTimestamp プロパティを参照します。   このユーザーは 30 日後に削除されるわけですが、それがいつなのか?を確認するには SoftDeleteionTimestamp に…

0

Azure Automation の Webhook 機能が超便利。OMS からの Webhook 呼び出しもサポート。KeyVault と連携すれば面倒な URL 管理も楽々!

Azure Automation はご存知ですか? 数ある Azure の機能の中でも、私が一番好きなものです。Automation を使用すると、Windows PowerShell スクリプトを Azure 上で実行することができます。 Azure 上で実行すると何がうれしいかというと、スクリプトを実行する環境を用意しておく必要が無いのです。 普段あまり意識しませんが、スクリプトを実行するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。 スクリプトを実行するサーバー、またはクライアントが生きている スクリプトによって処理されるターゲットが生きている ネットワークが生きている スクリプト実行に必要なモジュールがインストールされている など。 こうした面倒な環境をすべてクラウドに任せてしまえるのが Azure Automation です。 Azure Automation の概要は以下の動画でどうぞ。 で、Azure Automation には Webhook 機能も実装されています。Webhook とは何かといえば、WEB の API だと思ってください。 普通スクリプトを実行するには、以下のようにスクリプトファイルを PowerShell のコンソールから入力して実行します。 PS C:> ./hogehoge.ps1 Azure Automation だと、スクリプト(正確には Runbook:ランブック と言います)を選択して「実行ボタン」をクリックすれば実行できます。 Azure Automation 上の Runbook は、「スケジュール」機能を使用してスケジューリングすることもできます。その他、Windows Server の機能を使用してスクリプトをタスクマネージャーに登録しておいて、時間が来たり何らかのイベントが発生したら実行する、なんてこともできますよね。 で、注目していただきたいのは以下の Webhook …

0

IT 業界私的英雄"外"伝 ー 嘘のような未来の始まりです!

2007 年 4 月 21 日に日本のマイクロソフトに入社してからまもなく丸 9 年が経過し、10 年目に突入します。 入社して2か月後、大胆にも System Center の発表イベントに登壇し、System Center Essentials という懐かしい製品を担当しました。 あまりの緊張に自己紹介を忘れ、セッション途中でふと思い出し「あ、こんにちは安納です」と東京ダイナマイト張りの自己紹介を行ったことは、いまでは懐かしい思い出です。ホールの後方で見ていた当時直属の上司 長坂さん、奥主さん、田辺さん(今はなぜか V 社に)がずっこけいてる様子がよく見え、「あー、こんな広い会場でも一番後ろの人の顔まで見えるのか」と感動したものです。 ちなみにこのイベントは、現在は会長の樋口さんの登壇デビューでもあり、そういう意味では樋口会長と私は同期であると言えなくもないです(こ、こえぇぇこと言ってる。。。。気がする。。。)。 はじめてのセミナーは、確か Active Directory でした。あの頃はまだ Windows Server 2003 R2 を使っていたはずです。このセミナーは、高添さん骨折によるピンチヒッターでした。まだ新宿のサザンタワーにオフィスがあった時代です。なつかしいですね。Zoomit の使い方に慣れておらず、注目してほしいところに丸をつけるつもりが塗りつぶしてしまうという Zoomit アルアルもよい思い出かと。 初めての出張も、確か高添さんとじゃなかったかな。この辺の記憶が定かではありませんが、場所は仙台でした。 私は前職の影響で「資料のようなスライド」を作る癖がありました。文字がビッチリ書いてあるような。”読めばわかる”資料です。 一方で、高添さんの資料はシンプルなんです。当時の超馬鹿な私から見れば、「え?それでいいんすか?オヤビン?」って感じです。 で、セミナーが始まり高添さんが話し始めて驚きました。 さっきまで「文字が無くてスカスカですけど?」なスライドに明確な意味が出てくるんですよ。スライドとスライドが物語のようにつながってくるんですよ! なんですかこれ!?この感覚、高添さんのセッションに出たことがある方はわかると思うんですが、「この素材にはこの調味料!」的な組み合わせなんです。 「このスライドにはこの説明しかない!」。逆も真です。「この説明にはこのスライドしかない!」んです。スライドと説明が互いに欲しあっているという(いやらしい言い方だな)。高添さんは物語を語るようにテクノロジーを語ります。まるで一流の紙芝居(ってのがあるのかどうかわかりませんが)を見ているような感覚です。 それまで私はスライドで語ろうとしていました。言葉はスライドの補足だと思っていたんですね。だからビッチリと文字を書きこまざるを得なくなるんです。しかし高添さんは全く逆だったんです。伝えるのはスライドじゃなくて高添自身さんであり、主体はエバンジェリストである高添さん自身であると。聖書に語り部たるエバンジェリストがいるように、これこそが テクニカル エバンジェリストに求められている役割なのであると理解したのです。 今でも、忙しいとついついスライドを主体にしてしまいたくなるのです。何でもかんでも書き込むと楽なんですよねぇ~。読めるからww。でも、スライドを極限までシンプルにすると、ストーリーを組み立てて覚える必要があるので時間もかかるし大変なんです。でも、そのほうが聴き手には響くんです。間違いなく。 これを知れたのは、これから始まる私のエバンジェリスト人生にとって非常に大きな収穫でした。 ちょっと話が変わりますが、入社前は Windows Server Management という分野の MVP でした。今は亡き、柳原さんの推薦によるものです。 今だから言いますが、「オレ、ケッコウ、クワシイ、ナカナカ、イケテル、トミタヤスコ、スキ」と思っていましたヨ。 ほんと恥ずかしい(赤面)。 で、こんなオイラなら…

0