Azure Automation の RunBook で Add-AzureAccount を使用する場合の注意

寒くなってまいりました。PowerShell 使ってますか?暖かくなりますよ。たぶん。 Ch9 に PowerShell 日本語専門チャネルを作りましたMastering Windows PowerShell for Japanese 以下の記事は、動画でも解説していますので、デモンストレーションとともにご覧ください。 #01 Azure Automation 概要と Add-AzureAccount 使用時の注意点 PowerShell から Azure サブスクリプションに接続するには Add-AzureAccount コマンドレットを使用します。 Add-AzureAccount をそのまま実行すると、以下のようなサインイン画面が表示されます。 しかし、Azure Automation 上からスクリプトを実行する場合、資格情報の入力を省きたいものです。自動化ですから当然です。その場合は、-Credential パラメタを使用するのが定石です。 Azure Automation には「アセット」として「資格情報」を保存しておくことができます。 例えば、Azure サブスクリプションの管理者アカウントを「資格情報」アセットとして登録しておけば、Azure Automation の Runbook からアセット名を指定するだけで呼び出すことができて便利です。 ただ、1点注意があります。 -Credential に指定できるアカウントは「組織アカウント」だけなのです。 しかし、Azuer サブスクリプションの管理者は、規定ではマイクロソフトアカウントです。hotmail.com とか outlook.jp とかのアレです。これを –Credential の引数として使用すると、以下のようにエラーになります。 同じエラーは 手元のPowerShell のコンソールからも確認することができます。 ためしに、PowerShell コンソールを起動して以下のコマンドレットを実行してみてください。 $cred =…

0

PowerShell スクリプト用の新エディタ登場 ~ Visual Studio Code

Windows PowerShell、使ってますか? 多くの方は、PowerShell のエディタとして PowerShell ISE(Integrated Scripting Environment)を使用していると思います。ISE では Intellisence も使用できて便利です。PowerShell だけ使用しているのであれば、これで十分な気もしますね。 ただ、入力データを編集したり、出力結果を確認するなど、スクリプト以外の作業も必要なわけで、そうなると別のエディタを併用することになります。特に、JSONファイルやXMLファイルなどを ISE やメモ帳で扱うのは非常にうっとうしいです。 そこで、PS1 を含め複数のファイル形式に対応したエディタが望まれるわけですが、つい先日とても素敵なツールが Public Preview 版として提供されました。 Visual Studio Code です。 開発者用の Visual Studio にも PowerShell Extention が用意されているのですが、インフラエンジニアが使うには Too Much な感が否めません。そこで、Visual Studio Code です。その名の通りコード専用エディタで、”余計な”機能は実装されていませんので、使い方はとてもシンプルです。 VS Code の詳しい話はこちらの解説をご覧いただくとして、VS Code で PowerShell スクリプトを扱うためのセットアップ方法が少々難しいので以下で紹介します。 まずは、以下のページから「Codeをダウンロードする」をクリックして Visual Studio Code をインストールしましょう。 VS Code は Linux や MAC…

0