Azure Resource Manager で作成した仮想マシンをキャプチャーする

Azure のリソース管理手法が充実してきて、すごくワクワクしております。 この投稿では、Azure リソースマネージャー(ARM)配下に仮想マシンを作成して、マスターイメージとしてキャプチャーする手順について解説します。 実際の操作方法は動画でも紹介していますので、以下をご覧ください。なお、この動画は Part 7 なのですが、全手順はこちらで参照可能です。 Azure 上にリソースを作成する場合、2つの方法が用意されています。 従来通りの方法(クラシック) リソースマネージャー(ARM)を使用する方法 ARM を有用性については別途きちんと解説したいと思いますが、1 つ利点を挙げるとすればリソース管理の容易さと視認性向上です。 SIer の SE であれば、お客様先に展開するサーバーの構成なんてのは大体決まっているもんで、通常はそれを展開するために手順書なんてものを作ったりします。まぁそれでも間違えたりなんだりで手戻りが発生するわけです。じゃ、スクリプトで自動化するか?なんて意見が出たとしても、意外にスクリプトって理解している人が少ないという。スクリプトは視認性が悪いって面もありますし、個人のクセが色濃くでてしまうので引継ぎしづらいって面もあります。 ARM を使用すると、Azure 内のリソースの属性や、リソース間の関係性を明確に宣言することができます。ARM で作成した仮想マシンや、仮想ネットワーク、仮想ディスク等をテンプレートとして保存しておくと、同じ環境がいつでも簡単に作成できるわけです。PowerShell に DSC(Desired State Configuration)という機能がありますが、DSCがサーバー内のリソース構成を宣言したテンプレートであるのに対し、ARM は Azure 内のリソース構成を宣言したものです。宣言という言い方はわかりずらいですかね。「定義」とでも読み替えてください。 ただ、現時点では難点(というか未実装な部分)がいくつかあります。例えば、仮想ネットワークにゲートウェイを作ることができないとか、仮想マシンをキャプチャしてイメージを作成できないとか。これらはPowerShell を使うと可能ではありますが、残念ながら Azure ポータルからは行えません。 で、本題ですが。 ちょっと ARM 配下の VM をキャプチャしなければならない状況になりまして、せっかくなのでここで手順を簡単にご紹介しておきたいと思います。まだ Preview の機能ですので、今後変更される可能性があることをご承知おきください。 VMをリソースマネージャー配下に作成する 日本語化等、必要な作業を行う Sysprep して一般化しシャットダウンする キャプチャする 1. VM をリソースマネージャー配下に作成する 仮想マシンをリソースマネージャーに作成するには、新ポータルか ARM Explorer、または PowerShell を使用する必要があります。従来のポータルでは作成できないので注意しましょう。今回は新ポータルで行います。まず新ポータルを開いてください。…

2