Azure アプリケーションプロキシー(パススルー)でリモートデスクトップを公開する

2015年10月14日付で、本社の Application Proxy Blog に以下の記事が公開されました。 Publishing Remote Desktop with Azure Active Directory Application Proxyhttp://blogs.technet.com/b/applicationproxyblog/archive/2015/10/14/publishing-remote-desktop-with-azure-active-directory-application-proxy.aspx インフラの設計に大きく影響を与える、重要な機能向上です。 一言でいえば、社内のリモートデスクトップサービスを、Azure アプリケーションプロキシー (パススルー)を使用して社外に公開できるようになったということです。 (参考)Windows Server 2012 R2 Web Application Proxy を使用したRDS(リモートデスクトップサービス)の外部公開については以下を参照してください。Publishing Applications with SharePoint, Exchange and RDGhttps://technet.microsoft.com/en-US/library/dn765486(WS.11).aspx リモートデスクトップ環境を構築する場合、およそ以下のような構成になります。RD Web Access は RDS へのポータル画面です。WEBサービスなので、当然 HTTPS 通信です。実際にRD Session Host や Remote App に接続する際には RDP を使用することになりますが、インターネット上は HTTPS で通信を行い、RD Gateway がプロトコル変換をしてくれます。 今回の機能強化により、MSTSC と RD…

0