【Azure】 No certificate was found in the certificate store with thumbprint に見舞われたら

Windows Azure を Windows PowerShell をはじめとするコマンドラインから管理するためのモジュールが以下からダウンロードしてインストールすることができます。 http://www.windowsazure.com/en-us/downloads/?fb=ja-jp これにより、Windows PowerShell のコマンドレットや、Azure.cmd コマンド等が使える用意なり、それはそれは大変便利な環境になります。 が、難点は、コマンドがどこを触っているのかさっぱりわからないこと。 特に、以前は証明書の作成も含めて自分でやらなければならなかった管理証明書(API証明書)のインストールやアップロードなんかは、以下のコマンドレットを使用して簡単に行えるようになりました。 Get-AzurePublishSettingFile このコマンドレットにより、AzureポータルからAzureサブスクリプション情報と管理証明書が格納された「 .publishsettings 」ファイルをダウンロードすることができます。ファイルのダウンロードと同時に、「管理証明書」に証明書が登録されます(超便利!) Import-AzurePublishSettingFile –PublishSettingFile <ダウンロードした .publishsettings ファイル> これにより、Get-AzurePublishSettingFile でダウンロードしたファイルを、ローカルの PowerShell 環境に取り込むことができます。もちろん、管理証明書もローカルにインストールされます(超便利!)。 Import-AzurePublishSettingFile コマンドレットを実行して .publishsettings ファイルを取り込むと何が行われるかというと、以下の通りです。 管理証明書(Azureサブスクリプションに登録されたものと同じもの)が現在のユーザーの[個人]-[証明書]にインストールされる %UserProfile%\AppData\Roaming\Windows Azure Powershell 配下に設定ファイルが作成される ここに保存したサブスクリプション情報が裏で使用されて管理プロセスが動きます。 これ、非常に便利なのですが、「環境をきれいにしよう」なんつってうっかりローカルの証明書を消してしまったりするとさぁ大変。 以下のようなエラーが出て、コマンドレットがことごとく使えなくなります PS C:\windows\system32> Select-AzureSubscription コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Select-AzureSubscription 次のパラメーターに値を指定してください: (ヘルプを表示するには、「!?」と入力してください。) SubscriptionName: junichia Select-AzureSubscription : No certificate was…