【IDM】Office 365 と Windows Azure AD の電話による二要素認証

Office 365 と Windows Azure Active Directory の組み合わせで、二要素素認証が使用できるようになりました(2013年3月5日現在 プレビュー)。 Windows Azure, now with more enterprise access management! http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2013/03/04/more-identity-and-access-management-improvements-in-windows-azure.aspx これはどのような仕組みかというと。。。。以下をご覧ください。 ユーザーがブラウザを使用して ID とパスワードを使用してサインインします。ここでIDとパスワードの検証が正しく行われると、事前に登録してある携帯電話やスマフォに電話がかかってきます。これに「#」を押して応答することで認証が成立するというものです。設定によっては、右側の図のように、ショートメッセージが送られてきて、そこに書かれているコードを入力して返信すれば認証することもできます。   この仕組みを使用するには、はじめに Office 365 を契約(評価版でもOK)します。この時にサインアップしたID(例 hogehoge@hogeorg.onmicrosoft.com)を使って Windows Azure の管理画面(例 https://manage.windowsazure.com/hogeorg.onmicrosoft.com/ )にアクセスしてログオンします。 Windows Azure Active Directory の管理画面を開くと、Office 365 で作成したドメインが表示されています。 ※この機能も新しく実装されたものです ドメインをクリックしてユーザー一覧を開いてください。Office 365 で登録したユーザー一覧が表示されます。 ※この機能も新しく実装されたものです 二要素認証を使用したいユーザーをクリックして、プロファイルを開くと、以下のように「多要素認証が必要です」をチェックできるようになっています。 このまま保存すれば、以降、IDとパスワードに加えて電話による応答が要求されるようになります。 実際の流れは以下の通りです。   1. サインイン画面で ID とパスワードを入力 2. 以下のような画面が表示される…

2