【Windows 8】 WinRT アプリのプロビジョニングとインストールについて


既に多くの方がご存知の通り、WinRT アプリをインストールする方法は、以下のいずれかです。

  • 「Windows ストア」から直接インストールする
  • サイドローディングする

図にすると以下の通りです。

image

サイドローディングを行うにはライセンス上の制約が存在しています。以下の通り、Windows 8 Enterprise であれば無償で、Windows 8 Professional または Windows RT の場合には、別途サイドローディング用のライセンスを購入してインストールしないとサイドローディングできません。つまり、企業のデバイスに Windows 8 を展開しようと考えている IT 部門の方で、業務アプリを WinRT アプリとして今後開発しようと考えていらっしゃる場合には、"無印の" Windows 8 を購入してはいけないということです。

image

さて、話を少し変えます。

WinRT アプリのサイドローディングについて調べていると、ときどき「プロビジョニング」という言葉が出てきます。これはなんでしょう?言葉自体は珍しくはないですが、従来のデスクトップアプリでは「プロビジョニング」という用語はあまり見られませんでした。あきらかに「インストール」とは異なる使い方をしています。

以下の図にまとめてみましたが、WinRT アプリは従来のデスクトップアプリとは異なり、「インストール」はユーザープロファイルフォルダ内に行われます。つまり、デスクトップアプリのように「誰かがインストールしたら、アイコンだけ表示させれば誰でも使える」というものではありません。

Windows ストアの場合、インストールしたアプリケーションは Microsoft アカウント(旧称 Live ID または Hotmail ID)ごとに管理され、他のユーザーには影響を与えないように管理されています。これはサイドローディングの対象となる業務アプリケーションでも同様で(サイドローディングの場合には Microsoft アカウントは関係ありません)、一人が業務アプリをサイドローディングしたからといって、同じデバイスを使用する別のユーザーが使えるようになるわけではありません。

provisioning

では、デスクトップアプリのように、デバイスを使用する全ユーザーに使わせたい場合にはどうするかといえば「プロビジョニング」を行います。プロビジョニングとは、WinRT アプリを OS 上にステージングすることなのです。プロビジョニングを行うには、Windows PowerShell のコマンドレットに用意されている Add-AppxProvisionedPackage を使用します。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

アプリの追加と削除の方法
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh852635.aspx

Comments (1)

  1. Anonymous より:

    Pingback from Windows Store Apps?????????????????????????????? « ?????????

Skip to main content