Windows 8 用のリモートサーバー管理ツール(RSAT)リリース


システム管理者が待ち望んでいた RSAT がやっとリリースされました。

Windows 8 用のリモート サーバー管理ツール
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=28972

もちろん、日本語版です。

Windows Server 2012 には3種類のインストールモードが用意されています。

  • Server Core(コマンドプロンプト&PowerShellコンソールのみ)
  • 最少GUI
  • フルインストール

2番目の「最少GUI」構成を使用すると、サーバーマネージャーやMMCがインストールされ、管理に支障がない程度にはGUIを使用することができます。しかも、それぞれのモードを再インストールすることなく行き来できるのもGOODです。

image

なので、Windows Server のインストール後に基本的な初期設定を済ませ、その後GUIをアンインストールして Server Core モードに戻すこともできます。

では、Server Core 状態でGUIが使いたくなってしまったらどうするかといえば、もう RSAT しかないでしょう。

Windows Server 2012 に完全に対応したサーバーマネージャーを備えているので、いちいちリモートデスクトップで入りなおすことなく Winodws 8 RSAT のサーバーマネージャーから複数の Windows Server をリモートから管理できます。

すばらしいです。

仮想化の進行によってますますサーバーの数が増えるでしょから、今後は Winodws 8 を管理コンソールとして1台(仮想でもOKですが)設置し、どこから各サーバーを管理する…という手法が便利です。

Comments (3)

  1. 匿名 より:

    同じ手法でHyper-V Server 2012をWindows8RSATで管理しようためしたところ、

    PowershellのコマンドでGet-WindowsFetureを実行しましたが

    Server-Gui-Mgmt-Infraがないとメッセージ(以下のサイトと同様の)メッセージが表示、うまくいきません。

    social.technet.microsoft.com/…/1c18f939-6a29-4221-a0b9-5b1e27d4889b

    Hyper-V Server 2012とwindowsServer2012 (ServerCore)には違いがあるのしょうか?

  2. 今井 敏裕 より:

    いつも大変勉強になる記事をありがとうございます。

    GUI-Serve Coreを自由に行き来できるというのは大変便利ですね!

    ただ、ご紹介いただいている内容だと、GUIの有無を設定できるのは理解できましたが、

    そのほかの機能的な部分の有無も、以前(2008R2)のServerCoreと同じと考えていいのでしょうか。

    (たとえば、2008R2の時のように ServerCoreだとIEが未搭載だったり等)

Skip to main content