Windows 8 用のリモートサーバー管理ツール(RSAT)リリース

システム管理者が待ち望んでいた RSAT がやっとリリースされました。 Windows 8 用のリモート サーバー管理ツール http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=28972 もちろん、日本語版です。 Windows Server 2012 には3種類のインストールモードが用意されています。 Server Core(コマンドプロンプト&PowerShellコンソールのみ) 最少GUI フルインストール 2番目の「最少GUI」構成を使用すると、サーバーマネージャーやMMCがインストールされ、管理に支障がない程度にはGUIを使用することができます。しかも、それぞれのモードを再インストールすることなく行き来できるのもGOODです。 なので、Windows Server のインストール後に基本的な初期設定を済ませ、その後GUIをアンインストールして Server Core モードに戻すこともできます。 では、Server Core 状態でGUIが使いたくなってしまったらどうするかといえば、もう RSAT しかないでしょう。 Windows Server 2012 に完全に対応したサーバーマネージャーを備えているので、いちいちリモートデスクトップで入りなおすことなく Winodws 8 RSAT のサーバーマネージャーから複数の Windows Server をリモートから管理できます。 すばらしいです。 仮想化の進行によってますますサーバーの数が増えるでしょから、今後は Winodws 8 を管理コンソールとして1台(仮想でもOKですが)設置し、どこから各サーバーを管理する…という手法が便利です。

3