【Management】PowerShell V3.0 で向上したリモーティング機能 その1

現行の Windows PowerShell 2.0 では、「リモーティング」と呼ばれる機能がサポートされています。リモーティングとは、「リモートコンピュータに対する操作」のことです。 運用管理を自動化するにはリモーティングは欠かせない機能ですので、PowerShell ユーザーの方はぜひ押さえておきましょう。 【PowerShell 2.0 でサポートされているリモーティング】 PowerShell のリモーティングの使い方は、大きく 4 種類に分かれます。 コマンドレットの –ComputerName パラメタを使用する (例)Get-Service -ComputerName Server01 ただし、全てのコマンドに –ComputerName が実装されているわけではないので、以下に示すような方法を使用する必要があります。 Enter-PSSession / Exit-PSSession telnet や ssh のようにリモートコンピュータとセッションを構築し、その中でコマンドレットを実行することができます。セッションの有効期間は、Enter-PSSession 実行から Exit-PSSession 実行までです。 PS> Enter-PSSession -ComputerName Server1 [Server1]: PS > $A = 1 [Server1]: PS > $B = 2 [Server1]: PS > $C = $A…