生涯エバンジェリストでありつづけることは難しいことです

マイクロソフトに「テクノロジー エバンジェリスト」として入社する人間は、方向性に差はあるものの、それぞれに IT への強い思い入れを持っています。 技術を愛していることは言わずもがな、それによって IT 業界を変えられると真剣に信じています。 しかし大きな夢はプレッシャーでもあります。限界を感じることもあり、夢半ばで離脱される方も少なくありません。 今年入社5年となる私も、暗闇の中でいつ限界が来るのだろうかと考えることがあります。私だけではないはずです。周囲の全員がそうでしょう。 祓いきれないプレッシャーを抱える我々の心の支えは、間違いなく偉大なる先輩方です。 既にご存知の方も多いと思いますが、2012年1月20日、エバンジェリストである 川西 裕幸 さんがお亡くなりになりました。 私の UX & Client プラットフォーム推進部への移動によって、2011年7月、より近しい存在となった 川西 さんは、偉大なる大先輩の1人でした。 正論を吐き続けるだけでは、長い年月をエバンジェリストであり続け、かつ社内外からの高い評価を維持し続けることはできません。ニューテクノロジーに詳しいだけでは言葉が軽くなります。 言葉の重みは歴史の重みでもあります。 川西さんの言葉や文章には、間違いなく重みがありました。 テクノロジーの歴史を未来に向けて紡ぐことができる、稀有なエバンジェリストでした。 私たちエバンジェリストは、まだまだ川西さんから学ぶべきことが多くありました。 それだけに川西さんの訃報が残念でなりません。 いまはただ、川西さんのご冥福をお祈りします。 川西 裕幸のブログ http://blogs.msdn.com/b/hiroyuk/ Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=721589565&ref=tn_tnmn#!/profile.php?id=100002542766076