【Azure/WP for ITPro】SQL Server と SQL Azure を同期する Data Sync サービス


既にご存知の方も多いかもしれませんが、かねてより期待されていた Data Sync サービスがパワーアップしてリリースされています。

※ 2011/10/20 追記 ~ 現時点では CTP PREVIEW です

これまでのようにラボサイト等に行く必要は無く、Windows Azure 管理コンソールから使用できるようになっています。それも、とても分かりやすい直観的な GUI で使えます!超感激です。ひでき感激です。

image
※ みよ!この超わかりやすい GUI を!萌え死にしそうです。

このサービス、個人的にとても期待しておりました。というのも、Windows Phone の企業利用シナリオで社内データを使用したいと考えた場合、現在の Windows Phone では良い方法が見当たらないからです。

Data Sync サービスを使用すれば、Windows Phone に VPN が実装されていなくても、Windows Azure を経由して社内データを参照したり更新することができるわけですねぇ。

Data Sync サービスの特長を以下に挙げておきます。

  • SQL Azure 上に HUB となるデータベースを配置して、クラウドとオンプレミスの同期を行う
  • もちろん クラウド同志の同期もできる
  • 現在同期可能なのは、SQL Azure と SQL Server。
  • 複数の SQL Server や SQL Azure を同期対象とできる。
  • データベースごとに「片方向」「両方向」が設定可能
  • データベース全体を同期することもできるし、同期対象とするテーブルおよびカラムを選択することもできる
  • 同期間隔は最小1分。「即同期(Sync Now)」も可能。

なお、使用するに当たり注意があります。

オンプレミス側の SQL Server には Sync Agent をインストールする必要があります。

現時点では 英語版の Preview 版で、かつ x86 版です(もちろん x64 でも使えます)。

Download Details – Microsoft Download Center – SQL Azure Data Sync Agent

Sync Agent をインストールするには、以下のソフトウェアを事前にインストールしておく必要があるので注意してください。CLR Types と Shared Management Objects は、英語版の x86 版をインストールする必要があるのでくれぐれもご注意を!事前に x64 版や日本語版が入っている場合には上書きインストールされるので、本番環境では絶対にテストしないでください

  • SQL Server 2008 CLR Types – x86 version for US-EN (1033) locale
  • SQL Server 2008 Shared Management Objects – x86 version for US-EN (1033) locale
  • .Net 4.0 Framework
    • Download for .Net 4.0 Framework (Full) can be found here.
Comments (0)

Skip to main content