【WP for ITPro】Windows Phone 7.5 では Exchange ActiveSync を使用して、英数記号を使用した PIN を強制可能


通常、スマフォの PIN といえば、4ケタの数字が一般的です。

Windows Phone でも例外ではありません。安全性を考えて、思いつきで変なパスワードをかけた日にゃ…下手すれば強制ワイプするはめになってしまいます。

しかーし、企業内の Exchange Server にアクセスさせる場合にはそんなことは言ってられません。スマーフォの入り口は企業ネットワークへの入り口でもあります。その扉をこじ開ける PIN には強固なパスワードを使ってほしいはずです。社内リソースにアクセスするためのユーザーIDとパスワードがスマフォに埋め込まれているわけですから、当然ですよね。

2011年8月25日に発売された富士通東芝製の Windows Phone IS12T に実装されている Windows Phone 7.5 では、Exchange ActiveSync を使用して英数記号を使用した複雑な PIN を強制することができます。

image

Exchange ActiveSync には デバイスセキュリティポリシーというものが用意されています。このポリシーでは以下のような設定が可能です。赤枠で囲った部分は、Windows Phone 7.5 で新たに使用可能になったポリシーです。

image

複雑なポリシーを有効にすると、ロックスクリーンは以下のように QWERTY キーボードが表示されます。

ちなみに、セキュリティポリシーを最大限に厳しくしたものが以下です。洒落にならないので、設定は慎重に…。

image

 

p.s. 複雑なパスワードを有効にしてロックスクリーンで QWERTY キーボードが有効になると、簡易パスワードに変更しても10キーに戻らないという現象が発生しています…使用するのに問題は無いのですが気持ち悪いので調査中です…。私だけ?

Comments (0)

Skip to main content