【WP for ITPro】Windows Phone の “People Hub” とアドレス帳の関係


Windows Phone を新たに導入してビジネスで使おう!としたとき、ひとまず困るのがアドレス帳です。

Windows Phone には「アドレス帳」というものは用意されておらず、かわりに「People Hub」と呼ばれる「高機能なディレクトリ」が実装されています。

image

以下は People Hub の構造を模式的に示したものです。

image

中央にいるのは「人」です。「人」とは自分とつながりのある人です。Facebookの友達とか、Twitter のフォロワーとか、OUTLOOK の連絡先にいる人たちです。周辺にあるのは「人」が使用しているサービスです。「人」は Google や Facebook、Twitter などの SNS に加えて、Exchange Server や Exchange Online、その他の IMAP/POP サーバー とも接続されている…という様子を表しています。

これが従来と何が違うのか…ある人に何らかの形でコンタクトしたい…としましょう。これを VBScript 的に表現すると以下の通りです。

【従来】

  • Facebook.Post(wall, people.name, “ほげほげ”……)
  • Twitter.Send (people.id, “ほげほげ”) ←Twitterはありませんでした。失礼しました。
  • Google.Send(sendto=people.mailaddress , ”ほげほげ”…..)
  • Outlook.Send(sendto=people.mailaddress , “ほげほげ”, “優先度="高”…..)

【People Hub】

  • people.PostTo(Facebook, “wall”, “ほげほげ”)
  • people.SendTo(Twitter, “ほげほげ”) ←Twitterはありませんでした。失礼しました。
  • people.SendTo(Google, ”ほげほげ”…..)
  • people.SendTo(Outlook, “ほげほげ”, “優先度="高”…..)

従来と People Hub とは何が違うのでしょう…

People Hub の場合には、何をするにも起点となるインスタンスの全てが「人」なのです。「人」に対してメソッドを実行する…ということになるので、サービスごとに新しいインスタンスを作って、それぞれに使用が異なるメソッドを調べて…なんてことをする必要がありません。

では、アドレス帳はどうなっているでしょう?これも、People Hub が大きく影響しています。

図にしてみると以下の通りです。…ごちゃっとしていて見ずらいですが…拡大してみてください。

image

中央にあるのが「アドレス帳=People Hub」です。

People Hub には、周辺のサービス上で自分と繋がっている人々の情報がゴソッと入ってきます。

知り合いの中には複数のサービスでつながっている人もいるはずです。そういう人は、複数のアカウントが「リンク」されて管理されます。

image

リンクされた情報は、もちろんその人の属性として1か所にマージされますし、その場でメールを送ったり Facebook のでまとめて参照することができます。

image image

Exchange や Office 365 の場合には、Outlook の Contacts(連絡先)が自動的に取り込まれて登録されます。

逆に言えば、Contacs に入っていないユーザーは People Hub には取り込まれません。

もちろんその場合には GAL(Global Account List)を検索すればよいのです。

image

GAL を検索するためのネットワーク構成については後程。

Comments (0)

Skip to main content