【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (2)


前回の続きです。

【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (1)
http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371946.aspx

さっそくはじめましょう。

3.Visual Studio を起動する

スタートメニューから、Microsoft Visual Web Developer 2010 Express を右クリックして、「管理者として実行」を選択してください。

image image

Visual Studio が起動したら、スタートページで [ファイル]-[新しいプロジェクト] を選択します。

image

4.Azure アプリ用のテンプレートを選択する

「新しいプロジェクト」ウィンドウの右側には [Visual Basic] と [Visual C#] という2つのノードが表示されますが、好きなほうを開いてください。今回は Visual C# を選択していますが、どうせコードは書きませんから関係ありません(笑)。

そんなことよりも、その配下にある「Cloud」が重要です。「Cloud」を選択し、中央のペインに「Windows Azure Project」が表示されていることを確認したら「OK」をクリックします。

image

最後に、プロジェクトに含めるロールインスタンスを選択するのですが、ここも何も考えず「ASP.NET Web Role」を選択し、「>>」ボタンをクリックしてください。すると、以下のように表示されているはずです。

image

問題が無ければ [OK] をクリックしてください。

以下のように表示されていれば、OKです。

image

5.動作確認してみる

試しに、[F5] をクリックしてデバッグを開始してみてください。デバッグといっても何もコードを書いてないのでエラーの出ようがないのですが…。

もし、以下のようなエラーが出る場合には、「管理者として実行」されていないためです。一度 Visual Studio を停止して、再度「管理者として実行」で起動してください。

image
The Windows Azure comute emulator must be run elevated.Please restart Visual Studio in elevated administrator mode in order to run the project.

正常に実行されると、デスクトップの右下に「Windows Azure Emulator」が起動し、デバッグが始まります。

image

正常に実行されると、以下のような画面が表示されます。これはテンプレートに既定で組み込まれたコードです。今回はこのまま Windows Azure 上にアップロードしてしまいましょう。

image

確認したらブラウザは閉じてください。デバッグも自動的に終了します。

次回は Windows Azure 上にサービスを作成し、いま作成したアプリケーション(テンプレートのままですが(笑))をアップロードします。

つづき

Comments (0)

Skip to main content