【IDM】AD FS 2.0 で構成データベースを SQL Server にする

先日、以下を投稿しました。 【IDM】AD FS 2.0 スタンドアロン と サーバーファーム の大きな違いは構成DB せっかくなので、サーバーファーム構成の構成データベースを SQL Server にしてみましょう。 【準備 1】ADFS 2.0 のインストール AD FS 2.0 をインストールしておいてください。 ただし、構成ウィザードを実行しないでください。構成ウィザードでセットアップすると、構成DB は WID(Windows Internal Database)になってしまい、あとから変更することはできません。 間違えて構成ウィザードを使用してしまった場合には、以下の手順で既存の AD FS 2.0 の環境を削除しておいてください。 【IDM】AD FS 2.0 をアンインストールするには 【準備 2】サービスアカウントの準備 ADFSのサービスアカウントとなるユーザーを事前に作成しておいてください。ここでは「adfssvcaccount」とします。 【準備 3】SQL Server のインストール どこかのサーバー(もちろんローカルでもOK)に SQL Server をインストールしておいてください。 【構成の実施】 現バージョンでは、SQL Server を使用するように構成するには、fsconfig.exe コマンドを使用しなければなりません。 コマンドプロンプトを起動し、C:\Program Files\Active Directory Federation Services…

0