【Exchange】Active DirectoryからExchange Server 2010 関連オブジェクトを削除する


  • この手順はサポートされたものではありませんので、何かあっても保障できません!
  • テスト的に Exchange Server 2010 環境を立ち上げたものの、きちんとアンインストールを行わずにExchange Serverを廃棄してしまった…という、とても困った場合で涙が出ている場合にのみ試してみてください。

手元の環境に Exchange Server 2010 をインストールしてみたのですが、WinRM でエラーが出るので仮想マシンごと削除してしまいました…

再度まっさらのサーバー Exchange Server 2010 をインストールしようとしたら…以下のエラーが出ました。

image 
一部のコントロールが有効ではありません。Exchange Server は不整合な状態にあります。障害回復モードでのみ使用できます。Setup /mode:RecoverServer を使用してこの Exchange サーバーを復元してください。

あぁぁぁ、またしてもやってしまいました。きっと Active Directory に Exchange 関連オブジェクトが残っているんです…
(Active Directory は使いまわしているのです)

仕方がないので、Active Directory から直接オブジェクトを削除したいと思います。

  1. ADSI エディタ(ADSIEdit)を起動
  2. 「既定の名前付きコンテキスト」に接続
  3. 以下のオブジェクトを削除する
    ・OU=Microsoft Exchange Srcurity Groups
    ・CN=Microsoft Exchange System Object
  4. 次に「構成」に接続する
    image
  5. 以下のオブジェクトを削除する
    ・CN=Microsoft Exchange
    ・CN=Microsoft Exchange Autodiscover
     image

以上で完了です。

再度、Exchange Server 2010 のインストールを開始すると、今度はちゃんとウィザードが遷移しました。

image

初物は..いろいろあります…特に「勘」にたよっていると…

みなさんは気を付けてください。

Comments (0)

Skip to main content