【BI】PowerPivot 計算列で使用できる Excel の関数

※2010/5/26 BLOG環境の移行により消えてしまった記事を再投稿しました こんにちは。PowerPivot 生活をエンジョイしていますか? PowerPivot には「計算列」という独自の列を追加することができることはご存知の通りです。 例えば、読み込んだテーブルに「単価」と「受注数量」しかない場合には、新たな列「受注金額」に [単価]*[受注数量] を埋め込むことができます。一度定義すれば、すべての行に自動的に定義されるため、とても便利な機能です。 この計算列で使用できる数式言語は DAX(Data Analysis Expression)言語と呼ばれています。DAX言語を使用すると、複雑な計算が簡単に行え、独自の計算列を作成することができます。 DAX言語では Excelでサポートされている関数も使用可能です。ただし、すべての関数が使えるわけではなく、以下に示すものがサポートされています。 日付/時刻関連 論理演算 統計 DATE AND AVERAGE DATEVALUE IF AVERAGEA DAY IFERROR COUNT EDATE NOT COUNTA EOMONTH OR COUNTBLANK HOUR FALSE MAX MINUTE TRUE MAXA MONTH   MIN NOW 算術 MINA SECOND ABS テキスト操作 TIME CEILING, ISO.CEILING CONCATENATE TIMEVALUE EXP EXACT…


【BI】PowerPivot for SharePoint で「ユーザー資格情報の委任を実行できません」が表示される場合の対処(暫定版)

※ 2010/5/26 BLOG環境の移行により記事が一部削除されてしまったため、再投稿しました ↓ 注目コンテンツ ↓ PowerPivot for SharePoint はお試しになりましたか?なかなかいいやつなのですが、セットアップが少々やっかいかもしれません。 というのも、正しくセットアップしたつもりが、以下の現象に見舞われることがあります。 【現象1】 [SharePoint 2010 全体管理]-[アプリケーションの全体設定]-[PowerPivot 管理ダッシュボード]を開くと以下のエラーが表示される  データ接続に Windows 認証が使用されていますが、ユーザー資格情報の委任を実行できません。以下の接続を更新できませんでした。Data 【現象2】 現象1と同じく、[SharePoint 2010 全体管理]-[アプリケーションの全体設定]-[PowerPivot 管理ダッシュボード]を開くと以下のエラーが表示される。  外部データソースへの接続を確立しようとしたらエラーが発生しました。以下の接続を更新できませんでした。 【現象3】 PowerPivot ギャラリーでワークブックを開き、スライサーを操作しようとすると以下のエラーが表示される。  データ接続に Windows 認証が使用されていますが、ユーザー資格情報の委任を実行できません。以下の接続を更新できませんでした。(現象1と同じエラーメッセージ) 【現象4】 現象3 と同様に、PowerPivotギャラリーでワークブックを開いて、スライサーを操作しようとすると以下のエラーが表示される。   外部データソースへの接続を確立しようとしたらエラーが発生しました。以下の接続を更新できませんでした。PowerPivot Data これらの現象が発生したとき、イベントログ([アプリケーションとサービス ログ]-[Microsoft]-[SharePoint Products]-[Shared]-[使用可能])には以下のエラーが出ている可能性があります。   ログの名前: Microsoft-SharePoint Products-Shared/使用可能 イベントID:5252 ソース: Excel Services アプリケーション メッセージ:Excel Service アプリケーションが Windows ID を取得できなかったので、資格情報の委任に失敗しました…