【BI】PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャと容量制限などを簡単に

いやー、ここ数日の当 BLOG へのアクセス数をみると、見事に人気のない PowerPivot に関する投稿です(笑)。でもいいんです。認知が低いものを訴求するのが私の仕事ですから…(涙)。 興味のある方は 1,048,576人にお1人程度かと思いますが、PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャと、ハードウェア要件および容量制限等について簡単に書いておきます。参考サイトは以下の通りです。 MSDN:PowerPivot Team Blog より PowerPivot Component Architecture PowerPivot for Excel 2010 は Excel 2010 のアドインであることは何度も触れている通りです。このアドインをインストールすると Excel 2010 にデータ分析のための機能が追加されます。これによって、SQL Server Analysis Service(SSAS)を使用することなく、OLAPベースの ピボットテーブル、ピボットチャートが使えるようになるのです。よろしければ以下のサイトも参考にしてください。 【BI】PowerPivot ってなんだ? 「アドイン」であるということはとても重要な概念でして、これを踏まえて以下の図をご覧ください。PowerPivot for EXCEL 2010 のアーキテクチャを表したものです。 ざくっと書いてしまうと、PowerPivot for Excel 2010 Add-In Assembly が PowerPivot を Excel本体にロードし、VertiPaq とエンジンと呼ばれる高速処理機構が圧縮したデータをメモリ上に片っ端から読み込んで処理を行います。PowerPivot の特徴は、「メモリ上で実行する」という点にあり、一切のクエリーや計算はディスクを介さずに実行されます。それによって高速な分析を可能にしています。 それそれのコンポーネントについて、以下に簡単に解説しておきます。 ■ PowerPivot…

2

【BI】イベントログを PowerPivot に読み込んで分析ーその2 分析軸の作成

「イベントログを PowerPivot に読み込んで分析」シリーズです。 はじめに 計画 分析軸の作成 ←今回  PowerPivot for EXCEL 2010 の準備とデータの取り込み 計算列の作成とテーブル間リレーションの作成 ピボットテーブルの作成 今回は EXCEL を使用して分析軸の作成を行います。 前回の話の流れから、以下のシナリオで考えてみます。 シナリオ:時間帯およびサーバーごと、およびサービスごとのエラーの傾向を分析したい ■メジャー(尺度) :エラーの数 ■ディメンジョン(軸) :日時、イベントタイプ、サーバー名、サービス さっそく、分析軸を作成しましょう…といっても大した作業ではありません。単にEXCELのシートを作成するだけです。ここで作成した分析軸を、あとでPowerPivotに読み込みます。 ■日時ディメンジョンの作成 日時ディメンジョンは、イベントの時間的な推移をみるうえでも重要ですし、異なる種類のイベント同志、異なるサーバー間のイベント同志を関係づける際にも重要な軸となります。以下の図を見てください。時間軸が用意されているからこそ、サーバーAとサーバーBそれぞれで発生しているイベントの密度に「同じ時間帯」という関係性を見出すことができます。 パフォーマンスログがとられていれば、以下のようにパフォーマンスとイベント発生の密度の関係を把握することも可能です。 ということで時間軸を作るわけですが、事前に軸の粒度を決めておく必要があります。1秒単位の軸なのか、1分単位なのか、はたまた1時間単位なのか…。これによって分析の粒度が変わってきます。 イベントログを分析する場合、秒単位ほどの細かさは必要ないでしょう。よって、今回は分単位とします。 作成する時間軸の範囲は 2009年12月1日 から 2010年11月30日 の 1年間とします。 ※ 軸を作成するのは Excel 2010である必要はありませんが、ここでは2010を使用します Excel を起動して、適当なシートを開いてください。 はじめに、シートの名前を「時間軸」に変更しておきましょう。 次に、以下のようにシートの1行目に起点となる「2010/12/1 0:00」を入力してください。 これ以降、2010年11月30日 23:59 まで1分単位の値を手で入力するわけにはいかないので、Excel の素晴らしい機能である「フィル」を使用します。以下(左図)のように「フィル」メニューから [連続データの作成] を選択してください。 [連続データ]ダイアログが表示されたら、以下(右図)のように設定します。これは、 選択されたセルを基準にして、列方向に 1分(0:01)単位で2010/11/30 23:59 になるまで加算…

0