【新提案】理想は現場主導のセルフサービスBI

BI (Business Intelligence) と聞いて、システム管理者の方々はどのような印象を持たれますか? 「訳がわからん!」というのが正直なところではないかと思います。データベースの管理やチューニングは得意でも、BI となると一気に腰が引けてしまう…そんなエンジニアは多いはずです。実を言えば、私もそうです。 軽視されがちですが、以前から SQL Server には BI をサポートする機能が実装されています。 SQL Server Integration Services (SSIS) 複数のデータソースを抽出/変換し、データ ウェアハウスとして統合する。俗にいう ETL ツール。 SQL Server Analysis Services (SSAS) 多次元データベース (キューブ) を作成し、オンライン分析処理 (OLAP) やデータ マイニングを行う。 SQL Server Reporting Services (SSRS) 各種 RDB や、キューブ、XML ベースのデータ ソースから、表やグラフを用いたインタラクティブなレポートを作成する。 これらのサービスは使いこなせればかなり便利ですし、とても高度で有用な機能を実装しています。しかしあまりメジャーではない理由…。それは、これらの機能が主に「データベース アプリケーションの開発者」向けだったからです。 事実、これらの機能を使用するには Business Intelligence Development Studio と呼ばれる Visual Studio に似た開発ツールを使用しなければなりません。覚えてしまえばなんてことのないツールではありますが、マイクロソフトからの情報の多くが開発者向けに提供されていることもあり、インフラ担当 SE や…

0