【蜜月発覚】Active Directory & クラウド

※2010年2月22日 19:09 何点か追記しました 2000年2月18日 Windows 2000 Server とともに登場した Active Directory が10年目を迎えました。      その記念すべき節目にIT業界全体は大きく変化しようとしています。そうです、クラウドです。 クラウド・システムが IT を担当するエンジニアの射程圏内に入ったいま、気になるのは、はたしてユーザー管理は今後どのように変化するのかということです。 わたしたちには3つの選択肢が用意されています。 選択肢1 クラウドでは認証は行わない 選択肢2 クラウド上に独自の認証システムを構築する 選択肢3 既存のディレクトリサービスをそのまま使用する 選択肢3 は、言い換えれば既存の Active Directory をそのままクラウドアプリの認証に使用するということです。もしそんなことが可能だとすれば、ユーザー管理の手法やコストは現在とほとんど変わらない?…いや、クラウドによってビジネスが拡大する分、ユーザー管理の占める比率は小さくかもしれない…。 本当にそんなことは実現可能なのでしょうか?可能だとすれば、それはどのような技術に裏付けられているのでしょうか。その秘密がActive Directoryとクラウドの蜜月な関係なのです。 マイクロソフトが Active Directory をさらにパワーアップし、かつその利用を今後も継続的に推進しようとしていることは、マイクロソフト製品の大部分が Active Directory を必須としていることからも疑いようのないところです。ご存知の通り、Business Ready Security と呼ばれるマイクロソフトのセキュリティ戦略の中心に位置付けられているのは、まぎれもなく Active Directory なのです。 Active Directory には、その誕生当時から壮大な構想がありました。それは、全ての ITシステムを1つに結びつけること!まさに、10年後のマイクロソフトが Business Ready Security という戦略でうたっていることは、そのまま10年前のマイクトソフトの目標でもあったのです。そのためにはいつまでも独自路線にこだわっていてはいるわけにはいきませんでした。 そこで採用されたのが、今となってはおなじみの LDAP や…

0