2010年4月10日にアカウントの有効期限が切れるユーザーを検索する

【準備】 ドメインコントローラ上で PowerShell コンソールを起動し、以下のコマンドを入力して Active Directory 関連のモジュールを読み込んでおいてください。 PS C:\> Import-Module ActiveDirectory 【ユーザーを検索するには】 指定した日付以前にアカウントの有効期限が切れるユーザーを検索するには、Search-ADAccount コマンドを以下のように使用します。以下の例では、2010年4月10日以前に有効期限が切れるユーザーアカウントを検索しています。 PS C:\>Search-ADAccount –AccountExpiring –DateTime ”10/4/2010”  -UsersOnly -AccountExpiring は指定した期間以内、または指定した日時以前に有効期限が切れるアカウントを検索するためのオプションです。 -DateTime には日付を指定します。指定する形式は、「MM/DD/YYYY」または「MM/DD/YY」固定ですので注意してください。MMは「月」、DDは「日」、YYYYよびYYには「年」を指定します。 通常は -UsersOnly を必ず指定してください。指定しない場合、コンピューターアカウントも同時に検索対象となります。逆にコンピュータだけ検索した場合には、-ComputersOnly を使用します。


ロックされているユーザーを検索する

【準備】 ドメインコントローラ上で PowerShell コンソールを起動し、以下のコマンドを入力して Active Directory 関連のモジュールを読み込んでおいてください。 PS C:\> Import-Module ActiveDirectory 【ユーザーを検索するには】 パスワードの入力ミスなど何らかの理由でアカウントがロックされる場合があります。ロックされたアカウントを検索するには Search-ADAccount を以下のように使用します。 PS C:\>Search-ADAccount –LockOut -UsersOnly -LockOut は現在ロックされているアカウントを検索するためのオプションです。 なお、通常は -UsersOnly を必ず指定してください。指定しない場合、コンピューターアカウントも同時に検索対象となります。逆にコンピュータだけ検索した場合(長い間起動していないコンピューターを検索するなど)には、-ComputersOnly を使用します。


2009年4月1日からまったくログオンしていないユーザーを検索する

【準備】 ドメインコントローラ上で PowerShell コンソールを起動し、以下のコマンドを入力して Active Directory 関連のモジュールを読み込んでおいてください。 PS C:\> Import-Module ActiveDirectory 【ユーザーを検索するには】 指定した日付以降まったくログオンしていないユーザーを検索するには Search-ADAccount コマンドを以下のように使用します。 PS C:\>Search-ADAccount –AccountInactive –DateTime “04/01/2009” -UsersOnly -AccountIntactive は指定した期間、または指定した日時以来ログオンしていないユーザーを検索するためのオプションです。 -DateTime に指定した日付以降ログオンしていないユーザーを検索します。 指定する形式は、「MM/DD/YYYY」または「MM/DD/YY」固定ですので注意してください。MMは「月」、DDは「日」、YYYYよびYYには「年」を指定します。 なお、通常は -UsersOnly を必ず指定してください。指定しない場合、コンピューターアカウントも同時に検索対象となります。逆にコンピュータだけ検索した場合(長い間起動していないコンピューターを検索するなど)には、-ComputersOnly を使用します。


ここ30日間ご無沙汰なユーザーを検索する

【準備】 ドメインコントローラ上で PowerShell コンソールを起動し、以下のコマンドを入力して Active Directory 関連のモジュールを読み込んでおいてください。 PS C:\> Import-Module ActiveDirectory 【ユーザーを検索するには】 30日間ログオンしていないユーザーを検索するには Search-ADAccount コマンドを以下のように使用します。 PS C:\>Search-ADAccount –AccountInactive –TimeSpan 30 -UsersOnly -AccountIntactive は指定した期間、または指定した日時以来ログオンしていないユーザーを検索するためのオプションです。 -TimeSpan に指定した数値(日数)の間ログオンしていないユーザーを検索します。 通常は -UsersOnly を必ず指定してください。指定しない場合、コンピューターアカウントも同時に検索対象となります。逆にコンピュータだけ検索した場合(長い間起動していないコンピューターを検索するなど)には、-ComputersOnly を使用します。


【PowerShell】$result = ipconfig /all これは便利!

システム管理者のファーム時代の恋人といえば? はい、まぎれもなく ipconfig コマンドです。ipcofig コマンドを使用するとネットワークカードの設定がざくっとみられるので、科学万能の現代であってもとても便利です。 ipconfigコマンドを使っていると、その出力結果の一部を再利用したい!なんて思うことがあります。 そんなときには迷わずPowerShellコンソールを使ってください。 PowerShell コンソールを使用すれば、コマンドレットに限らず、古のDOS系コマンドの出力結果もオブジェクトとしてゲット!することができます。 まずは、PowerShell コンソールで以下のように入力してみましょう。 PS C:\> $result = ipconfig /all これで、ipconfig /all の結果は、$result というオブジェクトに格納されました。以下のように入力すれば $result の結果が表示されます。 PS C:\> $result Windows IP 構成    ホスト名 . . . . . . . . . . . . : junichia-bandit ・ ・ ・ で、本領発揮はこれからです。$result はオブジェクトであるということを思い出してください。 まずはipconfigコマンドの出力結果が何行あるのか確認してみましょう。 PS C:\> $result.Count 121…


【SQL Azure】SQL Azure の管理について

本日2月16日は、日経BP社主催 の エンタープライズ クラウド フォーラム にて登壇してまいりました。 私が話す内容ですから、もちろん、システム管理者視点です。 SQL Azureとは 何者か? SQL Server 2008 R2 と SQL Azure に互換性はあるのか? SQL Azure の登場によりシステム管理者のタスクは変わるのか? という点について、以下のアジェンダでお話ししました。 ロードマップ SQL Azure オーバービュー データベース管理 –データ移行/複製/同期 –データの同期、バックアップ –認証とFirewall –データベースとアクセス権の管理 ビジネスインテリジェンス 以下の資料にまとめましたのでご覧になってみてください。デモンストレーション部分も、のちほど収録して公開したいと思います。 SQL Azure のシームレスな管理 View more presentations from Junichi Anno.