【SQL】PowerPivot for EXCEL 2010 がうまくインストールできない場合の対処


2010年1月29日に以下のセミナーを予定しております。ライブ中継もしますので、遠地の方はインターネット経由でご参加ください。あ、それからLT(ライトニングトーク)も募集中です(締切過ぎてますが、なんとかします)!

Tech Fielders セミナー 東京 [BI を用いたログ管理 (取込みから分析まで) ~ SQL Server 2008 R2 編]

会場:マイクロソフト株式会社 新宿本社 5F セミナールーム
スピーカー:安納 順一
2010 年上半期リリース予定の SQL Server 2008 R2 を使用し、ログの取り込みから分析とレポート作成までの総合的な手順について解説します。PowerPivot を使用したセルフサービス BI もご紹介します。
※Live Meeting によるライブ中継も行いますので、セミナー会場以外からのご参加も可能です。
ライブ中継へのご登録はこちらから
[詳細&登録へ→]

PowerPivot for EXCEL 2010 とは、EXCEL 2010 上から複数のデータベースに同時に接続してAnalysys機能を使用するもので、EXCEL 2010 のアドインとして提供されています。この機能により、EXCELの限界である100万件以上のデータをEXCEL上に取込み、インメモリで高速に分析することができるようになります。

PowerPivot for EXCEL 2010 を使用するには、事前に以下のコンポーネントをダウンロードしてインストールしておく必要があります。

■クライアントにインストールするコンポーネント

クライアントに上記がインストールされていると、EXCEL 2010 の起動時に PowerPivot アドインが読み込まれます。

ただ、タイトルにあるように、セットアップ環境によっては PowerPivot for EXCEL のアドインが正常にインストールされない場合があります。その場合には手動でのインストールを試みてください。

■アドインを手動でインストールする手順

    1. EXCEL 2010を起動
    2. [ファイル]メニューから[オプション]を選択
    3. [EXCELのオプション]ダイアログボックスの左側のメニューから[アドイン]を選択
    4. 画面の一番下にある[管理]で[COMアドイン]を選択し、[設定]ボタンをクリック
      image
    5. COMアドイン画面で[Microsoft.AnalisysServices.Modeler.FieldList.Addin.Integration]を選択し、[OK]
      image

以上でEXCELの起動時に、以下のように表示されてアドインがインストールされるはずです。

image image

インストールが完了すると、以下のようPowerPivotタブが表示されます。

image

この作業を行っても PowerPivotが見えない場合には、以下の点をチェックしてください。

  • Windows XPの場合にはSP3をインストール
  • Office 共有コンポーネントをインストールする
    EXCELのみインストールして、共有コンポーネントをインストールしていない場合には、いったんPowerPivotとOffice 2010 をアンインストール後、再度 「Office 2010 & 共有コンポーネント」とPowerPivotのインストールを行ってください。私も、この手順でPowerPivotが使えるようになりました。
    (参考サイト)Office 14 Beta 2 / PowerPivot for Excel CTP3 - You must install "Office Shared Features"

PowerPivot の最新情報について、以下のサイト(英語)も参考にしてください!

Comments (0)

Skip to main content